スポーツ

《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も

トップアスリートが多い1994年生まれ

トップアスリートが多い1994年生まれ(時事通信フォト)

 衝撃が世界を駆け巡ったドジャース・大谷翔平(29)の結婚発表。日本時間3月1日朝の記者団による取材には、結婚相手について「いたって普通の人」「出会ったのは3~4年前」などと明かした。これまで交際報道がなかっただけに、驚きをもって受け止められた。

 プライベートは謎のヴェールに包まれた部分の多かった大谷だが、同世代の男性アスリートとの交遊があることは知られている。スポーツジャーナリストが言う。

「日本ハム時代の22歳だった頃から、同じ1994年度生まれの競泳選手の萩野公介、瀬戸大也と食事会を開くなどしていた。そこに同学年の鈴木誠也(現・カブス)が加わることも。さらに大谷の渡米後には、瀬戸の紹介により日本人NBAプレーヤーでやはり1994年生まれの渡邊雄太(現・グリズリーズ)とも出会う機会を得ています。

 1994年度の生まれのアスリートでは他にもフィギュアスケートの金メダリスト・羽生結弦や、バドミントン世界王者の桃田賢斗などビッグネームが揃っていることで知られています」

 交遊が始まった頃は皆、独身だった「94年組」だが、瀬戸は2017年に飛び込み選手の馬淵優佳と、2019年には萩野がシンガーソングライターのmiwaと、鈴木が元新体操五輪日本代表の畠山愛理と結婚している。

「鈴木とともに渡米した畠山は、自身のインスタグラムに球場で手をつなぐ夫婦と息子の3ショットをあげるなど、メジャー挑戦を支える仲睦まじい様子が見て取れます。一方、東京五輪を前にした2020年に不倫が報じられて大騒動になった瀬戸や、昨年“3か月離婚”となった羽生など、94年組のなかでも結婚生活の明暗は分かれていると言えそうです」(前出・スポーツジャーナリスト)

10年前からの不思議な縁

 また、渡邊雄太が2022年に元フジテレビアナウンサーの久慈暁子と結婚したことも、不思議な縁を感じさせる。

「久慈は大谷と同じ岩手県奥州市の出身で、やはり1994年度生まれ。青山学院大学に通いながらモデルをしていた当時の2014年には、新成人対談ということで、日本ハムに所属していた大谷と奥州市の広報誌の対談で“共演”しています。そうした縁もあって大谷と交際に発展するのではと噂されたこともあったが、フジを退社後に渡邊と結婚した。

 大谷と渡邊は2019年に初対面して、米国の第一線で活躍する選手同士で交遊があるようです。昨年4月のNBAプレーオフでは、大谷のユニフォームを着て会場入りする渡邊の姿が話題を集めました。

 久慈は渡米後も積極的にインスタを更新しており、夫である渡邊の移籍が続いたことで東海岸のブルックリン(ニューヨーク)、南西部のフェニックス、中部のメンフィスと慌ただしい転居が続いているが、2月29日にはメンフィスでの写真をインスタに投稿している。大谷とも夫婦同士での交遊となり、久慈のインスタで4ショットが披露されるようなことがあれば、ファンたちの間で大きな盛り上がりとなるのではないか」(前出・スポーツジャーナリスト)

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン