ライフ

「とじないカツ丼」なぜ急増したのか SNSでの“バズり飯”に賛否「分厚いだけ」「サラリーマンの小遣いでは行けない」

卵でとじないタイプのカツ丼が流行(とんかつ丸七提供)

卵でとじないタイプのカツ丼が流行(とんかつ丸七提供)

 定食屋から家庭の食卓まで、国民から広く愛されているカツ丼。カツ丼と言えば、トンカツをダシの利いた卵で包み込み、お米が盛られた丼にのせる料理をイメージするだろうが、近年、SNSを中心に「とじないカツ丼」というグルメが流行っている。

とじないカツ丼は、とろとろの卵の上に揚げたてのトンカツを乗せ、ソースなどで調味するという、一風変わったスタイルのカツ丼。トンカツがブロック肉ほど分厚いのも特徴であり、従来のカツ丼とは味もイメージも異なる。

 門前仲町に店舗を構える「とんかつ丸七」、渋谷神泉にある老舗「瑞兆」が、パイオニアとされ、2022年2月日本橋にオープンした「#カツ丼は人を幸せにする」をきっかけにSNSでバズり、人気に火が付いた。都内を中心に大阪、名古屋などの都市でも出店が続出し、“バズり飯”を求めて多くの消費者が店舗まで足を運んでいるそうだ。

 ブームの最中にあるとじないカツ丼店だが、なぜここまで店舗数を増やしているのだろうか。また厚切りのブロック肉を使用するうえで、食中毒の危険性はないのか、という疑問の声も少なくない。ブームの背景について、フードアナリスト・重盛高雄氏が解説した。

SNS映えで集客力はバッチリ

 とじないカツ丼は、外食気運が高まった近年の潮流に乗って、話題を集めることに成功したと重盛氏は考察する。

「アフターコロナで飲食業界は客足の回復が喫緊の課題となりました。そこで店舗に客を呼び込むべく、SNS映えを意識した派手なビジュアルの料理を提供する飲食店が増えてきたんです。とじないカツ丼は、分厚いトンカツの見た目のインパクトが抜群で、カツ丼なのに“とじない”という話題性もばっちり。X(旧Twitter)、InstagramなどSNSを経由して知った人が多く、一度食べようと多くの客が足を運んでいる印象です」(重盛氏、以下同)

 SNSを意識した名物グルメを打ち出すことにより、客の来店動機を作る、という戦略だ。SNSを眺めていると、「ネタを山盛りにした海鮮丼」「サシの入った和牛を炙った肉寿司」などなど、グッと印象に残りやすいグルメがほかにも散見される。

「シンプルな戦略ですが、SNS映えするグルメの集客力はピカイチ。とじないカツ丼店では若者から50代ぐらいまでと客層は幅広く、男女問わず多くの客が訪れています。既存のカツ丼でもない、ましてやソースカツ丼のようなものとも違う、『ちょうどよい塩梅』を模索し実現したグルメと言えるでしょう」

関連記事

トピックス

東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
ゴールラインを割りそうなボールに走り込む三笘薫(右手前)。ゴール後のビデオ判定は「三笘の1ミリ」と呼ばれる(時事通信フォト)
「三笘の1ミリ」「マラドーナの神の手ゴール」は“ビデオ判定の有無”が生んだ? それでもサッカー審判が「機械だけには任せられない」理由
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
カンボジアから移送され、羽田空港に到着した特殊詐欺事件の容疑者らを乗せたバス。2023年4月11日(時事通信フォト)
詐欺容疑の邦人逮捕が相次ぐカンボジア 特殊詐欺グループが拠点を置く事情
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
問題となった「ほぼ裸」ポスターを貼る、モデルの桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン