国際情報

キャサリン妃、がん公表までに時間を要した背景に「3人の子供を悲しませたくない」という葛藤 ダイアナ妃早逝の過去も影響か

がんの種類やステージなど詳細は明かされていない(時事通信フォト)

がんの種類やステージなど詳細は明かされていない(時事通信フォト)

 ウィンザー城内のベンチに座り、まっすぐにカメラを見つめた彼女は、自身の病状について、淡々と説明し始めた。腹部の大手術を今年1月に受けたこと、術後の検査でがんが見つかったこと、現在は転移を防ぐための化学療法の初期段階にあること──。3月22日、キャサリン妃ががんを患っていることが公表されると、それに際して英王室は冒頭のようなビデオメッセージも公開した。

 イギリスの上流階級では「感情を表に出さないこと」が美徳とされている。キャサリン妃も例に漏れず、2分20秒にわたる動画の中で、感情をあらわにすることは一切なかった。しかし、キャサリン妃はまだ42才で、10才、8才、5才の2男1女の母でもある。悲痛な宣告を受けた彼女の胸中は察するに余りある。

 がんの公表に至るまでには紆余曲折があった。1月中旬から末にかけて、キャサリン妃は腹部の手術のため、ロンドン中心部にあり、英国最大の病院の1つであるロンドン・クリニックに入院した。しかし、本人の意向により詳しい病状は非公表とされた。

「当初の発表では英王室はがんを否定、各メディアも“がんではない”と報じましたが、入院期間が長いことや、公の場に姿を見せなかったことも相まって、“本当の病状”に注目が集まっていました」(英国王室キャサリン妃研究家の、にしぐち瑞穂さん)

 3月上旬、手術後初めてとなる久しぶりの近影が英王室のSNSを通じて公開された。ところが、この家族写真には加工・修正が施されていると複数メディアが指摘する騒動となった。

「キャサリン妃の左手薬指に指輪がなかったことも注目され、ウイリアム皇太子との不仲説まで持ち上がりました。もしかしたら、手術や治療の影響でやせてしまい、指輪が抜け落ちてしまうような状況だったのかもしれません。

 謝罪に追い込まれたキャサリン妃は“多くのアマチュア写真家と同じように、編集を時々試してみることがある”と釈明しました。理由はわかりませんが、元の写真を公開することへの躊躇があり、簡単に露見するほど不慣れな加工を施す必要に迫られたのでしょう」(英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さん)

 事態はさらに混迷を極める。3月19日、病院職員が、キャサリン妃の診療記録に不正アクセスをした疑いがあることを英大衆紙『デイリー・ミラー』が報じたのだ。

「ロンドン・クリニックはエリザベス女王の両親がオープンさせた英王室御用達の病院です。信頼に足る病院だっただけに、大きなショックが広がりました」(多賀さん)

 がんが公表されたのはその3日後だった。ケンジントン宮殿の報道官によれば、キャサリン妃は、2月下旬から転移を防ぐための治療として化学療法を受けているという。

「2月27日、ウイリアム皇太子がウィンザー城で行われる予定だった、皇太子の名付け親の1人であるギリシャ元国王の追悼式典への出席を急きょ、取りやめたことがありました。思えば、あのときすでに、夫妻はがんと向き合っていたのでしょう」(にしぐちさん)

 キャサリン妃は前述のビデオメッセージで「最も重要なこと」として、次のように述べた。

「ジョージ、シャーロット、ルイにすべてを的確に説明し、私が大丈夫だと安心させることに時間がかかりました」

 公表までに時間を要した背景には、3人の子供たちを悲しませたくないというキャサリン妃の母としての葛藤があったのだろう。

「キャサリン妃ががんを公表したのは、3人の子供たちが翌日からイースターの春休みに入るタイミングでした。子供たちが学校で、母親のがんについてむやみに探られたり、無神経な質問をされたりすることを避けたいという判断だったのでしょう」(多賀さん)

 にしぐちさんは「ダイアナ元妃の早逝のトラウマ」も影響したのではないかと分析する。

「ウイリアム皇太子は15才で母親のダイアナ元妃を亡くしています。葬儀の参列の際、棺の後ろをうつむきながら歩く彼の姿には、全英が哀れみの目を向けました。ただ、ご本人にとって、かわいそうという同情は居心地のいいものではなかったでしょう。悲しみに暮れるなかでストレスさえ感じていたかもしれません。

 キャサリン妃ががんを公表すれば、子供たちは、当時の自分と同じような目に遭う可能性が高い。皇太子夫妻には、そうした不躾な視線から子供たちを守りたいという思いもあったのではないでしょうか」(にしぐちさん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン