芸能

伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」

ピエール瀧と伊勢谷友介

ピエール瀧と伊勢谷友介を待ち受けるのは?

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧(56才)が2月19日、主演映画『水平線』の完成披露舞台挨拶に登場。同日には俳優の伊勢谷友介(47才)が、都内で行われた映画『ペナルティループ』の完成披露上映会に登壇し、違法薬物で逮捕された2人の俳優が奇しくも同じ日に公の場に姿を現した。

 瀧が逮捕されたのは2019年3月。容疑はコカインの使用で、同年6月に懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。一方、伊勢谷が逮捕されたのは2020年9月で、大麻の所持容疑で逮捕され、同年12月に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。瀧は2021年に映画『ゾッキ』で仕事復帰を果たしているが、今作は復帰後初の主演で、取材陣の前に登場するのは保釈されて以来初。伊勢谷は俳優復帰後初の表舞台への登場だった。

「瀧は逮捕前、俳優、ミュージシャン、タレントとして超売れっ子だったため、逮捕の影響は甚大でした。冠番組が消えたのはもちろん、レギュラー番組、ラジオ、CM、映画、音楽活動などあらゆる方面に被害は広がり、損害賠償額は5億円とも10億円とも言われています。一方の伊勢谷も複数の撮影済みの作品があり、お蔵入りが懸念されましたが、こちらは公開されました。

 2人にとって不幸中の幸いだったのは、謹慎期間がコロナによる自粛期間に丸かぶりだったこと。この間、あらゆるエンタメ活動は休止状態で、どのみち俳優やミュージシャンとして精力的に活動することは難しかったので、冷却期間を設けるにはもってこいでした」(エンタメ誌記者)

 そして、しばしの“潜伏期間”を経て復帰した2人だが、ネットには、

「薬物事犯には芸能界は寛容だよね」
「これでは、芸能界に蔓延している薬物の使用者は減らないのでは」
「やはり、芸能人は特別扱いなんだな…と思うばかりですね」

 など、芸能界の特殊性を指摘する声が次々と登場。

「自分を律して頑張って下さい」
「反省してやり直そうとしているなら応援したいと思います」
「せっかく手に入れた再出発のチャンスをどうか手放す様な事はしないで欲しい」

 といった芸能人寄りのコメントもあるが、2人が再びスポットライトを浴びることに違和感を覚えたネットユーザーは少なくない。こういったネガティブな反応は、瀧や伊勢谷を起用した関係者も予想していたはずで、それでも声を掛けたのは話題性や俳優としての資質の高さなどもあると見られるが、今後の2人の見通しが明るいかといえば、それはまた別の話だ。

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン