第2話で「オレは高度成長期の申し子」と熱唱(時事通信フォト)

昭和から来たダメ親父・市郎のセリフが刺さる(時事通信フォト)

「よろしかった? なんで過去形なんだよ」

 令和でスマホを持つ便利さに気づいた市郎は、秋津と携帯ショップを訪れる(第4話)。そこで店員から「料金はスタンダードでよろしかったですか? かけ放題、パケ放題の得々プランがよろしかったでしょうか?」と聞かれるが、ちんぷんかんぷん。さらに「よろしかった? なんで過去形なんだよ。おい、俺が過去から来た人間だからか!」と激怒してしまう。

 市郎のこのセリフには私も深くうなずいた。いつからか、頻繁に使われるようになった「よろしかったでしょうか?」。私自身、飲食店での注文時によく耳にする機会があり、そのたびに違和感を覚えている。ほかにも「お弁当の“ほう”温めますか?」など、店員の(丁寧にしようとしすぎた結果?)気になる敬語が、日常的に使用されている。

 2015年2月4日付の日本経済新聞によると、この妙な敬語のことは1993年前後から新聞の投書欄に登場し、その後“バイト敬語”と呼ばれるようになったらしい。この背景にはコンビニエンストアなどの急速な拡大があり、アルバイトの稼働率が上昇、正しい敬語まで雇用側がフォローできなかったことが発端とされている。一部企業ではこの修正に乗り出しているようだが、テレビ局のアナウンサーでさえも、放送でうっかり二重敬語を使用している有り様だ。解決に至るまでは厳しいが、バイト敬語に打ち解けるのはもっと難しいだろうと感じる。

「『結婚しました、幸せです』って言っちゃいけないってこと?」

「結婚だけが幸せじゃないってあんた言ったけど、じゃあ『結婚しました、幸せです』って言っちゃいけないってこと? 俺は幸せだったよ。カミさんと結婚した時、娘が生まれた時、叫びたいほど幸せだったよ」

 これは『ふてほど』の恒例ミュージカルシーンの一部(第1話)。令和で居酒屋に入った市郎は、多様性問題や社内ハラスメントについて話す、会社員の秋津らと隣席になる。「頑張れ」と励まされて落ち込み、「いいお嫁さんになるね」と言われて傷ついた社員が休職となり、悪気なく話した秋津は処分を受けることになってしまう。この会話の内容に耐えられなくなった、昭和を生きる市郎。さらに女性社員から「結婚だけが幸せの時代じゃないんです」と言われて、返したセリフだ。

 確かに最近は既婚や未婚(かどうか)、年齢、出産にまつわる話題に、過敏になりすぎている傾向がある。実感としても、挨拶がわりに自分の生活環境を話したり、聞いたりすることを控えるようになった。以前、行きつけの居酒屋の店員に「新規のお客さんに『(住まいは)お近くですか?』と尋ねるのも気を遣う」と聞いたことを思い出す。

 未婚の私が言うのもなんだけれど、人によって結婚は超・幸せじゃないか。そして結婚しないで、自分の時間を独占することも同じく幸せでいい。その価値観を表明することに気遣いは必要なかったはずだ。

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン