芸能

【徳光和夫が語る認知症の妻との日々】結婚後初めての“カミさん孝行”「彼女より一日でも長く生きて看取ってから逝きたい」

徳光和夫が明かす

徳光和夫が“カミさん孝行”を明かす(撮影/関谷知幸)

 フリーアナウンサーの徳光和夫(83才)が、同い年の妻の異変に気づいたのは5年ほど前のこと。妻は初期の認知症と診断されたのだ。そして、今年に入ってからは、妻が「ちょっとジャガイモを買いに行ってくるわね」と言って家を出てから3時間以上経っても帰ってこないという事態が発生。徳光は警察に通報し、捜索が始まろうとしたその時に妻が帰宅。事なきを得たが、この出来事は夫婦の関係性を改めて見つめ直すきっかけになったという。【前後編の後編。前編から読む

看板娘だった妻に3回フラれた

 徳光が日本テレビに入社したのは1963年。当時、同い年の妻は東京・麹町の日本テレビ社屋近くにある喫茶店『アンテナ』の看板娘だった。

 その後、彼女は日テレの看板料理番組『3分クッキング』のアシスタントになり、局内を頻繁に訪れていた。

「明るく活発な彼女に徳さんが一目惚れして、日テレの先輩社員の取り持ちでデートに誘うも、3回連続で断られたそうです。それでも何とかデートにこぎつけると、庶民的で不器用な徳さんを彼女が放っておけず交際が始まり、ふたりが共に24才のときに結婚しました」(日本テレビ関係者)

 その後、2人の男児に恵まれた徳光は同局の『ズームイン!!朝!』などの人気番組で脚光を浴び、1989年にフリーに転身。人気アナとして多忙を極め、たまの休日は趣味のギャンブルに興じて家に帰らなかった。主のいない徳光家を切り盛りしたのは、間違いなく妻だったと本人も認める。

「ぼくは“宵越しの金を持たないタイプ”で自分がいくら稼いだかも知らず、お金の管理は妻に任せきりでした。彼女はぼくが知らないうちに貯金をして茅ヶ崎に家を建て、八ヶ岳に別荘を購入してくれました。子育ても含めて、家のことはすべて妻に頼る一方で、ぼくは自分が稼いだお金を国に還元しようとギャンブルに励みました(笑い)」(徳光・以下同)

 現在、息子たちは独立し、夫婦はふたり暮らし。

 徳光は80才を超えても意気軒昂で、『路線バスで寄り道の旅』(テレビ朝日系)などの人気番組で活躍するが、認知症の症状が進む妻との生活には変化がみられる。

「妻は長いこと『男子厨房に入るべからず』という考えで、男性が台所に入るのを本当に嫌がりましたが、現在はぼくが炊事場に出入りし、ゴミ出しをしています。これまで妻に甘えていたものですから、最初はゴミを出す日が決まっていることすら知りませんでした。

 でもいまは毎週火曜と金曜に燃えるゴミを有料の黄色い袋に入れ、ゴミ集積所に持っていくのが仕事。もともとぼくの実の母・フサコがズボラで家事が苦手なことを妻は身に染みて知っているから、ぼくがゴミ出しを始めると『フサコさんの息子にこんなことができるとは思わなかった……』とつぶやき、信じられないくらい褒めてくれます」

 家事経験のない徳光が見よう見まねで始めた妻のサポート。当初は3分以上かかっていた布団の上げ下げも、いまでは1分20秒でできるまで上達したという。

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト