芸能

NHK大河ではんにゃ金田哲、ロバート秋山竜次が好演中 ドラマで“光る芸人”たちを山田美保子氏が分析

左から(藤原)F4の渡辺、町田、柄本。(写真は金田のInstagramより)

左から(藤原)F4の渡辺、町田、柄本(写真は金田のInstagramより)

 NHK大河ドラマ『光る君へ』をはじめ、多くのドラマで存在感を放つ芸人たち。その活躍ぶりについて、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが分析する。

若手の皆さんに対し明石家さんまサンが「演技ができる」と指摘

「平安貴族感、すごい」
「めっちゃハマってる」

 などとSNSで大絶賛されているのがNHK大河ドラマ『光る君へ』で藤原斉信を演じている、お笑いコンビ「はんにゃ.」の金田哲サン(37才)です。

 1月23日までに金田サンが自身のInstagramに《皆様、初めまして。平安貴族の(藤原)F4です》と綴り、道長役の柄本佑サン(37才)、公任役の町田啓太サン(33才)、行成役の渡辺大知サン(33才)とイマドキのファッションでの4ショット写真を披露した際にも、SNSでは「待って、ダントツでかっこいい」とのリアクションが。まぁ、いろいろお好みはあるでしょうが、確かにこのまま4人でドラマ『花より男子』(TBS系)のF4を演じたとしても違和感がないどころか、金田サンは中心メンバーにさえ見えます。

 SNSの中には、「金田サンをキャスティングした人、すごい」との声もあるのですが、徳川家康ゆかりの愛知県出身で“歴ボーイ”としても知られている金田サンは、芸歴1年目から大河ドラマ出演を目標に揚げていらしたんですよね。

 さらに俳優歴を遡ると、2017年には戦国時代が舞台だった黒島結菜サン(26才)主演のドラマ『アシガール』(NHK)に、2021年公開の映画では岡田准一クン(43才)主演の『燃えよ剣』にもメインキャスト、藤堂平助役で出演しているのです。同作で時代劇と金田サンのよき相性や適性ぶりを覚えていらしたファンの皆さんが『光る君へ』を見て“確信”したというワケ。昨年3月、同作への出演決定をサプライズで知らされた金田サンは自身のYouTubeで、「M-1とかキングオブコントとかの決勝いった人の気持ち」と長年担当されているマネジャーさんや相方の川島章良サン(42才)と共に喜びを分かちあっていらしたものです。

 もう1人、『光る君へ』での演技と存在感がSNSで話題になっているのが「ロバート」の秋山竜次サン(45才)です。黒光りしているお顔はツッコミどころですが(苦笑)、1月28日放送の第4回の登場シーンでは、もうそういうものとして受け入れさせていただきました。そこだけ切り取れば豪華な「クリエイターズ・ファイル」にも見えてしまうのは秋山サンがいかに多才であるかという証拠ですよね。

 多才といえば、芸人であり漫画家でもあるカラテカ矢部太郎サン(46才)も、まひろ(吉高由里子サン・35才)の従者・乙丸として、これ以上ないハマり役で出演されています。

関連記事

トピックス

亡くなった三浦春馬さんと「みたままつり」の提灯
【三浦春馬さんの名を靖国に】提灯2万円に値上がりなのに100個も集まった「ファンの熱い思い」 『みたままつり』に献灯ズラリ
NEWSポストセブン
松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン