鈴木もぐら(左)水川かたまり(右)

鈴木もぐら(左)水川かたまり(右)

大石静さんは芸人さんの知られざる一面を輝かせる天才

 また、前述の『キングオブコント』(TBS系)といえば、近年の優勝者をはじめ決勝進出の若手の皆さんに対しては、「演技ができる(=うまい)のが特徴」と明石家さんまサン(68才)などの先輩がたが指摘しています。

 特に2021年の優勝者「空気階段」の水川かたまりサン(33才)と、鈴木もぐらサン(36才)は引っ張りだこと言っても過言ではありません。昨年10月期、Sexy Zoneの菊池風磨クン(28才)主演のドラマ『ゼイチョー〜「払えない」にはワケがある〜』(日本テレビ系)で、2人は最終回で共演。

 また、“傍聴マニア”として芸人さんを毎回のように起用していたドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)にも「空気階段」は出演。ほかにも「見取り図」や「3時のヒロイン」なども出ていました。いずれもコンテストの優勝者や上位入賞者です。

盛山晋太郎

盛山晋太郎

「見取り図」の盛山晋太郎サン(38才)は今期、憧れだという反町隆史サン(50才)主演のドラマ『グレイトギフト』(テレビ朝日系)で好演されています。身長180cmで体重100kgと、まず存在感がものすごいことに加え、悪い顔をすると、トンデモない悪人顔になる。実際、そのような結果となりましたが、反町サンとの共演で、もう「思い残すことがない」そうです(笑い)。

 そして「3時のヒロイン」からは今期、福田麻貴サン(35才)が『婚活1000本ノック』(フジテレビ系)に、なんと主演されています! 気持ちを言い当てられて体に矢が何本も突き刺さるシーンもあれば、幽霊役のクソ男、FANTASTICS from EXILE TRIBEの八木勇征サン(26才)との会話シーン、さらには婚活ガールとして揺れる想いを表現しまくる撮影は大変だと思いますが、福田サン、ホントにお上手です。

福田麻貴

福田麻貴

 昨年10月期のドラマ『時をかけるな、恋人たち』(カンテレ・フジテレビ系)でも等身大の女性役としてゲスト出演した福田サンの演技があまりにもすばらしかったので『サンデージャポン』(TBS系)で共演させていただいた際、お伝えしたほどです。いまもっとも監督や演出家から狙われている“ヒロイン”だと思います。

 また今期は24年ぶりに連ドラに主演した「とんねるず」の木梨憲武サン(61才)がW主演の奈緒サン(28才、ファンです!)と繰り広げる父と娘の物語『春になったら』(カンテレ・フジテレビ系)が大人気ですよね。ステージ4のすい臓がんを患いながらも、仕事をセーブせず明るく日々を過ごすノリさんの演技には毎回、泣かされます。

 そして今期は、芸人さんの中でもっともドラマや映画出演が多いのではないかと思われる「ネプチューン」の原田泰造サン(53才)が『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(東海テレビ・フジテレビ系)に主演されています。テレビ東京系の『サ道』シリーズも大人気ですし、過去には3本の大河ドラマや連続テレビ小説『ごちそうさん』、『ツレがうつになりまして。』など、NHK御用達の芸人俳優でもありました。

 その中の1本、『コントレール〜罪と恋〜』(NHK)で石田ゆり子サン(54才)に想いを寄せる刑事役を演じた泰造サンは本当にすてきでした。同作の脚本を担当された大石静さん(72才)も「なんでお笑いをやってるのかわからないほどの名優」と絶賛されていたんですよね。そして大石さんは、芸人さんの知られざる一面を輝かせる天才です。脚本を担当している『光る君へ』の金田サンや秋山サンの出演も、大石さんの“お口添え”でしょうか。

「まだ」のかた、ぜひ『光る君へ』をはじめ、芸人出演ドラマをご覧くださいね。

原田泰造

原田泰造

構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!+』(メ〜テレ)、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2024年2月15日号

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン