吉田秀彦一覧

【吉田秀彦】に関するニュースを集めたページです。

大ケガを負いながらも金メダルを手にした舞台裏を古賀稔彦が語る(写真/(C)日本スポーツエージェント)
古賀稔彦 バルセロナ五輪「稽古で負った重症」が与えた闘志
 バルセロナ五輪・男子柔道71kg級に出場した古賀稔彦は、現地での後輩・吉田秀彦との練習中に大ケガを負う。しかし、古賀は歩くのもままならない状態で試合に臨み、順当に勝ち進んでいく。決勝では得意技の背負い投げこそ出せなかったが、前日に金メダリストとなった後輩の吉田秀彦に続き、日本柔道に2つ目の金メダルをもたらしたのだ。大ケガを負いながら、金メダリストとなった当時の舞台裏を、古賀自身が振り返る。 * * * 人間というのはいついかなる時も「甘さ」「弱さ」「狡さ」が出てしまうもの。だからこそどんな状況、状態であっても自分が目指すものに対して戦う準備をしなくてはならない──それを痛感した出来事が、2度目のオリンピックとなる92年バルセロナ五輪だったかもしれません。 当時私は24歳。年齢的にも選手としてピークを迎えており、日本選手団の主将に任命されていました。日本柔道界において金メダルは絶対です。心身ともに絶好調のまま、現地入りした翌日、思わぬアクシデントが起こりました。 後輩の吉田秀彦との乱取りの稽古中、畳ではなくマットだったため、背負い投げの瞬間に左足が滑って「ボキッ」と音が鳴り、そのままうずくまりました。診断の結果、左膝内側側副靱帯損傷の重傷、全治2か月。周りの関係者たちは皆落胆し、日本のマスコミはこぞって「出場辞退」「絶体絶命」との見出しで大きく報道しました。 ただそんな周囲の心配をよそに、私自身はそれほどショックはありませんでした。結局試合までの11日間まったく練習できないまま、痛み止めを6本打ってぶっつけ本番で臨みましたが、むしろ普段よりもやる気がみなぎっていました。4年前のソウル五輪での教訓があったからです。アクシデントが集中力を研ぎ澄ます 優勝候補だった私は周囲のプレッシャー等もあってか3回戦で敗退。マスコミからバッシングの嵐に遭い、人に会ったら何か言われるという恐怖心から、外部と接触を断つため大学の施設に篭ってしまいました。 そんな時、テレビで五輪の柔道番組が放映され、何気なく観ていました。私のことも特集されており、負けた瞬間スタンドで応援しに来ていた両親が、周囲に頭を下げている様子が映し出されたのです。それを見て自分の愚かさに初めて気付かされました。負けて一番不幸なのは自分だとずっと錯覚し、周りがまったく見えていなかったのです。 それからは自分のことを思ってくれる人たちに恩返しすることを常に心に抱き、嘘のない努力を重ねて練習に励もうと決めました。だからケガした時はショックよりも「これでも絶対に恩返しをするんだ」と闘志がより表に出て、4年間の集大成を見せてやると試合に集中できたのかもしれません。アクシデントがあったほうが雑音や雑念が入ってこず、かえって集中力が研ぎ澄まされるものです。 ケガした後からは、こうすれば勝てるというのではなく、どんな状況でも自分が戦う準備ができているよう、より心がけるようになりました。勝負は生きるか死ぬかの戦いであり、覚悟と勇気を持って臨めるか。そのためには常に戦う準備を怠ってはいけないのです。【プロフィール】古賀稔彦(こが・としひこ)/1967年生まれ、佐賀県出身。現在は日本健康医療専門学校校長のほか、「古賀塾」を設立し後進の指導に当たる。※週刊ポスト2020年12月11日号
2020.11.30 19:00
週刊ポスト
メダル期待の柔道・大野将平 恩師が語る「リオからの成長」
メダル期待の柔道・大野将平 恩師が語る「リオからの成長」
 開幕まで半年を切った東京五輪。ニッポンのお家芸である柔道の男子73kg級で期待を集めるのが、リオ五輪金メダリストの大野将平(28)だ。同階級の代表争いを大きくリードする大野だが、ここに至る道のりは決して平坦ではなかった。新シリーズ「東京五輪へ──私が見たアスリートの素顔」では、メダリスト候補たちの苦労を間近で見てきた関係者に話を聞いていく。大野の歩みをよく知る大学時代の恩師にノンフィクションライター・柳川悠二氏がインタビューした。 * * * 8年前の2012年8月2日、ロンドン五輪の柔道会場の外で、私は建築士を目指しているというひとりの青年に出会った。この日、男子100kg級に出場する友人の穴井隆将(35。現・天理大柔道部監督)の応援にひとりでやってきたという。 しかし、彼は観戦に肝心のチケットを持っていなかった。ダフ屋から手に入れる予定が、厳しい当局の取り締まりによってダフ屋の姿がまるでなかったのだ。途方に暮れている間に、100kg級の優勝候補の一角と目されていた穴井は2回戦でまさかの一本負けを喫し、敗者復活にも回ることなく、初の五輪を終えた。その一報を会場の外にいた青年に伝えると、呆然としてしばらく言葉を発せず、「勉強をかねて、ロンドンの建築物を回ってから日本に帰ります」と肩を落としていた。 五輪には魔物が棲む──五輪の度にそう囁かれてきた。2000年のシドニー五輪を圧倒的な強さで制した井上康生ですら、日本選手団の主将として臨んだ2004年アテネ五輪ではメダルにさえ手が届かなかった。 初出場の五輪の大舞台で、失意の結果に終わった穴井は、2013年の全日本選手権優勝を最後に第一線から退き、天理大の副監督、そして2014年からは監督に就任し、今日まで過ごしてきた。最初で最後の五輪の畳を、穴井はこう振り返った。「私は魔物なんていないと思います。その日、誰よりも活躍した選手が金メダルを手にする。ただ、実力以上の力が出ることもあるし、普段の実力がまったく出せなくなるかもしれない舞台でもある」 母校の指導者に転身した穴井にとって、師として、あるいは兄貴分として温かく接してきた柔道家が、天理大の卒業生で、現在も同大の道場を練習拠点としている大野将平(旭化成)である。「初めて会ったのは、東京の(古賀稔彦や吉田秀彦らを輩出した柔道私塾である)講道学舎から天理大に入学してきた頃(2012年)でした。その頃は柔道が荒々しく、激しく、血気盛んに戦うイメージでした」 大野は在学中の2013年と2015年の世界選手権73kg級を制し、その圧倒的な強さと、常に一本を狙い続ける「柔道の申し子」たる姿勢を国際柔道連盟も評価し、その名は世界に広まってゆく。 2012年のロンドン五輪で、男子柔道は史上初めて金メダルがゼロという一敗地にまみれ、2016年のリオ五輪でも男子73kg級の試合が行われる3日目まで金メダルが男女共になかった。 試合の日、穴井は「力を出し切ってくれ」という言葉に加え、こんなメッセージを大野に送った。「勝負には運も必要だよ」 するとすぐに返信が来た。「いや、実力で金を勝ち取ります」 つまり、運・不運には左右されず、圧倒的な自分の柔道で金メダルを獲ると宣言したのだ。 穴井からすれば、自分と同じ失敗をして欲しくなかったからこそのメッセージであったが、それは不要な気遣いだった。リオでの大野は初戦から決勝まで、横四方固め、内股、払い腰、巴投げ、そして小内刈りと、すべて異なる技で勝負を決めた。 日本発祥の柔道の選手たちは、1964年の東京五輪で柔道が正式種目に採用されて以来、金メダルだけを目指してきた。リオ五輪では、銅メダルに終わった選手がテレビインタビューで謝罪した姿が話題となり、銅メダルを評価しようという国民の声が挙がった。しかし、「金メダル以外はメダルにあらず」の意識は、柔道家なら誰しも抱く。穴井は言う。「柔道は、投げるか投げられるかの勝負。国際ルールも(一本決着を促すよう)完全決着をつける方向にルール変更を繰り返しています。柔道は勝負が一瞬で決まってしまう可能性がある。柔道ほど失敗が許されない競技はないと思います。野球は4点を奪われたとしても、5得点すれば勝てるじゃないですか? 卓球にしてもバレーボールにしても、得失点を重ねながらセットを奪い合うスポーツですよね。同じ格闘技のレスリングですら、ポイントによって勝敗が決まる。ところが、柔道家にとって、一本を奪われることは『死』ですよね。技ありでさえ、『瀕死状態』。ですから1回戦で負けようが、決勝で負けようが、同じように悔しさは残ります」 リオ五輪の大野は、金メダルが決まってもにこりともせず、喜び表現することなく相手に深く一礼して畳を降りた。この立ち居振る舞いには相手を敬う目的と共に、2013年に自身も関与が疑われた天理大の暴力事件も背景にある。先輩部員の1年生部員に対する暴力事件が発覚し、柔道部には活動停止処分が下ると共に、柔道部の主将を務めていた大野は強化指定選手からも外されたのだ。「あいつだけが責任を負う事案ではありませんでしたが、当時、主将だったということと、世界チャンピオンだったということで、報道が過熱したということが少なからずあった。柔道の面でも、私生活の面でも、粛々とやらなければならないことを全うして、今では押しも押されもせぬ不動のチャンピオンとなった。あの事件の責任を果たしたことで、事件をプラスに転化できたんだと思います」 大野は抜群の破壊力を持つ大外刈りと内股を軸に戦い、巴投げや背負い投げといった技も、そつなくこなす高いレベルのオールラウンダーである。「大野の強さは一言で、隙がないということ。稽古を見ていても、ふらつかないし、危ない(投げられそうになる)場面がない。対戦相手として、研究しようにも策が浮かばない。負けない強さがある」 穴井はリオからの成長を、コップに注ぐ水で表現した。「彼はいつも、柔道の試合でも、練習でも、『ギリギリを攻める』と話しています。リオ以前の大野は、練習でもコップに注ぐ水がこぼれてしまうまで練習に励み、自分自身を追い込んでいた。金メダリストとなってからは、水がコップ一杯になり、こぼれる寸前で止めるようになった。要は自身を休めることも覚えてより大人のアスリートになった。東京五輪の金メダル? 私は盤石だと思っています」 2月9日にフランスで行われたグランドスラム・パリにおいて、ロンドンとリオの100kg超級を制し、世界の柔道界に“絶対王者”として君臨してきたテディ・リネール(30)が日本人の影浦心(24)に敗れる波瀾があった。衰えの目立つリネールに代わって、油の乗りきった大野こそ絶対王者の称号に相応しい。 柔道男子73kg級は、7月27日の月曜日に行われる。地元開催の五輪舞台に向け、男子では野村忠宏以来となる2連覇の期待が高まるが、大野はあくまで東京五輪を柔道人生の「通過点」としか考えていないという。 柔道家であり、求道者。それが大野将平というアスリートである。
2020.02.20 16:00
NEWSポストセブン
男子柔道五輪惨敗で篠原監督の後任候補に吉田秀彦氏の名前
男子柔道五輪惨敗で篠原監督の後任候補に吉田秀彦氏の名前
 全階級で金メダルゼロという“惨敗”に終わった男子柔道界の目下の関心事は、篠原信一監督(39)の処遇だ。 篠原監督は北京五輪での不振(金2個のみ)の責任を取って辞めた斉藤仁氏の後継として監督に就任。任期は五輪2大会を担う2期8年が基本だが、「前任者以上の大敗を喫した以上、続投は白紙にすべきだ」という声が強い。全日本柔道連盟の吉村和郎・強化委員長は篠原監督について、「この経験を踏まえてあと1期やるほうがいい」と早々と続投させる見解を表明した。当の篠原監督は、「(惨敗は)私の責任。(進退については)上が決めること」と語っている。 確かに30代後半という若さから、選手の指導には苦労していたという。「ベテランと若手、重量級と軽量級といった区別をせず、同じようにハードな練習を課したため、疲労とケガに悩んだ選手が多かった。技術論より精神論を重視する指導スタイルに反発する選手も少なくなかったようです」(スポーツ紙記者) 9月9日に開催される強化委員会で結論が出ると見られるが、すでに篠原監督の“ライバル”の名が取り沙汰されている。柔道連盟関係者の話。「バルセロナ五輪金メダリストの吉田秀彦氏(42)です。最近では国内大会にも頻繁に顔を出しており、『代表監督に意欲アリ』といわれています。選手としての実績は申し分ないし、五輪では監督を務める実業団『パーク24』所属の海老沼匡が苦戦の予想を覆して銅メダルに輝き、指導力の確かさも証明された。環境は整っている」 誰が監督になろうとも、柔道ファンの願いは、リオ五輪で金メダルを量産してくれることだけだ。※週刊ポスト2012年8月31日号
2012.08.20 07:00
週刊ポスト
ほしのあき 結婚式でDAIGOが歌うオリジナルソングに号泣
ほしのあき 結婚式でDAIGOが歌うオリジナルソングに号泣
 生涯の愛を誓った「ホテルニューオータニ」(東京・千代田)は、彼と一緒に誕生日を祝った思い出の場所だった―― 2011年12月19日午前11時、ほしのあき(34)が騎手の三浦皇成(22)と交際2年5か月の末、ゴールインした。彼女がこの日のために選んだドレスは、神田うの(36)がデザインしたというスワロフスキーをちりばめたもの。身につけたティアラやジュエリーはあわせて2億円だった。 披露宴の出席者は徳光和夫(70)、川合俊一(48)、細川茂樹(40)、吉田秀彦(42)、安めぐみ(30)、熊田曜子(29)、里田まい(27)、紗栄子(25)、スザンヌ(25)、亀田興毅(25)ら約600人という超派手婚となった。 こだわり抜いた式・披露宴は同日に発売されたほしののウエディング本『ほしのあきのMy Happy Story』(ワニブックス刊)に書かれたシナリオ通りに進んだが、ほしのはず~っと泣きっぱなしだった。「ホテルのパティシエに依頼したはずのウエディングケーキが、実はサプライズで皇成くんの手作りケーキだったんです。入刀の前に、皇成くんが作っている様子のVTRが流れると、あきちゃんは感動のあまり号泣しちゃってました。それから友人のDAIGOさんとかがこの日のために作ってくれたオリジナルソングのときも泣き崩れてましたね」(出席者) 一時はカレの師匠や両親が猛反対したという話も飛び出したほしのの恋。待った甲斐がありました!※女性セブン2012年1月5・12日号
2011.12.24 07:00
女性セブン
吉田秀彦 林家三平披露宴に呼ばれるも席無く祝儀置いて帰る
吉田秀彦 林家三平披露宴に呼ばれるも席無く祝儀置いて帰る
 10月2日、帝国ホテルで開かれた海老名家の次男・林家三平(40)と国分佐智子(34)の結婚披露宴。この披露宴の裏方を取り仕切っていたのは、母・香葉子さん(78)の信頼も厚い、長男・林家正蔵(48)の妻・有希子さん(48)だった。しかし、式が始まる直前、そんな有希子さんが声を荒らげるようなトラブルが起こっていた。 披露宴会場に姿を現した、ひと際目を引くガッチリとした男性は、バルセロナ五輪・柔道金メダリストで、格闘家の吉田秀彦(42)だった。ストライプのスーツにピンクのネクタイを締めた吉田は、笑顔で受付に歩いて行く。 弟子たちが対応しているのだが、なんだか様子がおかしい。それまで笑顔を浮かべていた吉田が次第にぶ然とした表情に変わり、こういった。「はぁ? 席が無い!?」 どうやら招待客のリストに吉田の名前がなく、座席が用意されていないようだ。おろおろする受付の弟子たち。吉田はいったん別室に案内されたものの、結局、披露宴に出席することなく、怪訝そうな表情を浮かべながら帰ってしまった。 やがて招待客が席に着き、披露宴が始まると、弟子たちだけとなった受付に有希子さんの厳しい声が響いた――「どういうこと? 帰られてしまわれたということ?」 このような形で大恥をかかされた格好となった吉田を直撃すると、「お祝い事に水をさしたくないから」と言葉を濁しつつも、席が無かったことについては認めた。「席は無かったですけど…“お祝いに来たんで、お祝い(ご祝儀)だけ置いていきます”といって帰りました」――海老名家側は急きょ、席を用意したみたいでしたが?「だって、そんなのぼくはわからなかったし…。それに席が無いなら、しょうがないですよ」 いい気分はしなかったろうが、お祝い事だから、文句はいいたくないと、さすが一流アスリート、懐が深い。 三平の友人である吉田をぞんざいに扱ってしまう形となった海老名家。さあ、この“大失態”、どう弁明するのか。海老名家を訪ねると、香葉子さんや有希子さんの代わりに男性スタッフが出てきた。「ご招待のはがきは出していましたが、行き違いがあったのか、吉田さんからの返信をいただいていなかったんです。吉田さんには、三平から“改めて食事に行きましょう”という話をしているようです。ご祝儀は返すのも失礼なので、ありがたく受け取らせていただきました」※女性セブン2011年10月20日号
2011.10.06 07:00
女性セブン
野球選手寄付金は横並び 中日200万、阪神1000万円
野球選手寄付金は横並び 中日200万、阪神1000万円
 東北関東大震災から3週間、被災地へ向けて日本国内はもとより、世界中の著名人から寄付が寄せられている。主な著名人の高額寄付ランキングを紹介しよう(金額とレートは3月28日現在)。1位 10億円・三木谷浩史楽天会長・柳井正ユニクロ 会長兼社長3位 5億円・AKB48+秋元康・似鳥昭雄ニトリ社長5位 4億円・SMAP6位 2億円・久米宏7位 1億円・イチロー選手(マリナーズ)8位 約8200万円(100万ドル)・グウェン・ステファニー・サンドラ・ブロック・松坂大輔投手(レッドソックス)・ラミレス選手(巨人)12位 8000万円・宇多田ヒカル13位 約7300万円(10億ウォン)・ペ・ヨンジュン14位 約5100万円(7億ウォン)・イ・ビョンホン15位 5000万円・安室奈美恵・ダルビッシュ有投手(日本ハム)・松井秀喜選手(アスレチックス)18位 約4400万円(6億ウォン)・JYJ19位 3500万円・浜崎あゆみ20位 2000万円・GLAY21位 約1500万円(2億ウォン)・ウォンビン・ソン・スンホン・チャン・ドンゴン・チェ・ジウ・リュ・シウォン26位 1000万円・綾小路きみまろ・神田うの・キム・ヒョンテ選手(プロゴルファー)・熊川哲也・サンドウィッチマン・金本知憲選手(阪神)・城島健司選手(阪神)・藤川球児投手(阪神)・TAKURO(GLAY)・チャン・グンソク・DREAMS COMES TRUE・ひろゆき(2ちゃんねる開設者、ニワンゴ取締役)・パク・チャンホ選手(オリックス)・ビートたけし+所ジョージ40位 約730万円(1億ウォン)・アン・ジェウク・キム・テヒ・キム・ヒョンジュン・ク・ハラ(KARA)・パク・チソン選手(マンチェスター・ユナイテッド)45位 500万円・草野仁・杉内俊哉投手(ソフトバンク)・三浦大輔投手(横浜)・宮本慎也選手(ヤクルト)49位 約410万円(5万ドル)・黒田博樹投手(ドジャース)・バッバ・ワトソン選手(プロゴルファー)51位 200万円・浅尾拓也投手(中日)・品川祐(品川庄司)・谷繁元信選手(中日)・桧山進次郎選手(阪神)・森野将彦選手(中日)・吉見一起投手(中日)・和田一浩投手(中日)58位 100万円・江尻慎太郎投手(横浜)・岡本夏生・国生さゆり・杉田かおる・高島彩・中田翔選手(日本ハム)・橋本将選手(横浜)・福原愛選手(卓球)・堀江貴文元ライブドア社長・渡辺俊介選手(ロッテ)68位 50万円・粟生隆寛選手(プロボクサー)・吉田秀彦70位 33万円・蛯原友里71位 30万円・井上祐介(NON STYLE)※女性セブン2011年4月14日号
2011.04.03 16:00
女性セブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン