生田絵梨花一覧

【生田絵梨花】に関するニュースを集めたページです。

(写真/アフロ)
作家・甘糟りり子さんが20年前の自身の“失敗”から考える「LGBTQ+」問題 
 日本では10人に1人が性的マイノリティと言われる。LGBTQ+を題材にしたドラマなども増えているが、世の中の理解は進んだのだろうか。作家・甘糟りり子さんが自身の“失敗経験”からLGBTQ+に関する問題を考察する。 * * * 今年もエイプリルフールにくすっと笑えるものからどこがおもしろいのかまったくわからないものまで、いろいろな人がいろいろな嘘をついた。 アイドルグループ乃木坂46のメンバー秋元真夏さんはインスタグラムに元メンバー生田絵梨花さんとの写真とともに「この度、友人の生田絵梨花と式を挙げました」とアップして、炎上した。性的マイノリティの人をネタにしているという声が上がる一方で、何がいけないのかわからないという声もあがった。 例えば同じグループやバンド内での男女であったら、おもしろいかどうかは別として、単なるジョークで済んだはず。しかし、今はまだ同性婚を単なるジョークにはすべきではない。世の中はまだそこまで成熟していない。 件の投稿、彼女たちにレズビアンの人たちに向けた悪意があったわけではないだろう。もしかしたら LGBTQ +関連はファッショナブルという意識があったかもしれない。しかし、投稿する方の気持ちや見方なんて二の次、関係ないのである。マイノリティの当事者たちがどう受け止めるかが重要だ。 レズビアンの人が「からかわれた」「揶揄された」と思ったとしたら、それはもうアウト。投稿すべきではない。もちろん、レズビアンだっていろいろな人がいるから、そう思う人もいれば、ピックアップされてうれしいと感じる人もいるかもしれない。しかし、否定的に受け止める人がいる限り、そちらを尊重しなければならないと私は思う。そのことによって多少窮屈に感じるとしても、マイノリティの人たちを不快にさせたり、傷つけたりしないよう気を配るのがマジョリティの義務だ。エッセイ執筆のためにレズビアンの集まりを取材 こう考えるようになるまで、私はいくつかの失敗をした。レズビアンの人を傷つけてしまったこともある。かれこれ20年近く前のこと。まだ LGBTQ +(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエスチョニング、クィア)などという言葉もなく、同性愛者の人たちは今よりもっとマイノリティで、それらの人への偏見も強かった。私は異性愛者だけれど、自分には同性愛者への偏見なんか絶対にないという自負があって、エッセイのためにあるレズビアンの集まりを取材した。大いなる偏見に晒されているであろう彼女たちへの偏見を少しでも取り除きたいなんて意気込んでいた。 私は見たこと、感じたことをそのまま書いた。自分には偏見がないという自信があったから。しかし、私の文章が掲載されてから、編集者経由で届いた当事者の反応は「大変、傷ついた」というものだった。何がいけなかったのか詳しくは教えてもらえなかったが、私の「未知への世界」という形容にも拒否反応があったそうだ。未知というのが「普通ではない」と同義語であるとのことだった。 偏見はないつもりだったが、悪意はなくても無意識に偏見を抱いていたのだろう。自分の想像力のなさに落ち込んだ。そして、レズビアンの人たちへの偏見を少しでも取り除きたいという気持ちより、いい文章&おもしろい文章を書きたいという欲望の方が強かったことに気がついた。そう、私はレズビアンの人たちをネタにした。そのエッセイを「おもしろかったよ」といってくれた友人もいたけれど、いわれればいわれるほど罪悪感が増した。 あの頃から、ほんの少しだけ時代は進んで、LGBTQ +という言葉も定着しつつある。まだまだ一部だけれど。ドラマのヒット作『昨日、何食べた?』や『おっさんずラブ』も生まれ、女装家といわれる人たちが人気タレントになったりもした。 しかし、女性の同性愛者、両性愛者(バイセクシャル)、生まれた性と性自認が一致しない人(トランスジェンダー)や自分のセクシャリティを決められない、もしくは決めない人たち(クエスチョニング)については、理解どころか存在を認知されていない。こうした人たちが世間に理解され、LGBTQ +という言葉も必要なくなった時に初めて、エイプリルフールに同性婚をジョークにできるのではないだろうか。◆甘糟りり子(あまかす・りりこ)1964年、神奈川県横浜市出身。作家。ファッションやグルメ、車等に精通し、都会の輝きや女性の生き方を描く小説やエッセイが好評。著書に『エストロゲン』(小学館)、『鎌倉だから、おいしい。』(集英社)など。最新刊『バブル、盆に返らず』(光文社)では、バブルに沸いた当時の空気感を自身の体験を元に豊富なエピソードとともに綴っている。【2022年4月7日 12:39追記】 本文で、「両性愛者(トランスジェンダー)、生まれた性と性自認が一致しない人(クィア)」 との記述がありましたが、正しくは「両性愛者(バイセクシャル)、生まれた性と性自認が一致しない人(トランスジェンダー)」でした。お詫びして訂正いたします。
2022.04.06 07:00
NEWSポストセブン
透明感溢れる生田絵梨花の自撮りにファン「ま、、、眩しいッ………!」
透明感溢れる生田絵梨花の自撮りにファン「ま、、、眩しいッ………!」
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式ツイッターが更新。自撮りのオフショットが公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065860621990715392透明感溢れる姿。生田さんの自撮りに、ファンからは「心拍数が追いつけないー!」「生ちゃん、透明感が半端ない。。素敵です‥」「ホーム画面にしろという使命感がある」「ま、、、眩しいッ………!!」と絶賛の声が寄せられています。
2019.02.21 08:24
SNSのニュースメディア Insty
松村沙友理らの田舎コーデを着こなした姿に「みんな可愛すぎ」の声
松村沙友理らの田舎コーデを着こなした姿に「みんな可愛すぎ」の声
乃木坂46の深夜バラエティ番組「NOGIBINGO!10 」の公式ツイッターにメンバーの松村沙友理さんが登場。同メンバーの生田絵梨花さん、渡辺みり愛さん、伊藤理々杏さんの4ショットが公開されています。https://twitter.com/nogibingo_ntv/status/1059493149180157954大きな麦わら帽子とサロペットのおそろコーデを着こなした姿。愛らしい松村さんらに、ファンからは「みんな可愛すぎましたわ笑」「いくちゃん最高!」と絶賛の声が寄せられています。
2019.02.21 07:26
SNSのニュースメディア Insty
「素晴らしき笑顔」とファンが大絶賛 生田絵梨花のオフショットに悶絶
「素晴らしき笑顔」とファンが大絶賛 生田絵梨花のオフショットに悶絶
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式ツイッターが更新。満面の笑みを浮かべた姿が公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065858090908569600輝く笑顔の生田さんに、ファンからは「かわいすぎな♡」「毎日隣に居てほしい」「素晴らしき笑顔」「カメラマンずるないか」と反響の声が寄せられています。透明感溢れる姿にうっとりしてしまいますね。
2019.02.20 08:24
SNSのニュースメディア Insty
生田絵梨花の視線にファンがイチコロ「ほっこり癒されます」
生田絵梨花の視線にファンがイチコロ「ほっこり癒されます」
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式ツイッターが更新。清楚感溢れるオフショットが公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065857147135643648カメラを見つめる生田さんに、ファンからは「次から次へと……ありがたや、ありがたや~」「はい最強!」「目が素敵です!」「いくちゃんの視線にほっこり癒されます」と絶賛の声が寄せられています。キャミソールを着こなし素肌を見せる生田さんが色っぽいですね。
2019.02.19 08:23
SNSのニュースメディア Insty
反則級の生田絵梨花の“覗き込み”にファンが悶絶
反則級の生田絵梨花の“覗き込み”にファンが悶絶
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式ツイッターが更新。カメラを覗き込んだオフショットが公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065855786188820481満面の笑みを浮かべた生田さん。彼女感溢れる姿に、ファンからは「可愛すぎる!」「笑顔神、生田絵梨花」「こんな人が彼女だったらどれだけ幸せなことか」と絶賛の声が寄せられています。
2019.02.19 01:50
SNSのニュースメディア Insty
生田絵梨花とのデート気分を満喫 ファンは「もう絵梨花しか見えない」
生田絵梨花とのデート気分を満喫 ファンは「もう絵梨花しか見えない」
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式ツイッターが更新。彼女感溢れるオフショットが公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065854481886105600爽やかな笑みを浮かべる生田さん。デート風のオフショットに、ファンからは「たまらん、かわいい」「可愛すぎて、心が持ちません……」「もう!!絵梨花しか見えないから!」「彼女とデートなうに使っていいよ♡ってヤツですか」と反響の声が寄せられています。
2019.02.18 04:18
SNSのニュースメディア Insty
オフショットの連投にファンが「何回殺すつもりですか?」
オフショットの連投にファンが「何回殺すつもりですか?」
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」の公式ツイッターが更新。擬似デートを楽しめるオフショットが公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065852390656462848まるで手を繋いでいるようなショット。生田さんの笑顔に、ファンからは「オフショット強すぎ」「いくちゃんとデートしてる気分になれるじゃないですか!」「オフショットがオフショットじゃない件」「彼女にしたい〜」と絶賛の声が寄せられています。
2019.02.14 09:38
SNSのニュースメディア Insty
疑似デートを楽しもう!生田絵梨花の彼女感溢れるオフショットが公開
疑似デートを楽しもう!生田絵梨花の彼女感溢れるオフショットが公開
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」の公式ツイッターが更新。彼女感溢れるオフショットが公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065845604448784385視線を向ける生田さんに、ファンからは「これ以上やられると彼女かと錯覚してしまう」「どうしてそんなに可愛いの」「お!デートっぽい視点!」と絶賛の声が寄せられています。笑みを浮かべる生田さんが愛らしいですね。
2019.02.14 02:26
SNSのニュースメディア Insty
「太陽のような笑顔だ」とファンが大絶賛した生田絵梨花に注目!
「太陽のような笑顔だ」とファンが大絶賛した生田絵梨花に注目!
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式ツイッターが更新。弾ける笑みを浮かべた姿が公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065824546672889856無邪気な笑顔の生田さんに、ファンからは「ごちそう様です」「これ以上は求めないんで結婚してください」「いくちゃん可愛すぎるよ♡」「太陽のような笑顔だ」と絶賛の声が寄せられています。また、キャミソールを着こなした生田さんがセクシーですね。
2019.02.13 04:46
SNSのニュースメディア Insty
生田絵梨花の色気全開なオフショットにファンが大興奮
生田絵梨花の色気全開なオフショットにファンが大興奮
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式ツイッターが更新。キャミソールを着こなしたオフショットが公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065823681148944384色っぽい生田さんに、ファンからは「可愛いすぎます!!!」「神々しい」「神ショット」「天使や、天使がここにおる!」と絶賛の声が寄せられています。また、視線を送る生田さんに「見つめられてて画面の向こうで照れてるなう」「なんだその可愛い瞳は…」「殺しに来とるやんけ」「何回悶絶したことか…」とコメントを贈っています。
2019.02.12 02:24
SNSのニュースメディア Insty
生田絵梨花の見つめるオフショットに悶絶
生田絵梨花の見つめるオフショットに悶絶
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式ツイッターが更新。視線を送るオフショットが公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065818253660962822彼女感溢れる生田さん。生田さんの輝く瞳で見つめられたいですね。
2019.02.08 00:59
SNSのニュースメディア Insty
生田絵梨花×テディベアの最強組み合わせに心奪われる
生田絵梨花×テディベアの最強組み合わせに心奪われる
2018年11月29日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式インスタグラムが更新。ジッと見つめるオフショットが公開されています。https://www.instagram.com/p/Bqw9u5PHX_v/「テディベアと生田さん」とコメントが添えられた写真に、ファンからは「はい、可愛い♡」と絶賛の声が寄せられています。愛らしい生田さんに見つめられたいですね。
2019.02.07 01:11
SNSのニュースメディア Insty
笑顔の伝染 生田絵梨花の弾ける笑みにファン「こっちまで笑顔です」
笑顔の伝染 生田絵梨花の弾ける笑みにファン「こっちまで笑顔です」
2018年11月22日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式ツイッターが更新。オフショットが公開されています。https://twitter.com/erika_newyork/status/1065814583846129664弾ける笑みを浮かべた生田さんに、ファンからは「可愛すぎてそろそろ心が崩壊しそうです!」「何回昇天させる気だよ!」「天使」「こっちまで笑顔です」と絶賛の声が寄せられています。チラ見えする肌も色っぽくて素敵ですね。
2019.02.06 02:12
SNSのニュースメディア Insty
彼女感しかない!生田絵梨花のオフショットに釘付け
彼女感しかない!生田絵梨花のオフショットに釘付け
2018年11月29日に乃木坂46の生田絵梨花さんの2nd写真集「インターミッション」公式インスタグラムが更新。オフショットが公開されています。https://www.instagram.com/p/BqvunnUnliz/「一連の投稿は写真集のNYロケの前に、都内でテスト撮影した時のオフショットです」とコメントが添えられた写真に、ファンからは「キュート♡」と絶賛の声が寄せられています。彼女感溢れるショットに惚れぼれしてしまいますね。
2019.02.05 03:03
SNSのニュースメディア Insty

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン