芸能

【全文公開】堂本剛、契約更新せず退所へ ソロ活動しながら「特殊な関係」光一とKinKi Kidsは継続か

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か

 演技力と歌唱力に優れる異能のアイドルが大きな岐路に立っている。かつてはタレントとしてのあり方に悩んだ堂本剛(44才)も不惑を過ぎ、電撃結婚を発表したばかり。事務所の中でも独自の路線を歩んできた彼が、最高のビジネスパートナーと恩人への感謝を胸に下した決断とは──。

 華やかなゲストを迎え、軽妙な語り口で番組を進行していく2人のアイドル。MCとして、1人は場を盛り上げ、もう1人は飄々と振る舞う。しかし、いつも通りに見える男の目には、ある決意が宿っていた。

 9年半続いたバラエティー番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)が3月いっぱいで幕を下ろす。最終回の収録には、2人の超人気女優をゲストとして迎え、2月上旬にロケが行われたという。

「フジテレビで1996年にスタートした『LOVE LOVE あいしてる』以来、形を変えて続いてきたKinKi Kids(以下、キンキ)のレギュラー番組が終わります。それぞれの番組の歴史はキンキとしての2人の歩みと重なるだけに、ファンからは残念がる声が多数あがっていました」(テレビ局関係者)

 堂本剛と堂本光一(45才)。奇しくも同じ年に生まれ同じ姓である2人はこの間、同世代のグループが解散や活動休止に直面する中で、淡々と一緒の時を刻んできた。

「事務所の中でも珍しい2人組で、早い時期からそれぞれ独自の活動にも取り組んでいました。特に剛さんは故・ジャニー喜多川氏のスペシャルなお気に入り、通称“スペオキ”と呼ばれ、事務所内でも異色の存在でした。ジャニー氏が亡くなったときには《涙は流さずにこの体と心へと彩って あなたを愛しているという 変わらない毎日を大切に生きていくよ 愛しているよ ありがとう 宇宙一大好きだよ》と追悼のコメントを寄せています」(芸能関係者)

 一方、長年ミュージカル『SHOCK』シリーズの座長を務めてきた光一もまた、ジャニーイズムの継承者と目されてきた。

「20年以上主演を務めるだけでなく、脚本、演出など舞台上のすべてにかかわり、このシリーズは光一さんのライフワークとなってきました。

 今年の公演で区切りとすることを公言していますが、年内に単独主演による公演回数の最多記録を更新する予定です」(前出・芸能関係者)

 そんな2人を襲った最大のピンチが、昨年騒動となったジャニー氏による性加害問題。2人の対応は対照的だった。

「明言を避け、いわば沈黙を保った剛さんに対し、光一さんは『バツをつけて十字架にしていかなければいけない』と、激しい言葉でジャニー氏を非難。

 さらに光一さんは『発信しない=被害を受けたタレントということではない』と踏み込み、剛さんをはじめ、発信しないほかのタレントへの配慮を滲ませました」(別の芸能関係者)

 社名を「SMILE-UP.」に変更し、新たに出直すことになった事務所からは、二宮和也(40才)や岡田准一(43才)など、同世代の仲間が次々と退所を決断。剛の心にも退所の二文字がよぎるようになった。

「剛さんは以前から『ジャニーさんが亡くなったら、事務所をやめる』と語っており、体制が大きく変わったこともあって、昨年から自身の身の振り方を周囲に真剣に相談していた。

 実は、剛さんはこの2月中に契約更新のタイミングを迎えるそうなんですが、更新せずに退所する意思を固めたと聞いています」(前出・別の芸能関係者)

 年明けには、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子(29才)との結婚を電撃的に発表。生涯の伴侶を得たことも今後を考える大きなきっかけになったようだ。

「結婚発表まで交際が事前に漏れることがなかったふたりですが、交際期間中、同じマンション内の互いの部屋を行き来し、愛を育んだそうです。退所については現在も事務所と最後の協議を重ねているところですが、剛さんの決意は揺らがないともっぱらです」(前出・別の芸能関係者)

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン