ライフ

【逆説の日本史・特別編】井沢元彦氏が映画『オッペンハイマー』を考える 「原爆投下が多くの人間の命を救った」という主張は無視してよい「言い訳」か?

作家の井沢元彦氏による『逆説の日本史』(イメージ)

作家の井沢元彦氏による『逆説の日本史』。今回は特別編(イメージ)

 ウソと誤解に満ちた「通説」を正す、作家の井沢元彦氏による週刊ポスト連載『逆説の日本史』。今回は特別編として、〈映画『オッペンハイマー』に寄せて〉をお届けする(第1416回)。

 * * *
 前号では、明治天皇が崩御し「大正」と改元された一九一二年(大正元)から、「対華二十一箇条」を袁世凱がしぶしぶ受け入れた一九一五年(大正4)までの「大正最初の四年間」について時系列を整理しておいた。本来ならば、引き続き大正初期の出来事について詳しく言及すべきなのだが、今回は少し趣向を変えて「特別編」とさせていただくことをお許し願いたい。なぜなら、週刊ポスト編集部から「いま話題のアメリカ映画『オッペンハイマー』について、思うところを書いて欲しい」との依頼があったからである。

 もちろん、私は映画評論家では無いので、編集部が求めるのはこの作品の背景にある原爆問題の歴史的解析、および現時点でこうした映画が作られた意義などを分析して欲しいということだろう。以下それを述べてみたい。

 さっそく鑑賞してきたので、まず最初に感想を述べよう。映画『オッペンハイマー』は、クリストファー・ノーランが監督・脚本・製作を務めている。原作はオッペンハイマーの伝記(カイ・バード、マーティン・J・シャーウィン共著)で二〇〇六年のピュリッツァー賞受賞作なのだが、同じノーラン監督作品の『バットマン ビギンズ』で典型的な悪役を演じたキリアン・マーフィーが本作の主役であるオッペンハイマー役と知ったときは、正直大丈夫かなと危惧した。

 しかし、さすがアカデミー主演男優賞を獲るだけのことはある、と言っておこう。また、映画自体もノーラン監督独特の話があちこちに飛ぶ構成だが、観客はちゃんとついていける、これは脚本の妙だろう。

 さて、こうしたアメリカ製作による「原爆映画」に対して日本人が「本能的」に求めるのは、「アメリカ人は広島・長崎への原爆投下をどれだけ反省しているか?」だろう。たしかに、これは重要な視点であることは言うまでも無い。アメリカは原爆投下を正当化するために、さまざまな「努力」を積み重ねてきた。

 しかし、あの原爆投下、つまり人類始まって以来の爆発力を持ちすべてを破壊しつくす強力な爆弾を、一般人つまり非戦闘員も居住している都市に落とすことは「病院や学校や福祉施設への攻撃」の超拡大版であり、決して許されるべきことでは無い。アメリカはナチス・ドイツのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を徹底的に非難するが、じつは原爆投下は「ナチス・ドイツが数年かけてやった民族大虐殺をたったの一秒で実行した」のであり、この点をアメリカが認識しない限り真の反省とは言えない。

 さらに、「ノーモア・ヒロシマ」つまり核兵器廃絶にもつながらないだろう。言うまでも無く、水爆も含めた核兵器廃絶は最終的にはアメリカのみならず全人類の利益につながることだ。それは他ならぬアメリカの「原子力科学者会報(Bulletin of the Atomic Scientists)」が定期的に発表している「終末時計」にも示されている。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン