藤木直人一覧

【藤木直人】に関するニュースを集めたページです。

『ハケンの品格』、再放送視聴率はなぜ振るわなかったのか
『ハケンの品格』、再放送視聴率はなぜ振るわなかったのか
 新型コロナウイルスの感染拡大によって、春ドラマの撮影スケジュールが大幅に変更。撮影ができなくなくなった結果、人気ドラマの再放送が相次ぐこととなった。当然、過去の人気作なのだから、再放送でも高視聴率を叩き出すものが多かったが、一方であまり振るわなかったドラマもある。 リアルタイム放送時に大ヒットした篠原涼子(46才)主演の『ハケンの品格』(日本テレビ系、2007年、再放送は水曜22時)は、視聴率が2桁を記録することもあったが、まさかの1桁に落ち込むことも。同作は、本来ならばこのタイミングで続編が放送されるはずだったが、コロナ禍を受けての予定変更で、思わぬつまずきになってしまった。「この13年で働き方は大きく変わりました。描かれている派遣社員に対するいびりやいじめも、いまの世の中では絶対に許されません。時代にそぐわない描写が違和感を生んでしまい、視聴者離れにつながってしまったのだと思います」(ドラマ評論家の田幸和歌子さん) 今後放送される続編では、そうした違和感を払拭できるかどうかがカギになりそうだ。 竹内涼真(27才)が主演したミステリー『テセウスの船』(TBS系、2020年、再放送は毎日23時56分・24時20分)は、二転三転して犯人の予想がつかない展開が好評で、リアルタイム放送時には最終回で19.6%を記録。だが再放送は話題性を欠いている。ドラマ評論家の成馬零一さんはこう話す。「3月に最終回を放送した直後の5月に再放送。いくら好評だったドラマとはいえ、あまりにも近すぎたのでしょう」 山崎賢人(25才)や藤木直人(47才)が出演し、医療現場をきめ細かく描いた『グッド・ドクター』(フジテレビ系、2018年、再放送は木曜22時)も苦戦する。「当時の評判はよかったのですが、新型コロナによって医療現場が大きく変わってしまったことで、ドラマの内容に“現実はそれどころじゃない!”と、感情移入しにくくなったのが原因ではないでしょうか」(テレビ解説者の木村隆志さん) 再放送は新作を撮影できない中での苦肉の策だった。しかし、想定外の動きも出始めた。「あのドラマも、もう一度見たい」というリクエストが増えている。 熱望する声が多いのは、木村拓哉(47才)と山口智子(55才)が出演し、最終回で36.7%を記録した『ロングバケーション』(フジテレビ系、1996年)、トレンディードラマの元祖ともいわれ、その後、明石家さんま(64才)と大竹しのぶ(62才)が結婚するきっかけとなった『男女7人夏物語』(TBS系、1986年)、織田裕二(52才)と石黒賢(54才)がライバル外科医を演じた『振り返れば奴がいる』(フジテレビ系、1993年)、松嶋菜々子(46才)の代表作『やまとなでしこ』(フジテレビ系、2000年)など、名作と呼ばれる作品だ。 これらが再放送されるなら、新作の撮影が遅れるのもそう悪くないかも。※女性セブン2020年6月25日号
2020.06.12 16:00
女性セブン
歌手デビューしイケボとしても反響がある高橋一生
役者と歌手の「二刀流」が増加中、高橋一生・田中圭他多数
 イケメンで演技力も折り紙つきの俳優たちが今こぞって進出しているのが、歌謡界。自身が出演するドラマの 主題歌を歌ったり、ミュージカルで見事な歌唱力を披露したりと、歌手顔負けどころかもはや歌手そのものとして華々しく活躍している。 才能溢れたイケメンたちを集めた“マルチ俳優美術館”へようこそ。◆高橋一生(38才)今年4月、出演ドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系)の主題歌『きみに会いたい-Dance with you-』でデビュー。プロデュースは高橋が“敬愛する”というエレファントカシマシの宮本浩次だった。◆田中圭(35才)驚きの展開が話題となったドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)で役名・手塚翔太として主題歌『会いたいよ』をリリース。◆星野源(38才)俳優よりも歌手としてのデビューが先で、自身が出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の主題歌『恋』はダンスとともに社会現象に。◆菅田将暉(26才)歌手・米津玄師がプロデュースした『まちがいさがし』は各音楽配信サイトで1位に輝くなど実績充分。◆三浦春馬(29才)ミュージカル『キンキーブーツ』ではど派手なドラァグクイーンでのパワフルな歌唱が話題に。◆福山雅治(50才)『HELLO』『桜坂』『家族になろうよ』などヒットソングをいくつも生み出し、“歌手で俳優”の冠がピッタリ。◆桐谷健太(39才)CMで歌った『海の声』が爆発的ヒット。2016年にはNHK紅白歌合戦にも出場した。同CMでは多数の楽曲で美声を聴かせる。◆反町隆史(45才)1997年に『Forever』で歌手デビューし、同年末にはNHK紅白歌合戦出場も。『POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~』は自身4枚目のシングル。◆織田裕二(51才)主演を務めた大ヒットシリーズ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)主題歌の『Love Somebody』などドラマ主題歌も多数。◆藤木直人(47才)実は今年歌手デビュー20周年を迎えた大ベテラン。台湾など海外でもライブを開催し多くのファンを動員。※女性セブン2019年10月24日号
2019.10.16 07:00
女性セブン
広瀬、松嶋、藤木… 『なつぞら』出演者の打ち上げ私服姿
広瀬、松嶋、藤木… 『なつぞら』出演者の打ち上げ私服姿
 記念すべき朝ドラ100作目となるNHK連続テレビ小説『なつぞら』は舞台を東京に移し、ヒロイン・なつは夢に向かって歩き出す! そんななつの上京に合わせるように、都内でますますの好調を願って、出演者たちが渋谷センター街奥に位置するダイニングバーに集まり、“中打ち上げ”を開催した。その場に集まった、出演者たちの私服姿をチェックする。◆柴田富士子役:松嶋菜々子(45才) 大きな愛でなつを包む“富士子”は、ふわっとしたペイズリー柄のロングスカートと革ジャンのメリハリコーデ。なつと同じペタンコサンダルは、仲よし母娘らしく“双子コーデ”!?◆奥原なつ役:広瀬すず(20才) 劇中ではどこか素朴さが残るなつだが、夜の街では黒のワンピースに身を包んで大人っぽく。なつよ、東京ではどんな出会いが待っている!?◆柴田剛男役:藤木直人(46才) 劇中では丸めがねがトレードマークの藤木だが、この日はスクエアフレームめがねで都会的な印象に。淡い色の上下をジャケットで引き締めてさわやかに。◆柴田泰樹役:草刈正雄(66才) 名言連発で一躍人気者となった“おんじ”。なつの上京は「寂しくなるなあ~」(自身のブログより)だそう。ベースボールキャップにスニーカーがこんなに似合うおんじは他にはいません。◆柴田夕見子役:福地桃子(21才) 北大に合格した夕見子にネット上では早くも「夕見子ロス」の声が。哀川翔(57)を父にもつ福地はマスクで“身バレ対策”は慣れたもの!?◆坂場一久役:中川大志(20才) なつの同僚・坂場一久として東京編から登場する。179cmの身長もさることながらビッグサイズのオレンジロンTが目を引きます。◆森田桃代役:伊原六花(19才) なつと同じアニメーション会社に入社し、なつの親友となるモモッチこと森田桃代を演じる伊原。黒のロンパースに白のレース合わせでレディライクに。◆阿川砂良役:北乃きい(28才) 十勝の森の中で父親と2人で暮らす砂良がなつを救い、上京に迷うなつの背中を押した。なつと同じ黒のロングワンピはお揃い? それともかぶっちゃった?※女性セブン2019年6月6日号
2019.05.25 07:00
女性セブン
『なつぞら』が絶好調、渋谷センター街で異例の「中打ち上げ」
『なつぞら』が絶好調、渋谷センター街で異例の「中打ち上げ」
 泥酔した若者の声が明け方まで響き渡る東京・渋谷のセンター街。5月中旬の夜、この“眠らない街”の一角に、数台のワンボックスカーが停車した。続々と降りてきたのは、夜の街には似つかわしくない“朝の顔”──。「実はその日、NHKの連続テレビ小説『なつぞら』の“中打ち上げ”が行われていたんですよ。『なつぞら』は、4月には最高視聴率となる23.6%を記録し、5月に入っても20%超えを連発するなど絶好調。現場のムードもよく、懇親会という名目で、撮影期間中に打ち上げが開催されたそうです。 ヒロインのなつを演じる広瀬すずさん(20才)はもちろん、松嶋菜々子さん(45才)、藤木直人さん(46才)、草刈正雄さん(66才)ら前半の主要キャストや、スタッフなど合わせて120人ほどが集結。お店を貸し切りにして、3時間ほど盛り上がりました」(NHK関係者) 朝ドラの打ち上げは5つ星ホテルの宴会場などで行われることが多かったが、今回会場となったのは、センター街の奥に位置するダイニングバー。普段は洋楽のヒップホップが大音量で流れ、外国人や学生たちでごった返す。店内のダーツを楽しみながら、ナンパに興じる客も見かける店だ。 ピザやポテトフライなどの食事のコースに飲み放題がついて3500円~と、いかにも若者向きでコスパがいい。「スタッフのお気に入りの店で、NHKから近いということもあって白羽の矢が立ったそうですが、松嶋さんや草刈さんがこの店にいるのは違和感がありましたね(笑い)。ただ、費用の面では助けられた人も多かったようです。国民の受信料で成り立っているNHKのドラマの打ち上げは会費制で、出演者も含め参加者全員から徴収するのですが、会場がホテルだと1人6000円はとられるところ、今回は4000円で済んだので」(前出・NHK関係者) 異例だったのは会場だけではない。実は、朝ドラの撮影中に打ち上げが行われること自体が珍しいのだという。「クランクアップ後の打ち上げは毎回行われますが、中打ち上げなんて朝ドラではそうそうありません。というのも、朝ドラの撮影はかなり過酷。ヒロインは肉体的にも精神的にも追い込まれるので、飲み会に誘えるような雰囲気ではないんです。その点、すずちゃんは、のびのびと演じていて余裕が感じられる。だからこそ、自然と『親睦会をしよう』という流れになったのかもしれません」(芸能関係者) 広瀬だけでなく、脇を固める俳優陣の熱演も高視聴率の要因だろう。中でも、草刈演じる泰樹は数々の名せりふが話題を呼んでいる。「草刈さん自身も台本を読むたびに涙しているほど。打ち上げ終盤には、草刈さんが締めの挨拶をしたそうです。泰樹を彷彿とさせる感動的なスピーチでしたが、会場の音楽に消されて聞こえなかった人もいたみたいですよ(笑い)」(前出・NHK関係者) クランクアップの暁には、きっと超豪華な打ち上げが催されるはず。ドラマのナレーション風に言うなら「ああ、なつよ、その日を夢見て、来週に続けよ」というところか。※女性セブン2019年6月6日号 
2019.05.23 07:00
女性セブン
『なつぞら』に主演する広瀬すず
朝ドラ原点回帰の『なつぞら』、キャスティングに5つの保険
 早くも話題を呼んでいる新しいNHK連続テレビ小説『なつぞら』。朝ドラ初となる全編アニメーションのオープニングなど新しい試みが話題になっているが、そうしたチャレンジのカゲで、NHKは失敗しないようにキャスティングではしっかり保険をかけていたようだ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 前作『まんぷく』が好評のうちに幕を閉じ、4月1日から新たな朝ドラ『なつぞら』がはじまりました。同作は記念すべき100作目の朝ドラであり、NHKにとっては、絶対に失敗できないアニバーサリー作。初回視聴率が22.8%(ビデオリサーチ、関東地区)を記録するなど、順調なスタートを切ったことで胸をなでおろしているのではないでしょうか。 放送開始前、制作サイドは「困難に負けずひたむきな朝ドラらしいヒロインを描く」という原点回帰の方針を掲げていました。近年のヒロインは、『まんぷく』今井福子(安藤サクラ)のような天真らんまんなタイプ、『半分、青い。』楡野鈴愛(永野芽郁)のようなユニークなタイプ、『ひよっこ』谷田部みね子(有村架純)のようなドジなタイプなど、いずれもマイペースな印象。それだけに「両親を戦争で失い、引き取られた北海道の牧場で必死に働く」という『なつぞら』のヒロイン・奥原なつは、かつての朝ドラに戻ったような感があります。 近年、苦労を苦労と感じさせないようなマイペースなヒロインが多かったのは、「苦労が続く重苦しい展開を避けたがる現代の視聴者に対応しよう」という理由からでした。つまり、時代に合わせてヒロインのキャラクターや作風を変えていたのであり、その意味で『なつぞら』の原点回帰は、リスクのあるチャレンジになります。 しかし、そこはさすがNHK。前述したように「絶対に失敗できない100作目」だけに、リスクを軽減すべく、キャスティングで5つの保険をかけていたのです。◆7人の歴代ヒロインと10人のイケメン俳優 1つ目は、ヒロインに若手屈指の知名度と演技力を併せ持つ広瀬すずさんを起用したこと。前作『まんぷく』を飛び越える形で、約1年4か月前の2017年11月に早期発表されたのも、すでに人気があり、期待感を高められる広瀬さんだから成立したことです。 2つ目は、歴代の朝ドラヒロインを7人起用していること。ヒロインの育ての母親役を『ひまわり』の松嶋菜々子さんが務めるほか、2話に『娘と私』の北林早苗さんが出演し、今後も『おしん』の小林綾子さん、『純ちゃんの応援歌』の山口智子さん、『ふたりっ子』の岩崎ひろみさん、『どんど晴れ』の比嘉愛未さん、『ちりとてちん』の貫地谷しほりさんの出演が発表されています。さらに、まだまだ追加出演が期待できるでしょう。 3つ目は、幅広い年代からそろえた10人のイケメン俳優。ヒロインの養祖父役に草刈正雄さん(66歳)、養父役に藤木直人さん(46歳)、アニメーション編の作画監督役に井浦新さん(44歳)、兄役に岡田将生さん(29歳)、幼なじみ役に山田裕貴さん(28歳)と工藤阿須加さん(27歳)、ヒロインに絵を教える友人役に吉沢亮さん(25歳)、養父の長男役に清原翔さん(26歳)、友人の兄役に犬飼貴丈さん(24歳)、アニメーションの同僚役に中川大志さん(20歳)が発表されています。 4つ目は、舞台となる北海道出身の演劇ユニットTEAM NACSの音尾琢真さん、安田顕さん、戸次重幸さん。3人はドラマのPRにもひと役買うなど、序盤の物語に大きく貢献していますし、残る森崎博之さんと大泉洋さんの出演も噂されています。 5つ目は、語り(ナレーション)を内村光良さんが務めること。内村さんにとってドラマのナレーションは初挑戦であり、昨年大みそかに総合司会を務めた『第69回紅白歌合戦』の生放送中にサプライズ発表されたことからも、期待の大きさがうかがえます。◆総力を結集した“NHKフルキャスト” 特徴的なのは、朝ドラに限らずNHKのドラマにゆかりのある俳優が多いこと。大河ドラマ『真田丸』で真田昌幸を演じ、主役級の活躍を見せた草刈正雄さんを筆頭に、大河ドラマ『平清盛』で出演兼ナレーションに抜てきし、昨秋の『昭和元禄落語心中』で主演を務めた岡田将生さん、NHKのお笑い部門をけん引する『LIFE!~人生に捧げるコント~』の座長・内村光良さん。いずれもNHKの作品が代表作のひとつになっています。 その他のキャストでも、朝ドラ『あさが来た』の眉山惣兵衛役が記憶に新しい柄本佑さん、『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のヒロイン子役・平尾菜々花さん、『洞窟おじさん』で主演を務めたリリー・フランキーさん、20作超のNHKドラマに出演してきた小林隆さん、大河ドラマ3作ほかNHKドラマの出演が多い染谷翔太さん、さらに『べっぴんさん』『植木等とのぼせもん』らに出演した子役・粟野咲莉さんがヒロインの幼少期を演じるなど、まさに“NHKフルキャスト”。総力を結集している様子が伝わってきますし、今後もNHKにゆかりのある俳優が追加発表されていくでしょう。「NHKのドラマを見てきた視聴者になじみの深い俳優をそろえる」という戦略は堅実そのものであり、制作サイドにとっての保険。「ここまでやって駄目だったら仕方がない」と思えるところまで努力しているのは素晴らしいことですが、お金をかけて人を集めたことで、プレッシャーが増しているのもまた事実です。 もちろんドラマはキャストだけでなく、スタッフの力が重要なのは言うまでもありません。なかでも脚本の大森寿美男さんが、「どんなドラマティックな物語を作るのか」「豪華キャストをどう生かすのか」が成否のカギを握っていると言えるでしょう。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2019.04.06 07:00
NEWSポストセブン
辺り一面雪景色の“なつぞら”ロケ キャストの笑みに温かみを感じるファンが続出
辺り一面雪景色の“なつぞら”ロケ キャストの笑みに温かみを感じるファンが続出
4月1日スタートの連続テレビ小説「なつぞら」の公式ツイッターが更新。出演する女優でモデルの広瀬すずさん、俳優の藤木直人さんらとの集合写真が公開されました。https://twitter.com/asadora_nhk/status/1091486384026804224「先週は”日本一寒い町”がキャッチフレーズの陸別町でロケ見学会が行われました。辺り一面、雪景色です!」とコメントが添えられた写真に、ファンからは「“なつぞら”ならぬ“ふゆぞら”だね(笑)」「寒そうだけど、めちゃくちゃドラマ楽しみですっ」「お体に気をつけて頑張ってくださいね!」「皆さんの暖かそうな雰囲気にほっこりしました」と絶賛の声が寄せられています。広瀬さんは会見でヒロイン決定について問われ「え?って気持ちの方が大きくて、全部、左から右へ流れていって(笑)未だに正直実感はないですけど、今は楽しと思える時間も経っていなくて自分はどんな感じになっていくんだろうとあんまり想像がついてないです」と気持ちを明らかにしました。また、舞台となる北海道については「自然があって空気が美味しいというか、どこまでこの空気は広がっているんだろうっていうふうに北海道行くときは感じていたので、今回その空気を思う存分吸えたらいいなと思います」と語っています。
2019.02.05 04:27
SNSのニュースメディア Insty
個性的で魅力溢れるキャラクター集結!川口春奈、出演ドラマのポスタービジュアル公開
個性的で魅力溢れるキャラクター集結!川口春奈、出演ドラマのポスタービジュアル公開
1月19日からスタートする土曜ドラマ「イノセンス~冤罪弁護士~」の公式インスタグラムに出演するモデルで女優の川口春奈さんが登場。ポスタービジュアルが公開されました。https://www.instagram.com/p/BsE7_z4hTEu/「1年の始まりにふさわしい、スカっとできるホロっとできるドラマに仕上がってます」「個性的で魅力的なキャラクター、そして豪華ゲストもお楽しみにです」とコメントが添えられています。共演する俳優の坂口健太郎さん、藤木直人さんら出演陣の白で統一された衣装を着た姿に、ファンからは「楽しみにしてます!」「撮影頑張ってくださいね!」と放送開始を楽しみにする声が寄せられています。本作品は、日本テレビの11年ぶりとなる本格弁護士ドラマ。有罪率ほぼ100%の日本の裁判で、冤罪を晴らすという“奇跡”を起こすため、執念と情熱、そして科学を武器に、弁護士・黒川拓が逆転劇に挑むというヒューマン・リーガル・エンターテインメントとなっています。
2019.01.18 01:15
SNSのニュースメディア Insty
白石麻衣の好きな男性芸能人が判明!
白石麻衣の好きな男性芸能人が判明!
12月23日に乃木坂46の白石麻衣さんがトーク番組「おしゃれイズム」に出演。その際に好きな男性芸能人について語る場面がありました。https://twitter.com/mai_westcoast/status/868596176777428993番組内では白石さん率いる乃木坂46のメンバー6人が登場し、番組MC陣への“クリスマスプレゼント探し”として鎌倉と江ノ島でロケを行い、その終盤で恋愛についてのトークに発展しました。白石さんが番組MCを務めるお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也さんと俳優の藤木直人さんのどちらがタイプかと切り出し「私は上田さん一筋」と発言しました。これにメンバーの衛藤美彩さんが「男性として本当に好きなんだね?」と聞くと「好き」と好意を露わにしました。一方でメンバーの松村沙友里が「まちゅは藤木さん」「だって藤木さんが出てるドラマ観てたもん!」と続けて衛藤さんも「一緒!わかる」と2人で盛り上がりを見せると白石さんも「そんなこと言ったら私だって観てた!」とコメントし2人の輪に参加。上田さんは「結局君もそっちじゃないか!」とツッコミを入れるなど番組内は盛り上がりを見せました。
2018.12.27 08:03
SNSのニュースメディア Insty
平野レミ 義娘・上野樹里の演技見て「毎週、電話している」
平野レミ 義娘・上野樹里の演技見て「毎週、電話している」
 いよいよ佳境に突入している今シーズンのドラマ。中でも、注目を集める作品のひとつが山崎賢人演じるサヴァン症候群の小児科医・新堂湊が、上野樹里演じる先輩医師らとの交流を通じて成長していく姿が描かれる『グッド・ドクター』(フジテレビ系)だ。上野の義母・料理愛好家・平野レミさんもこのドラマのファンのひとり。 毎週欠かさず見ているというレミさんは、興奮気味にこう語る。「ドラマに出てくる役者さんって、みんな顔が小さくて格好いいしきれいだから、どうしてもリアリティーが感じられなくて、正直普段ドラマは見ないの。だけど、樹里ちゃんが出ているから『グッド・ドクター』だけはチェックしてるのよ」(レミさん・以下「」内同) ドラマには山崎以外にも、藤木直人や戸次重幸のようなイケメン俳優が出演しているが、注目しているのは“三枚目”浜野健太だという。「樹里ちゃん目当てに見ていると、気になってくるのが黒縁めがねをかけた小柄な浜野さん。あの人が出てくると、なんだか親近感がわいてホっとしちゃうのよ(笑い)」  浜野の役どころは、子供たちから大の人気者として慕われている看護師。院内のムードメーカー的存在だ。「彼がとくに素敵なのは、小児科で子供たちと接しているシーン。子供たちの演技がすごく自然なの。それは浜野さんが子供たちの良さを引き出しているからじゃないかしら。もし顔の小さい、イイ男がこの役を演じていたら、あんな自然な雰囲気は出なかったと思うのよ」 浜野に胸キュンしつつも、もちろん義理の娘である上野の演技はしっかりチェックしているレミさん。「新堂先生を一生懸命支えようとする姿を、すごく上手に演じてるでしょ?」と大絶賛。毎週、ドラマが終わるとすぐに電話して感想を伝えるのだという。「ドラマが終わって電話すると、樹里ちゃん、さっきまでとは全然違う元気な声で『もしもし!見てもらえましたか!?嬉しい!』って言うのよ。だから思わず『全然声のトーンも質も違うじゃない』って言ったら、『そりゃあ、女優ですからちゃんと演じますよ!』だって(笑い)。あと少しで終わっちゃうのはさみしいけれど、樹里ちゃんと『終わったら海外でもどこでもいいから行きましょう』って約束したから、パスポートだって取り直したわよ!樹里ちゃん、毎週あんなに一生懸命がんばってるから、早くご褒美旅行に行きたいわね。どこがいいかしら」 レミさんの長男はロックバンド・TRICERATOPSの和田唱で、2016年5月、上野と結婚した。レミさんにとって、上野は“グッド・ドーター”と言えそうだ。◇平野 レミ(ひらの・れみ)料理愛好家・シャンソン歌手。主婦として家庭料理を作り続けた経験を生かし、”シェフ料理”ではなく、”シュフ料 理”をモットーに、テレビ、雑誌などを通じて数々のアイデア料理を発信。また、講演会、エッセイを通じて、明るく元気なライフスタイルを提案。 進化したレミパン「レミパンプラス」やエプロンなどキッチングッズの開発も行う。東京生まれ。
2018.09.09 16:00
NEWSポストセブン
亀梨和也 主演ドラマの決起集会で「タクシー代は俺が」
亀梨和也 主演ドラマの決起集会で「タクシー代は俺が」
「ガンガンお酒が進んで、ウーロンハイ用のウーロン茶が足りなくなってしまったほどでした。輪の中心にいた亀梨さんは終始上機嫌で、共演者はもちろんのこと、裏方スタッフにも積極的に声をかけて盛り上げていました」(会の参加者) 名物の赤みそ鍋を求めて普段は明け方まで客足の絶えない都内のチェーン店居酒屋を貸し切って、1月9日、ドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)の新年決起集会が行われた。 母を死へ追い詰めた相手への復讐劇という手に汗握るサスペンスの同ドラマ。主演の亀梨和也(31才)を筆頭に、栗山千明(33才)や藤木直人(45才)、杉本哲太(52才)、橋本環奈(18才)、林遣都(27才)、Hey! Say! JUMPの髙木雄也(27才)など豪華な面々が集まった。「その夜は初回放送日で、店内の大型テレビで鑑賞会をしたんです。打ち上げで最終回を見るのは最近の流行りですけど、初回というのは珍しい。それだけ、亀梨さんはじめ全員のドラマへの思いが強いんでしょうね」(前出・参加者) 店の貸切時間は、放送終了直後の夜10時半まで。ところが、熱気が冷める様子はない。「そこで亀梨さんが店長の手をガシッと握って、“延長お願いします!”って頼み込んだんです。その勇姿に一同大盛り上がりでした(笑い)。しかも1時間後にもまた、“延長コール”。出演者のかたが自らそんな段取りをしてくれて、終わらせたくないっていう気持ちが伝わってきました」(前出・参加者) 何度かの延長を繰り返し、亀梨がお開きの挨拶に立ったのは、もう日付が変わろうかという頃だった。「“スタッフのみなさんのおかげで気持ちよく撮影させてもらっています”という亀梨さんの言葉にスタッフはジーンときてました。最後は“4月に東京ドームでKAT-TUNのツアーがあります! 皆さん来てください!”とドラマへの意気込みに加えて、再始動したKAT-TUNへの思いも忘れていませんでした。 店を出てからも亀梨さんはハイテンションで、店の前でタクシーを待つスタッフたちに“タクシー代は出すよ!”って太っ腹な男気を見せてました。すかさず髙木さんが“領収書は亀梨で!”って合いの手を入れて、最後まで笑いが絶えませんでした」(前出・参加者) 亀梨の同局ドラマの主演は11年ぶり。“思いっきりブチ破る”ほどの情熱を感じた夜だった。※女性セブン2018年2月1日号
2018.01.20 07:00
女性セブン
イクメンから不倫男まで 隠れブレイク田中圭の“女房力”
イクメンから不倫男まで 隠れブレイク田中圭の“女房力”
 今年、多くの俳優がブレイクしたが、そのなかにひとり“隠れブレイク”とも言うべき人がいる。田中圭(33才)がその人で、幅広い役柄でドラマに起用されているのだ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその魅力に迫る。 * * * 現在放送中の秋ドラマで、意外なキャラクターが人気を集めています。 そのキャラクターは、『民衆の敵 ~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)で田中圭さんが演じる佐藤公平。妻の佐藤智子(篠原涼子)が市議会議員となり市民のために戦う一方、公平は「転職を繰り返すフリーターだったが、上司と口論して退職してしまい、専業主夫になる」という頼りない男性です。 いわゆる“ダメ男”にもかかわらず女性たちの支持を集めている理由は、笑顔で子育てに励むイクメンぶり。専業主夫として、家事や子どもの送り迎えをこなす姿に、「癒される」「かわいい」という声が続出しているのです。 田中圭さんは中性的なルックスから、「温厚なキャラクターばかりを演じている」と思われがちですが、決してそんなことはありません。高橋一生さんと竹内涼真さんが「2017年のブレイク俳優」なら、田中圭さんはドラマ10作に出演した「2017年の隠れブレイク俳優」であり、さまざまな役柄を演じました。◆「イクメン夫」が似合う俳優の需要増『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)では不倫に走る男・丸井良男、『恋がヘタでも生きてます』(日本テレビ系)ではニューヨーク帰りの敏腕社長・雄島佳介、『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)では主人公の片腕として活躍する刑事・刑部公平、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)では結婚詐欺に遭うなど悩みを抱える医師・森本光など、想像以上に役柄の振り幅が広いのです。  なかでも今作の「イクメン」という役柄は、視聴者の持つ「俳優・田中圭」のイメージに合致するため、反響が大きくなっているのでしょう。 また、近年「女性が仕事で活躍し、男性がそれを支える」という作品が増えているため、「イクメンの似合う俳優が夫役にキャスティングされやすい」という傾向があります。実際、今年の作品でも『下剋上受験』(TBS系)の阿部サダヲさん、『母になる』(日本テレビ系)の藤木直人さん、『セシルのもくろみ』の宇野祥平さんがイクメンを演じました。その意味では、今後も田中さんに同様のオファーが届くでしょう。◆「穏やか」「受け身」からのギャップ 田中さんの持ち味と言えば、男性ながら“女房役”をイメージさせる演技。『民衆の敵』では文字通り専業主夫を演じていますが、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)では不倫相手の鳥居小雪(大島優子)、『恋がヘタでも生きてます』では部下で恋人の茅ヶ崎美沙(高梨臨)、『警視庁・捜査一課長』ではリーダーシップの強い上司・大岩純一(内藤剛志)の女房役と言える立ち位置から、相手を引き立てるような抑えた演技を見せました。 さらに、女房役のような立ち位置に回れるからこそ、「ギャップを生み出せる」のも魅力の1つ。ふだんは視聴者に「穏やか」「受け身」のキャラクターと思わせておきつつ、時折「ドキッ」とするような言動をすることで、ギャップを感じさせてくれます。 たとえば、『東京タラレバ娘』では理想的な男性と思わせておきつつ、時折不倫を開き直るような言動をしていましたし、『恋がヘタでも生きてます』では穏やかな物腰ながら、突然ヒロインに強引なアプローチをするシーンがありました。基本的なポジションが「穏やか」「受け身」の分、ギャップが大きくなり、必然的にSNSでの反響も大きくなるのです。◆“二番手の男”から“一番手の男”、そして主演へ 今後も女房役という立ち位置のオファーは多いでしょうが、「主演の田中圭も見たい」という待望論があるのも事実。実は着々と、その立ち位置が近づいてきているのです。  田中さんは長年、『アイムホーム』(テレビ朝日系)でヒロイン・家路恵(上戸彩)の元恋人で未練を持つサッカークラブのコーチ・本城剛、『家族ノカタチ』(TBS系)でヒロイン・熊谷葉菜子(上野樹里)の元夫・高瀬和弥のような“二番目の男”を務めてきました。しかし、前述したように、今年は“一番手の男”として好演を連発するなど、明らかに立ち位置が上がっているのです。 過去作で印象的だったのは、2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK)。田中さんは石田三成を熱演して、終盤には主役級の存在感を見せましたが、来年はそのような演技を見せてくれるのではないでしょうか。2017年の隠れブレイクをきっかけに、2018年は田中さんの新境地が見られるのでは、と期待しています。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2017.12.01 07:00
NEWSポストセブン
相手役は常に10歳以上 年上俳優キラー・永野芽郁の強み
相手役は常に10歳以上 年上俳優キラー・永野芽郁の強み
 今後の活躍が期待される次世代の女優のひとり、永野芽郁(17才)。来春スタートの連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインに抜擢されたことでますます注目が集まっている。ドラマ通の間で彼女は、“年上俳優キラー”といわれる存在だという。いったいなぜか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその理由を明らかにしながら、“女優・永野芽郁”の魅力に迫る。 * * * 今月22日、来春スタートの朝ドラ『半分、青い。』(NHK)の出演者発表会見が行われ、主演を務める永野芽郁さんの相手役は、佐藤健さんであることが明らかになりました。 会見で話題となったのは、永野さんと佐藤さんの年齢差。永野さんの17歳に対して佐藤さんは28歳であり、11歳もの年齢差があるのです。ドラマでは「同じ日に同じ病院で生まれた運命の二人」という設定だけに、どう年齢差を埋めていくのか。二人の演技プランに注目が集まるでしょう。 しかし、永野さんが年上俳優とコンビを組むのは同作だけではありません。現在放送中の『僕たちがやりました』(フジテレビ系)では29歳の窪田正孝さん(年齢差12歳)、10月公開の映画『ミックス。』では29歳の瀬戸康史さん(年齢差12歳)との恋模様が描かれています。 さらに過去を振り返っても、映画『俺物語!!』では当時32歳の鈴木亮平さん(年齢差17歳)、映画『ひるなかの流星』では当時28歳の三浦翔平さん(年齢差11歳)、イレギュラーな形ではありますが、ドラマ『こえ恋』(テレビ東京系)では当時42歳の声優・櫻井孝宏さん(年齢差26歳、紙袋をかぶった男性役)の相手役として出演する“年上俳優キラー”でした。『UQモバイル』のCMで34歳の深田恭子さん(年齢差17歳)と28歳の多部未華子さん(年齢差11歳)と三姉妹を違和感なく演じていることも含め、なぜ永野さんはこれほど年齢差のある俳優と共演しているのでしょうか。◆20代女優に負けない愛嬌と度胸 起用理由について『こえ恋』の渡邊愛美プロデューサーは、「感情豊かに変化する表情、そしていつも相手の話に真剣に耳を傾ける永野さんの姿は、まさに“ゆいこ”(ヒロイン)そのものだと感じました」とコメント。 一方、『半分、青い。』の勝田夏子制作統括は、「ヒロインは、すっとぼけ力のある女の子。永野さんのみずみずしい大らかさ、えも言われぬ愛嬌と胆力、そして北川(悦吏子)脚本にマッチした自由な演技テンポ、どれもぴったりでした。それでいて、時折ハッとするほど大人びた顔を見せ、俳優としての勘と瞬発力にも恵まれています」と絶賛していました。 ドラマ主演に抜てきした2人のコメントから分かるのは、永野さんの感情表現の巧みさ。表情がクルクル変わる愛嬌と、物おじせず年上俳優の演技についていける度胸は、20代女優にも負けないものがあるのです。 作品によって「ピュアな少女」と「イマドキの女子高生」を演じ分けられるのも魅力の1つ。異なるキャラクターを演じ分けられるのは、小学生時代から現在までモデルとしてさまざまな衣装とヘアメイクで、カメラに撮られ続けてきたからでしょう。「演技のテクニックがある」というより、「佇まいそのものでリアリティを持たせている」という印象を受けます。 また、視聴者の年齢層が上がっているテレビ業界において、永野さんのような昭和の面影を残す顔立ちは好感度大。『カルピスウォーター』『積水ハウス』などのCMに出演していることからも、年齢層を超えて受け入れられやすいルックスであることがわかります。◆17歳でスターになった上戸彩の再来か もう1つ忘れてはいけないのは、20代後半の俳優との好相性。前述した佐藤健さん、窪田正孝さん、瀬戸康史さんと永野さんが対峙しても、顔や身長などのバランスがよく、10歳以上の年齢差を感じさせず、甘酸っぱいムードを醸し出せるのです。 その甘酸っぱいムードを象徴しているのはキスシーン。10歳以上年上の俳優とキスシーンをすると必然的にいやらしいムードになりがちなのですが、永野さんにはそれがありません。そもそも女子高生女優であるにも関わらず、年上俳優とのキスシーンに挑める思い切りの良さも同世代にはない強みであり、特筆すべきと言えます。 朝ドラは、ひと回りどころか、ふた回り以上年上の多くの中堅・ベテラン俳優に囲まれて芝居をするだけに、ますますその強みが磨かれるでしょう。このまま順調な女優業を歩んでいけば、10代のうちに刑事や医師などさまざまな職業を演じる機会が得られるのではないでしょうか。 つまり、“年上俳優キラー”であることは大器の証。2000年代前半、上戸彩さんは永野さんと同じ17歳のときに『高校教師』(TBS系)で藤木直人さん(年齢差13歳)、『ひと夏のパパへ』(TBS系)で北村一輝さん(年齢差16歳)、18歳のときに『エースをねらえ』(テレビ朝日系)で内野聖陽さん(年齢差17歳)と共演してスターダムに駆け上がりました。朝ドラヒロインの抜てきもあり、永野さんには上戸さんをも上回るステップアップが期待されています。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2017.08.27 07:00
NEWSポストセブン
竹内涼真、ムロも 女性に語りかける“男妖精CM”増加のワケ
竹内涼真、ムロも 女性に語りかける“男妖精CM”増加のワケ
 CMは時代を反映しているとよく言われるが、最近も時代を反映してかある傾向のCMが増えている。それは、イケメンの俳優たちがその商品になりきったり、執事になったりして女性に語りかけるというものだ。それらを「男妖精CM」と呼ぶコラムニストのペリー荻野さんが、増加の背景について分析する。 * * * 最近、「そこにいるわけがない男」が女性たちに語りかける「男妖精CM」が増えている。その代表が、メナードの新薬用ビューネ、竹内涼真の「ビューネくん」だ。興味深いのは、1999年に登場した初代ビューネくんの藤木直人が「バカだな、オレがいるよ」とちょっと上から男系だったのが、2代目押尾学、3代目松田翔太を経て、4代目の竹内ビューネくんには、4つのパターンがあること。 たとえば「大人ビューネくん」は、暗い部屋にひとり戻り、むっつりしたままシャワーを浴びた女性の前にすっと現れ、タオルで髪をふきふきしながら、じっと彼女を見つめる。そして語りかけるのだ。「なんか、あった?でも、肌の調子はいい感じ」。何と優しい! また「理系ビューネくん」は、友人カップルのお祝い帰りの彼女の状況を次々と分析。祝いの品が「お皿の確立95%」なんてことも予想する。この他、元気のいいエールをくれる「熱血ビューネくん」、じっと見つめて話を聞いてくれる「うなずきビューネくん」もいる。…男妖精のニーズも細分化してきているのである。 もうひとり、妖精度をアピールしているのが、グリコの「カフェオーレ執事」こと千葉雄大だ。ドラマ『家売るオンナ』で王子と呼ばれるほど住宅購入希望の女性たちに大人気の営業マンを演じた千葉は、このCMでは、茶色の執事の姿でにっこり。 その手の上には、スーツの上着を脱いでバッグを横に置き、ソファに腰かけたミニチュアサイズの女性が。そこで千葉は、「ひとゆるみしない? カフェオーレでごゆっくり」とお薦めする。女性はその言葉通り、カフェオーレを一口飲んで、ほーっとした表情に。千葉がカメラに向けてバッチリ妖精目線なのも面白い。 また、個性派では、ムロツヨシのマンガアプリ『ピッコマ』CM。黄色い眼鏡をかけたムロは、ピッコマの化身として、自宅でスマホ片手にマンガを読む女性の横で、マンガを朗読する。恋愛マンガでドキドキさせたり、恐怖マンガでハラハラさせたり。ムロらしいリアルかつ盛り上げ型の演技が見物だ。 男妖精CMの特長は、主役である女性たちをどこまでも楽しませたり、励ましたり、癒したりすること。本来、女性ターゲットの商品は、女性のイメージキャラクターが「私も使ってます」と共感を喚起するものが多いが、その場合、キャラクターのイメージが強すぎて、「あのタレントは嫌い」となると、かえって逆効果ということもありうる。その点、立場が異なる妖精ならば、共感のゴリ押しもなく、受け入れられやすい。 思えば、嵐の松本潤と相葉雅紀出演の「ジュレーム」のCMも締めくくりは「ジュレーム!!」と叫ぶのが定番。あれを女性キャラがやったら、イメージは全然違うものになっていたはず。「ゆうちょ」ではゆうちょの化身、ゆうちゃんこと本木雅弘、「アフラック」では2万年生きた男加藤諒なども妖精度が高い。ナイスな男妖精たちが、そっといいモノを薦めてくれたら、それが心地よい。モノと情報があふれる今、この傾向はまだまだ続きそうだ。「男性タレントは妖精になったら一人前」そんな時代もくるかもしれない。
2017.08.09 07:00
NEWSポストセブン
草なぎ剛 1月新ドラマに「新たなスタート」と意気込む
草なぎ剛 1月新ドラマに「新たなスタート」と意気込む
 年内で解散することが決まっているSMAP。その解散直後となる来年1月には、草なぎ剛(42才)主演ドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)が始まる。『嘘の戦争』は、昨年1月に放送された『銭の戦争』に続く『復讐シリーズ・第2弾』という位置づけ。草なぎが演じるのは、幼い頃に殺人事件で家族を失った、嘘のうまい天才的詐欺師。無理心中として片づけられた事件の真犯人を捜し出して復讐を遂げるため、名前を変えて偽の経歴を手に入れ、目的を果たそうとする、手に汗握るスリリングなストーリーだ。 詐欺の相棒には水原希子、見習いにはSexy Zoneの菊池風磨が顔を揃え、キーマンの会社経営者に藤木直人、その妹に山本美月といったメンバーが名を連ねている。「出演者こそ草なぎさん以外は入れ替わりましたが、スタッフはほとんど前作と同じ気心知れたメンバーです。視聴率が厳しい時代に15%を超えた人気ドラマの“第2弾”とあって現場もクランクイン前から盛り上がっています」(ドラマ関係者) 草なぎも意気込む。「出演者顔合わせの時に草なぎさんは“この作品が新たな草なぎ剛のスタートです。それを皆さんに支えてもらい、一緒に仕事をできることがうれしい”と挨拶。SMAPという肩書が外れての初仕事への強い思い入れは周囲にも伝わり、スタッフは“あの大人しい草なぎさんがここまで熱い気持ちを吐露するのは珍しい”と士気も高い」(芸能関係者) 来年1月には木村拓哉(44才)主演の『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)もスタート。SMAP解散騒動が影響して、両ドラマとも苦戦するのではないかという見方もあるが、別のテレビ局関係者は一蹴する。「放送3か月も前から話題になるドラマなんて前代未聞。それぞれの局のバラエティーや情報番組に番宣で引っ張りだこになるでしょうし、“元SMAP”の2人が同時に主演するという注目度を考えると、平均視聴率20%超えもありますよ」※女性セブン2016年12月8日号
2016.11.25 16:00
女性セブン
学園祭イケメン トップ3は賀来賢人、玉木宏、佐藤健
学園祭イケメン トップ3は賀来賢人、玉木宏、佐藤健
「まわる~まわる~よ時代はまわる~」 城田優(30才)が、中島みゆきの名曲『時代』を歌いながら、ひとりの女性の周りを一周すると、腰に手を添えて後ろから包み込むようにハグ。すると会場からは「キャー!」という悲鳴に近い歓声があがる。観客のほとんどが30~40代の女性だ。 「色気がすごい! 優くんとの距離が近すぎて危険!」(35才主婦)「優くんはノリがよくて最高。舞台の凜々しい表情とのギャップが見られてよかった! 生歌も披露してくれてチケット代500円なんてお得ですね」(41才主婦)  10月9日、学習院女子大学(東京)の学園祭での一コマ。学園祭では今、イケメン俳優のトークライブが大人気。今年だけでも北は北海道から南は長崎まで、俳優たちが全国50校以上の大学を回るというから驚きだ。 賀来賢人(27才)が10校、玉木宏(36才)が7校、佐藤健(27才)が7校とこの3人がトップ3。他にも藤木直人(44才)や千葉雄大(27才)、田中圭(32才)、桐谷健太(36才)など、イケメン俳優が名を連ねている。 学園祭というと歌手やバンドのライブというイメージだったが、ここ数年俳優の出演が増えているという。「俳優は抜群に集客力がいい。理由は破格のチケット料金とサービスの良さです。チケット代は高くても3000円で、中には無料の会場もあります。質問コーナーで出演者と話せたり、サイン色紙やハグのプレゼントもあるのでかなりお得ですね。ライブを機にファンになる人も多いので、出演者や事務所にとってもおいしいイベントなんです」(芸能関係者) 今月1日に名古屋女子大学で行われた賀来賢人のトークライブでは抽選コーナーが設けられ、選ばれた5人が壇上に。プレゼントはサイン入りの色紙と握手。しかしこの日はそれだけでなく、ギュッと熱いハグのプレゼントまで! 抱きしめながら「結婚してごめんね」とささやくと、妄想と嫉妬が入り混じった悲鳴が会場にこだました。 今月9日に福井工業大学で行われた学園祭には、佐藤健が登場。会場には900人を超える観客がつめかけた。佐藤にとって学園祭の出演は5年ぶり。ファンは早々から涙を浮かべながら佐藤のトークに聞き浸る。司会「佐藤さんのプロフィールを見たら、『ブレイクダンスが得意』って書いてあったんですけど」観客「踊って~~!」 佐藤「どうやらぼくのことを応援してくれる人が多いようで。知っているとは思うんですけど…絶対にやんねえよ(笑い)」  急に飛び出したドS発言に、会場からは歓声と笑いが起こった。 冒頭の城田のライブは佐藤と同日。ふたりはプライベートでも大の仲良し。東西300kmを結ぶエピソードも披露された。「彼も今日福井の学園祭に行くらしくて。昨日あいつと遊んで、2時間くらいマジカルバナナをやったんですよ。で、全然終わらなくて。“明日の学園祭はこの話で決まりだな”って話してました(笑い)」  事前に集められたアンケートを基にした質問コーナーでは、観客から思いもよらないお願いが。 城田「次の質問は…『私と結婚してください』。え? ぼく条件いろいろありますよ。まず年。いくつですか?」観客「22です!」城田「クリア。料理はできるの? クリアだね。犬は好き? それもクリア。最後に。一生ぼくだけを見続けることはできますか?」 観客「は、はい! もちろん」  公開プロポーズのようなシチュエーションに会場の熱気は最高潮に。この日だけのトークが楽しめるのも、学園祭の魅力だ。※女性セブン2016年10月27日号
2016.10.17 11:00
女性セブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン