村上春樹の最新ニュース/4ページ

【村上春樹】に関するニュースを集めたページです。

文科省の大学改革 教養の軽視は大きな間違いだと大前研一氏
文科省の大学改革 教養の軽視は大きな間違いだと大前研一氏
 安倍政権が、大学改革でも大きな混乱を巻き起こしている。文部科学省が国立大学に対して「人文社会科学系や教員養成系の学部・大学院の組織廃止・転換」を通知したのだ。この教育改革には“致命的な欠陥”があると…
2019.03.11 16:03
ゴクミ 貴りえ破局時「男なら男らしくしろ」と言い放った
ゴクミ 貴りえ破局時「男なら男らしくしろ」と言い放った
 イギリスのロンドン東部、シティ・オブ・ロンドンにある『バービカン・センター』で5月28日~30日まで行われた、村上春樹原作・蜷川幸雄演出の舞台『海辺のカフカ』のロンドン公演。主人公のカフカを演じた古畑新…
2019.03.11 16:20
後藤久美子 ロンドンで宮沢りえの舞台を観劇し楽屋訪ねハグ
後藤久美子 ロンドンで宮沢りえの舞台を観劇し楽屋訪ねハグ
 イギリスのロンドン東部、シティ・オブ・ロンドンにある『バービカン・センター』は1982年に開設されてから、ヨーロッパ最大の文化施設といわれている。 そんな格式高い場所で、村上春樹原作・蜷川幸雄演出の舞…
2019.03.11 16:21
爆買い中国人「戦争は過去、仲良くしてきた歴史の方が長い」
爆買い中国人「戦争は過去、仲良くしてきた歴史の方が長い」
  中国人の消費欲求が止まらない。昨年日本を訪れた中国人観光客の、「爆買い」を含む滞在中の消費額は、5583億円(前年比102%増)で訪日外国人の中でダントツ1位だった。それにしてもなぜ彼らは、これほど日本製…
2019.03.11 16:32
ピース又吉 後輩との同居では女性連れ込みOKも連れ込みなし
ピース又吉 後輩との同居では女性連れ込みOKも連れ込みなし
 お笑い芸人ピースの又吉直樹(34才)が書いた小説が話題をよんでいる。『火花』(文藝春秋/1296円)には注文が殺到し、発売前から増刷するという異例の事態となった。初速の時点で発行部数35万部とは村上春樹に…
2019.03.11 17:06
「もって生まれたもの」がない人の文章上達に役立つ名著紹介
「もって生まれたもの」がない人の文章上達に役立つ名著紹介
 作家・村上春樹氏のネットでの文章問答が話題になっている。大学院生の「どうやったら文章が上手くなるか」という質問に、「基本的にはもって生まれたもの」という回答に、「厳しい」「身も蓋もない」とネットユ…
2019.03.11 16:36
嵐山光三郎氏が選出 「人間が生きるということ」を描く3冊
嵐山光三郎氏が選出 「人間が生きるということ」を描く3冊
 毎回、評者に1人1冊を選んでもらう書評コーナー。今回は年末年始に合わせ3冊の本をピックアップしてもらった。作家の嵐山光三郎氏が「人間が生きるということ」をテーマにピックアップしたのは、以下の3冊だ。(1…
2019.03.11 15:48
浅田真央 韓国人男性の間で「女」としての人気はヨナより上
浅田真央 韓国人男性の間で「女」としての人気はヨナより上
 産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏によれば、日本人の嫌韓感情の裏に、韓国に対する日本人の「剥奪感」(サムスンの好調や、スポーツでの韓国の好調っぷりへの複雑な感情)があるとしたら、それは韓国…
2019.03.11 15:51
村上春樹が稀代のジャズマンに関する文章を選んで翻訳した本
村上春樹が稀代のジャズマンに関する文章を選んで翻訳した本
【書籍紹介】『セロニアス・モンクのいた風景』村上春樹編・訳/新潮社/2000円+税 村上春樹が持つ「音楽本」の中から、稀代のジャズピアニストに関する文章を選んで自ら翻訳した一冊。 まだ無名の頃のモンクの…
2019.03.11 15:55
「村上春樹はノーベル文学賞をいつとるのか」についての考察
「村上春樹はノーベル文学賞をいつとるのか」についての考察
 今年もまた村上春樹氏はノーベル賞が獲れなかった。いつ獲るのか、可能性はあるのか。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が語る。 * * * 2014年のノーベル賞の発表がありました。日本人では、ノーベル…
2019.03.11 15:55
ベテラン書店員が綴る 出版・書店業界の現状に迫るエッセイ集
ベテラン書店員が綴る 出版・書店業界の現状に迫るエッセイ集
【書籍紹介】『書店不屈宣言』田口久美子/筑摩書房/1620円 ベテラン書店員が、村上春樹ブームや少人数で編集するリトル・プレスが増えている雑誌の現状、若い世代に読書の面白さを広めているライトノベルなどを…
2019.03.11 16:04
地方議員政務活動費 村上春樹の本やBMWのリース代金なども
地方議員政務活動費 村上春樹の本やBMWのリース代金なども
 兵庫県議を辞職した野々村竜太郎氏の不自然な出費で一躍注目を集めたのが「政務活動費」だ。他の県議にも切手代などで疑惑が取りざたされ始めたが、病巣は全国に広がっている。 7月上旬には佐賀県の複数の県議が…
2019.03.11 16:06
夏目房之介『ノルウェイの森』読み登場人物が隣にいた気分に
夏目房之介『ノルウェイの森』読み登場人物が隣にいた気分に
 時間がたっぷりあるゴールデンウィークに読書でもいかが? マンガ・コラムニストで学習院大学大学院教授の夏目房之介さんが、絶対に読み返したい3冊を紹介します。 * * *【1】『硝子戸の中』夏目漱石/新…
2019.03.11 16:22
写真家・景山正夫氏が浮世絵の構図を参考に撮影した奇跡の桜
写真家・景山正夫氏が浮世絵の構図を参考に撮影した奇跡の桜
 浮世絵の構図を参考にして撮影し、和紙に印刷された桜──まるで絵を描くように、彩度や濃度を調整して自然な質感と色合いに仕上げられた作品は、写真というより一幅の日本画のようだ。 20年以上パリを拠点に活動…
2019.03.11 16:32
村上春樹、東野圭吾など日本の現代文学が韓国読書界を席巻
村上春樹、東野圭吾など日本の現代文学が韓国読書界を席巻
 日本に憧れ、歴史問題などで韓国の主張より日本を信じるような「イルポン(日本中毒)」現象に火がつき始めている。それは歴史のみならず、日本の大衆文化にまで及んでいる。『嘘つき韓国の正体』(小学館ポスト…
2019.03.11 16:35
クレーム社会 恐怖により自主的な行動避け国民の活力低下へ
クレーム社会 恐怖により自主的な行動避け国民の活力低下へ
 ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)、村上春樹氏の小説、缶チューハイ『キリン本搾り』のCM、全日空のCM…と、いろいろなものに対してクルームや抗議が入り、内容が変更されたり、放送が自粛されたりす…
2019.03.11 17:07
キリンビールのカエルCM クレームで自粛は判断ミスと識者
キリンビールのカエルCM クレームで自粛は判断ミスと識者
 ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)や村上春樹さん(65才)の小説『ドライブ・マイ・カー』で、「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」と火のついたたばこのポイ捨てに関する…
2014.02.13 19:56
「ヒットの発信源は辺境がキーワード」と品田英雄氏
半沢、ももクロ、クラウン、イオン 共通するヒットの法則は
 テレビ離れが叫ばれる中、今年これほどまでテレビドラマがヒットすると誰が予想しただろうか。もちろん、NHKテレビ小説「あまちゃん」とTBS日曜劇場「半沢直樹」のことである。 だが、2つの作品が人気を博した要…
2019.03.11 15:51
「2013年はあまちゃんと共にあった春夏と記憶」と坪内祐三氏
「2013年はあまちゃんと共にあった春夏と記憶」と坪内祐三氏
 社会現象ともなったNHKの朝ドラ『あまちゃん』は、8月末に平均視聴率23.9%と番組記録を更新し、大ヒットとなった。なぜかくも多くの国民が夢中になったのか。『あまちゃん』とは日本人にとって何だったのか? …
2019.03.11 16:03
韓国で『進撃の巨人』爆発的人気 居酒屋ブームで和民も進出
韓国で『進撃の巨人』爆発的人気 居酒屋ブームで和民も進出
 黒田勝弘氏は1941年生まれの産経新聞ソウル駐在特別記者。著者に『韓国人の歴史観』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ刊)がある。黒田氏が韓国国内の最近の動きと日本との…
2019.03.11 16:10

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン