芸能

「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判

噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)

噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)

 40歳にして落語家への転身を志し、今年で噺家生活15周年を迎えた月亭方正(56)。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』をはじめ、テレビで活躍していた方正が2008年、落語への挑戦を発表すると衝撃をもって受け止められた。テレビタレントから落語の道を選んだ経緯を、ノンフィクションライターの中村計氏が聞いた。(全3回の第1回)

──私はおそらく方正さんが落語家になってまだ2年目か3年目くらいのときに高座を観たことがあるのですが、その舞台度胸に驚きました。やはりテレビで長年、活躍してきた人はこんなにも違うものなのか、と。

方正:必死やったんで、僕にはわからないんですけど。でも、どんな世界でも20年はかかると思いますよ。僕は19歳でこの世界に入って、20年ぐらいでやっとテレビの職人になれたんです。たとえば、『アッコにおまかせ!』で、勝俣(州和)さんが病欠して、「方正、ちょっと頼むわ」って30分前に言われたとしても現場で何とか対応できる。それができるようになるまで20年かかったんですよ。

──せっかくテレビの職人になれたのに、なぜ落語家に転身されたのですか。

方正:僕は本籍地が欲しかったんです。本籍地というか、これが職業ですと言えるものが。たとえば、千鳥やったら漫才師ですと言えるわけですよね。かまいたちなら、漫才師ですとも言えるし、コント師ですとも言える。ただ、僕にはそういうものがなかった。それがすごいストレスだったんです。

──でも、いわゆるテレビタレントと呼ばれる人たちは、そういう人が多いような気もしますが。

方正:もちろん、そういう人はいっぱいます。でも、僕は嫌だったんです。僕はテレビでいつもダメ人間のような扱いを受けていたんですけど、それも居心地はよくなかった。ダメ人間やと思ったこともないですし。ただ、いじめられっ子だったり、スベり芸を得意とする芸人みたいな着ぐるみを着ていると、お金が回るし、ちやほやもされる。最初の20年は、お金を稼ぐとはこういうことなんやと思っていたんです。嫌なものを受け入れなあかんのやな、と。でも40歳を目の前にして、自分がこうなりたいと思っていた芸人像とのギャップがあまりにもすごくて。僕は目の前のお客さんを笑わせたいという思いでこの世界に入ってきたんですけど、自分の核というか、そのための武器を何も持っていなかったんです。

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン