スポーツ

《大谷翔平はピリピリモード》妻・真美子さんは「レッドカーペットを歩くのか」奥様会には“欠席多数”も現地記者が「可能性は高い」と語る理由

真美子さんと大谷(AP/アフロ、日刊スポーツ/アフロ)

真美子さんと大谷(AP/アフロ、日刊スポーツ/アフロ)

 日本時間7月17日に行われるMLBオールスターゲームにドジャース・大谷翔平(30)が出場する。4年連続4回目の選出となる今回も大暴れが期待されているが、今年は前日に開催されている「レッドカーペットショー」にも注目が集まっている。同イベントでは選手が家族を連れて出席するのが恒例となっており、大谷は今年結婚を発表した妻・真美子さん(27)と出席することが予想されているのだが、気になるのは最近の大谷の“ピリピリモード”で──。

通信社も写真の使用を“自粛”?

 7月9日(日本時間)時点でリーグトップのホームラン数を叩き出している大谷。3月には通訳を任せていた水原一平被告(39)のスキャンダルも報じられたが、大谷は冷静に、充実したシーズンを送っている。

 その一方で、最近の大谷は報道に関する「意思表示」も明確に出している。6月12日には、フジテレビと日本テレビがドジャースの取材パスを凍結され“出禁”になったと『週刊現代』(講談社)が報じた。

「フジと日テレが新居を上空から撮影したことに大谷選手が激怒したのが原因だとされていました。フジは7月5日の定例社長会見で港浩一社長が『当社が取材パスを失い、ドジャースの取材ができなくなったという事実はない』と報道を否定しつつも、『大谷翔平選手と関係者の皆様にご迷惑をかけ、不快な思いを抱かせたことを大変申し訳なく思っています』と謝罪。同局は新居報道について、2番組内でも謝罪しています。

 大谷選手は真美子さんと結婚して以降、メディア報道に対し明確に自分の意見を表明するようになりました。最近は現地記者の空気も変わって、プライベートに関する質問はほとんど飛びません。“真美子さんのプライベートだけは絶対に守る”という気概が感じられます」(ドジャース担当記者)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン