芸能

ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」

「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)

阿部サダヲが演じる主人公のセリフには「やりすぎ令和」へのツッコミが満載(時事通信フォト)

 放送のたびにSNSなどで大きな話題となる宮藤官九郎脚本のドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系、金曜夜10時)。令和6年の現在と昭和61年(1986年)を行き来しながら、昭和の文化や流行を時に懐かしく、時に面白おかしく振り返る描写が人気だ。一方、クドカン作品の長年のファンというドラマオタクのエッセイスト小林久乃氏は、「何かと行きすぎた令和への、昭和からの警鐘」が心に刺さるという。小林氏が綴る。(一部、ドラマの内容を含みます)

 * * *
 昭和から令和へ、令和から昭和へ……とタイムスリップを繰り返す、中学校教師の小川市郎(阿部サダヲ)。それぞれの時代で市郎が“適切”、“不適切”な持論や言動を繰り返すドラマ『不適切にもほどがある!』(以下『ふてほど』)が、人気絶好調だ。

 クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマは個人的な名作が多いが、今回の『ふてほど』で視聴者からの注目を集めているのは、昭和vs令和の対比だろう。部活動中の教師による“ケツバット”をはじめ、謎の水飲み禁止ルール。場所をまったく選ばない喫煙、テレビ番組でのセクハラに、娘の“チョメチョメ”と、昭和の文化や流行が「お断り」付きで放送されている。平成生まれにとっては新鮮であり、笑いでもあるはずだ。

 ただ、なかにはモラルやコンプライアンス遵守などが何かと行きすぎた感のある令和に対し、昭和から来た市郎が現代人を諭すシーンが多くある。「昭和からの教え」とも言えそうな印象的な4つのセリフを厳選し、振り返りたい。

「全部その中(スマホ)に入ってんだね、思い出。なくしたら大変だ」

 第4話まで物語が進み、ひょっとしたら祖父と孫かもしれない関係性が浮上している、市郎と犬島渚(仲里依紗)。ふたりが出会ったばかりの第2話、シングルマザーの渚が、自分はテレビ局の社員で夫とは離婚を考えている……と、身の上を市郎と秋津真彦(磯村隼斗)に切々と話す。渚は都度、スマホを取り出して、夫との出会いの頃や結婚式の写真をふたりに見せる。スマホを全く知らない市郎は、渚の何気ない行為に疑問を感じて「全部その中(スマホ)に入ってんだね、思い出。なくしたら大変だ」と、漏らす。

 市郎のシンプルな感想を漏らしたセリフだが、改めて考えるまでもなく、令和に生きる私たちはスマホに振り回されすぎている。市郎の言う、思い出(写真)はもちろん、時計、財布、情報端末と、生活ツールのほとんどを、たったひとつの機械に頼っている。

 よくスマホを落とした、壊れたと大騒ぎするのも、日常をスマホに頼りすぎているからこそ。その現実を思わずにはいられない。ちなみに市郎は亡くなった妻の写真、手紙、娘の思い出を袋に入れて“現物”を持ち歩いている。そういえば現代人は昭和や平成に比べるとバッグも小さくなって、手ぶらも目立つようになった。これも市郎の言う「気持ちわるっ」な現象かもしれない。昔、手ぶらといえばムッチ先輩(磯村)のような不良かチンピラだけだったような……。 

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン