白石麻衣一覧

【白石麻衣】に関するニュースを集めたページです。

白石麻衣、『名探偵コナン』で声優初挑戦「外国語のせりふは猛特訓しました」
白石麻衣、『名探偵コナン』で声優初挑戦「外国語のせりふは猛特訓しました」
 乃木坂46を卒業後、女優、モデルとして活躍中の白石麻衣(29才)。そして今回新たに挑戦したのは劇場版『名探偵コナン』のゲスト声優! 新境地への挑戦や私生活について、彼女の「いま」を語ってくれました。 劇場版シリーズ第25弾になる『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』で声優に初挑戦をした白石。幼い頃から家族で見ていたアニメの世界へ飛び込めることに大喜びしたというが、外国人のエレニカ役には当初戸惑いもあったそう。「外国語のせりふもあって、日本語にはない独特の発音がとても難しかったです。感情を爆発させるシーンは本当に苦労しました。でもアフレコをしながら本編の映像を見られたのは貴重な経験だったので楽しかったです(笑い)」 爆弾犯に復讐を誓う組織を統率する存在という特殊な役どころ。見どころは?「リーダーとして芯の強いかっこいい姿はもちろん、エレニカが内に秘めた大きな愛も映画を見たかたに伝わればうれしいです。幼い頃の私と同じようにお子さんはコナンくんが大好きだと思うので、ぜひお子さんと一緒に映画を見て“コナンくん、かわいかったね!”と、他愛のない話をしながら親子で楽しい時間を過ごしてほしいです」【まいやんがわかる7つのQuestion】Q1.自分はどんな性格だと思う?「基本はまっすぐで元気な性格だと思います。今回のエレニカ役など最近はリーダー気質の役柄が続きましたが、私自身は全然違います! 本来は目立ちたくないタイプ。小学生のときも委員長みたいな役割は絶対やりたくなかったです」Q2.まいやんの口癖は?「無意識に言っている口癖がたくさんあるとは思うんですが、(小首を傾げて口元へ人差し指を添えながら)う〜ん、なんだろう……。あっ、これですね(笑い)。よく『なんだろう』って言いながら、指も必ず付いちゃいます」Q3.芸能界で仲のよいお友達は?「乃木坂のメンバーや、大原櫻子ちゃんともすごく仲よしで、『会いたい!』とか『元気?』とか短い文を送り合う仲です。心を許している相手にはなんでも話せるので、ストレートに愛を伝えちゃうタイプ。もちろん愛を伝えられるのもうれしいです」Q4.最近買ったお気に入りのものは?「花瓶です! 一昨年くらいからお部屋に生花を飾るようになって、かわいい花瓶を見つけるとつい買っちゃうんです。増えすぎて花瓶だけを飾っているほど(笑い)。癒されたいときには白や緑のお花を選びますが、春になって最近はオレンジや薄いピンクのお花に惹かれています」Q5.人生の転機は?「人生最大の賭けであり転機は、乃木坂46のオーディションを受けて芸能のお仕事を始めたことです。10代の私にとってはとても大きな選択で、グループでの活動が自分を変えるきっかけにもなりました。この世界へ入らなかったら、保育を学んでいたので保育士の道へ進んでいたかもしれません」Q6.新しくチャレンジ してみたいことは?「お仕事で着物を着る機会が増えて、美しく着付けをしていただけることがとてもうれしいです。いつかは自分で着付けができたら素敵だなと思いますね。ほかにも華道や茶道など、着物が似合う和の趣味にも挑戦してみたいです」Q7.8月の誕生日で30才。どんな30代にしたい?「アイドル生活で20代を駆け抜け、グループを卒業したいまは白石麻衣の『第2章』。お仕事を第一に頑張りながら、30代はプライベートの時間を充実させていきたいです。お花のある暮らしなど日々の幸せを大切にしながら、いつか結婚をして自分の家庭を築けたらいいなとも憧れを抱いています」撮影/アキタカオリ 取材・文/渡部美也※女性セブン2022年5月5日号
2022.04.25 16:00
女性セブン
齋藤飛鳥を目撃
乃木坂46齋藤飛鳥が「はみだし肉」を! 肉食女子が本懐を遂げた夜
「隣の席に座っている女の子を見て、びっくり。めちゃくちゃ小顔で、誰かなと思っていたら、あの乃木坂46の齋藤飛鳥さん(23才)だったんです! ロングヘアもツヤツヤだし、何よりあんなに顔が小さい人は生まれて初めて見ました」 9月23日の夜、都内の人気焼肉店の常連客が、驚いた様子で語る。乃木坂46の齋藤がスタッフらしき年上男性と2人で、焼き肉をハイスピードで食べていたという。 タイトな白いTシャツ姿の齋藤は、店の名物でもあるコンロからはみ出るほど大きいカルビをペロリと食べ終えると、マスクとキャップをかぶりタクシーに乗って帰っていった。 齋藤は節目の夏を終えたばかりだった。今年は2年ぶりの全国ツアーが行われ、しかもグループ結成10周年。この日は、28枚目のシングル「君に叱られた」の発売日でもあった。「齋藤さんは、あの白石麻衣さんとはまた違った美しさでセンターを張ってきたメンバーです。小顔、美肌、そしてファッションが若い女性の憧れの対象になっています」(テレビ局関係者) そんな自慢の肌について、最近のファッション誌で齋藤は《以前はかなり手間と時間をかける方でしたが、肌の調子が悪くなった時に、それまでやっていたことをすべてやめて、お手入れをシンプル化したんです。すると、かなり調子が戻りました》と明かしていた。「齋藤さんのツヤっぽさの理由のひとつは、アレにもあるかもしれませんね」と話すのは、とある音楽関係者だ。「齋藤さんの好物はお肉です。スタッフにも何が食べたいか聞かれると、決まって『牛肉ならなんでも!』ってリクエストするそうです。コロナ禍で、久々のツアーには体力面で不安があると言っていましたが、実際にはどの公演でも絶好調でした。美肌もアイドル活動のエネルギーも、牛肉効果なのかもしれませんね」(前出・音楽関係者) 冒頭の焼肉店は、人気店だが、個室がなく、齋藤の姿は他の客からも丸見えだったという。だが、齋藤にとって何より重要視したのは美味しい肉が食べられることだったのだろう。「ツアーが終わり、CDも出せた。久しぶりに落ち着いて美味しい焼き肉を食べられたのだと思います。まさに本懐を遂げた夜、だったのでしょうね」(前出・音楽関係者) 今の乃木坂46は、大きな変革期に入っている。不動の一番人気だった白石が、昨年10月に卒業して、花の1期生も齋藤を含め7人。ある情報番組の芸能デスクは「人気メンバーの卒業など世代交代は進んでいますが、やはり齋藤さんや生田絵梨花さん(24才)らの人気は根強い。コロナもあり、ファンの前に立つ機会は減っていますが、彼女たちにはまだまだファンを魅了してほしいですね」と語る。
2021.10.05 16:00
NEWSポストセブン
【動画】白石麻衣、麻雀どんどん上達中 ルールもイチから勉強
【動画】白石麻衣、麻雀どんどん上達中 ルールもイチから勉強
 3月25日に発売されるシングルの活動をもって乃木坂46を卒業する白石麻衣さんの意外な趣味が話題となっています。その趣味とは、なんと麻雀。 きっかけは麻雀の冠番組を持つグループ同期生の中田花奈さんが麻雀を始めたときに、スタッフから「白石だったらすぐに覚えられるよ」と誘われたことでした。 白石さんは、麻雀アプリをダウンロードして仕事の空き時間などに覚えていったそう。乃木坂46関係者は「マジメにルールを1つずつ覚えていって、どんどん上達していっています」と明かしています。
2020.03.16 07:00
NEWSポストセブン
白石麻衣 持ち前のストイックさで「麻雀もどんどん上達」
白石麻衣 持ち前のストイックさで「麻雀もどんどん上達」
 3月25日に発売されるシングルの活動をもって乃木坂46を卒業する白石麻衣(27才)。現在公開中で、ヒロインを演じた映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の舞台挨拶の彼女の視線は、新たなステージを見据えているような力強い瞳だった。 2月21日、都内の映画館で壇上に立った白石。前作を上回る好スタートを切るこの作品に、手応えもあったのだろう。帰宅の際は、シックなグレーのストールを羽織って、充実の笑顔で大勢のスタッフに見送られていった。実は今、この当代一の美女アイドルの意外な趣味が話題となっている。 それが「麻雀」だ。麻雀の冠番組を持つグループ同期生の中田花奈(25才)と2人で、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」を観戦したり、2月11日放送のバラエティー番組『バナナマンのドライブスリー』のロケでは、「最近、麻雀にハマっていて、今まで携帯のアプリでしかやっていなかったので」と人生で初めて雀荘を訪問。「これならメンバーと来られる~」と大はしゃぎしていた。 きっかけは、昨年に中田が麻雀を始めたときに、スタッフから「白石だったらすぐに覚えられるよ」と誘われたことだった。そのまま麻雀アプリをダウンロードして、仕事の空き時間などに覚えていったという。乃木坂46関係者は「マジメにルールを1つずつ覚えていって、どんどん上達していっています」と明かした。 群を抜くビジュアルで、いち早く全メンバーの憧れのファッションモデルになった。前出の関係者は、「それでも8年間のグループ活動で、妬みを買わずに同期にも後輩にも慕われ続けたのは、この麻雀のように、すべてにおいてストイックに努力を惜しまなかったから。スキャンダルが一切ないし、いくら売れても勘違いせずに謙虚であり続けた。奇跡的な存在です」と続けた。 別の乃木坂46関係者は「アイドルを卒業すると、今までと違ってプライベートな時間がしっかり持てるようになるので、『絶対にメンバーと麻雀の卓を囲んでみたい』と話していますよ」と明かした。 3年前に発売した写真集『パスポート』は累計部数50万部を達成するなど、まさに国民的アイドルの彼女。卒業後はいったい誰と雀卓を囲むのだろうか。
2020.03.10 16:00
NEWSポストセブン
破竹の人気を誇るKing Gnuのメンバー
なぜKing Gnuの曲はCMや映画に引っ張りだこなのか
 音楽シーンに突如として現れた、サウンド、ビジュアルともにオリジナルセンスと完成度を誇る、“トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル”を掲げる4人組ロックバンド、King Gnu。 2019年1月にメジャーデビューし、同年のNHK『紅白歌合戦』へ初出場。『情熱大陸』(MBS制作・TBS系列2月23日放送)で7か月にわたる密着ドキュメントが放送されるなど、デビュー1年余りで破竹の進撃を続けている。 バンドは2015年にSrv.Vinci名義で活動を開始し、メンバーチェンジを経て常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。2017年春にアメリカのショーケースイベント「SXSW2017」に出演、「Japan Nite US Tour 2017」で米国ツアーを回り、4月にバンド名をKing Gnuに改め新たなスタートを切る。 同年夏には日本の代表的ロックフェスティバルFUJI ROCK FESTIVAL’17に出演を果たし、ソングライターの常田は米津玄師の楽曲「アリス(※原題は中国語表記)」に共同プロデュース・アレンジ・ギターとして参加。彼らの存在は早耳の音楽リスナーのなかで大きな話題となっていく。 翌年からその勢いは加速し始めた。2018年9月、フジテレビ系TVアニメ『BANANA FISH』のエンディングテーマである「Prayer X」を表題にしたシングルを発表。2019年1月にフルアルバム『Sympa』でメジャーデビューし、日本テレビ系 土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌「白日」がたちまち大ヒットを飛ばした。 その後もプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手が出演するANAの国内版テレビCM「ひとには翼がある」篇のCMソングとして「飛行艇」を、坂口健太郎出演のブルボン「アルフォート」のCMソングとして「傘」を書き下ろし。年末にはNHK『紅白歌合戦』に出演し「白日」をパフォーマンス。『輝く!日本レコード大賞』でも優秀アルバム賞を受賞するなど、1年足らずでJ-POPシーンに風穴を開ける存在となった。 駆け足で辿った経歴からもわかるとおり、彼らは様々な企業や作品のタイアップ曲を書き下ろす機会に恵まれている。その理由として大きく挙げられるのは、バンドが持つ「バンドサウンドという枠を超越した音のアプローチの豊かさ」と「スタイリッシュでありながらパッション溢れるロックバンドとしての姿勢」だ。 King Gnu自ら“トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル”を名乗るとおり、彼らのサウンドは、オルタナティブロック、サイケデリックロック、ハードロックなどのロックを基盤に、ジャズやヒップホップ、クラシックなど様々な音楽性を取り入れている。文字にしてみるとなにやら難解な楽曲に思えてしまうが、それをポップに色づけるのが井上陽水や山下達郎、玉置浩二といった歌謡曲を彷彿とさせる耽美なメロディだ。 そのメロディを歌うのが、常田と井口というふたりのボーカリストである。低音が艶やかに響く常田、東京藝術大学声楽科出身という実力を持つ繊細な高音が特徴的な井口と、ふたりの声のキャラクターは全くもって正反対。本来なら散漫とした印象を与えがちになるが、様々なサウンドアプローチが可能なバンドにとっては、それは武器にしかなり得ない。 たとえば彼らの代表曲としても名高い「白日」。楽曲の冒頭から井口の繊細なファルセットに焦点を当て、そこにピアノの音色を重ねることで、透明感をより際立たせる。 そのバラードのテンションで続くかと思いきやヒップホップのビートが重なり、Bメロに入る直前、ターンテーブルのスクラッチ音でファンクやヒップホップといったブラックミュージックのアプローチへとシフト。その場面転換をきっかけにメインボーカルは常田となるも、サビで再び井口の高音が飛び込み、常田の低音がそれを支える──といったふうに、King Gnuの音楽は一定のテンポ感を保ちながらも非常にカラフルな展開を見せていく。 イントロの印象と地続きの世界観を保ちながらも、非常にドラマ性の高いサウンドメイクが計算されているのだ。 さらに「白日」で言えば、井口のボーカルで始まるイントロが劇中に流れた瞬間、ドラマの主人公の心情がふっと動き出すような効果が生まれる。ひとりで始まった音楽に少しずつ音や声が重なる様子は、主人公を取り巻く環境へと景色が映っていく様子ともシンクロする。よりドラマの世界観を立体的に立ち昇らせる楽曲だ。 そしてタイアップの機会に恵まれるもう一つの理由が「スタイリッシュでありながらパッション溢れるロックバンドとしての姿勢」。King Gnuの音楽が単なる洒落たBGMにならないのは、熱を帯びているからだ。「飛行艇」はその最たる例で、ずっしりと重いビート感にサイケデリックロック的なギターのリフレインのイントロは、大空を飛んでいく雄大さだけでなく、地面を蹴り上げて飛び立っていくような力強さを感じさせる。映像のイメージを落とし込むだけでなく、人間の熱を感じさせる演奏は、より作品や商品の人間ドラマを浮き上がらせることに成功した。 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の主題歌「どろん」も、SNSミステリーという題材を充分理解したうえでサウンドが組まれた楽曲と言っていい。 マイナーコードのギターに重なる常田と井口による早口の歌い出しは静かに恐怖を突きつけるようにシリアスで、曲中にもハードロック的な重めのサウンド感やシャウトが多用されるセクションもあるなど、鬼気迫るものがある。 だがその一方、金管楽器や軽快なビートを用いて“スマホ”という身近でキャッチーな存在や、千葉雄大、白石麻衣、成田凌といった若手キャストによるポピュラルティや華やかさを投影。バンドの生のグルーヴは、恐怖に立ち向かう人間の底力を表現している。 というように、作品や商品の空気感を重要視しながらも、バンドの特性を生かしたソングライティングとアレンジ、演奏を繰り広げるからこそ、彼らは数々のタイアップ楽曲の書き下ろしを実現できる。 彼らの楽曲には音楽力と人間力の両方が不可欠であり、それが彼らがロックバンドとしてJ-POPシーンに存在できる理由と言っていいのではないだろうか。そしてその多岐にわたる選択肢を持つサウンドの調合の可能性はまだまだ未知の世界。“ニュー・トーキョー・ミクスチャー・スタイル”は、これからも新しい時代を切り拓いていくだろう。●文/沖さやこ(音楽ライター)●画像提供/ソニー・ミュージックレーベルズ
2020.03.08 16:00
NEWSポストセブン
一気に飲み干す千葉の姿も
千葉雄大、北川景子と田中圭のサプライズ登場で涙する
 千葉雄大、乃木坂46の白石麻衣、成田凌が映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の初日舞台挨拶に登場した。 この日は、2018年公開の前作『スマホを落としただけなのに』に出演した北川景子と田中圭がサプライズで登場。主演の千葉は感極まったのか涙目になると隣にいた成田からハンカチを渡され涙を拭った。 ちなみに、2人は今作でも登場する。大ヒット祈願の鏡開きも行われ、千葉は特大の盃に入れられた酒を飲みほした。
2020.02.28 16:00
NEWSポストセブン
作家の志駕晃さんと映画監督の中田秀夫さんが対談
映画『スマホを落としただけなのに』第2弾 作者&監督対談
 興行収入が19.6億円を突破し、大ヒットを記録した映画『スマホを落としただけなのに』から約1年半、続編にあたる『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が2月21日より公開される(全国東宝系にて)。今回はフリーWi-Fiにつないだことがきっかけで謎の男に命を狙われるヒロインの姿が描かれている。IT業界から転身した若き刑事を演じるのは千葉雄大(30才)。その恋人で事件に巻き込まれるヒロインを白石麻衣(27才)、連続殺人鬼を成田凌(26才)が演じ、豪華キャストの競演が話題を呼んでいる。 その一方で、すでに原作を読んだ人たちの間では、「やっぱりインターネットは怖い」という声が聞こえてくる。そんな「スマホ」の恐怖を描いた監督・中田秀夫さんと原作者・志駕晃さんは、何に脅威を感じ、この作品に挑んだのか。特別対談を行った。パスワードが盗まれる、架空請求が届く、SNSが乗っ取られる…前作に続いて、繰り返し「スマホ」にまつわるトラブルが描かれるが、2人にも、恐怖を覚えた体験はあったのだろうか。中田:いまでも忘れられないのは、インターネット黎明期で、まだ電話回線を使っていた頃のこと。パソコンを立ち上げて、いわゆる男性向けのサイトをぽちっとクリックしたら、「〇〇円支払わない場合は法的手段を取ります」という警告文がバーンと出てきたんです。もう、大パニックになりました。まだ何も見てなかったのに…です(苦笑)。志駕:映画の中でも、飯尾和樹さん演じるサイバー犯罪対策室の室長が、同じような目に遭って大慌てでしたね(笑い)。実は、ぼくにも同じような経験があります。しかも、すでにしっかり見た後だったので、なおさらマズいことになったと思ったんです(笑い)。中田:最初こそかなり焦ったものの、「待てよ? これ、ちょっと放っておいた方がいいんじゃないか?」と思い直した。振り込め詐欺と同じで、すぐにお金を振り込んではいけない。そう気がついて、冷静に対処できました。志駕:あの時代から10年以上が経ちましたが、原作の小説を書いている最中、まわりを見たら、ツイッターやフェイスブックの自分のアカウントを他人に無断で使われてしまう“乗っ取り”に遭った人が相当数いた。仲間内のふざけ半分ならまだしも、詐欺や犯罪につながり、自分が犯人にされてしまうとなると、恐ろしく感じたものです。中田:確かに、乗っ取りは恐ろしい。前作では、北川景子さんがフェイスブックのアカウントを乗っ取られて、勝手に恥ずかしい写真をアップされてしまったうえ、秘密にしていた過去も暴かれてしまった。実際、ぼくの友人も何人かがフェイスブックのアカウントを乗っ取られたことがあります。友人になりすましたアカウントから、「いまヒマ? アドレスを全部なくしたから、電話番号を教えて」というようなダイレクトメッセージが届いたんです。そのときは、なんとなく言葉遣いが変だったので「おかしい」と気づくことができました。志駕:言葉遣いがおかしいのは、外国人が翻訳アプリを使って日本人になりすますからですね。中田:そう。この先、日本語が巧みに操れる人たちが詐欺目的の乗っ取りを始めたら、かなりの数が引っかかるでしょうね。志駕:いまは犯罪も進化していて、特定の人物や企業にターゲットを絞り、メールなどを使って狙い撃ちにする『標的型』をはじめ、やり方が多様化しています。映画の中で、ベンチャー企業が仮想通貨を盗まれたのはまさにこの『標的型攻撃』を仕掛けられたから。加えて、セキュリティーの厳しい親会社ではなく、子会社や取引先を狙う『サプライチェーン攻撃』など、どんどん手口が進化していっているため、ひとたび標的にされたら防ぐのはなかなか難しい。こういう実態を知れば知るほど、「ぼくもいつ狙われるんだろう、怖いな」と常に不安です。中田:アマゾンやアップルを騙るフィッシングメールも週に1回くらいは届きます。こちらも「親愛なる顧客へ」という感じで、言葉遣いが変なのでいまのところは識別できて、被害は受けていませんが…。〈中田監督の代表作は、長い黒髪を垂らした貞子がテレビ画面から這い出てくる名場面で知られる映画『リング』(1998年)。“この世ならざるもの”が日常を侵食する怖さとは違った恐怖が、今作にはあるという。〉志駕:ぼくはなんで皆さんがこの映画を「怖い、怖い」というのか、最初わからなかったんです。だけどいろいろな感想を聞いて「なるほどな」と思ったのは「自分に起こり得る」というリアルな恐怖があるということ。前作では田中圭さん演じるサラリーマンがパスワードを誕生日に設定していたスマホを落としてしまい、すぐに読み解かれて乗っ取りに遭ったばかりか、架空請求が届いたり、住所や職場を特定され、恋人の命まで狙われました。2作目ではフリーWi-Fiをつないだだけで、仕事からデートまでどこで何をしているのか常にこっそり監視される羽目になる。「これは私かもしれない」と感じる人が多ければ多いほど、リアルな恐怖は伝染して増長するのでしょう。中田:『リング』を撮影したのは、ちょうどビデオとテレビが一家に一台ではなく、一人一台になった時代でした。だから貞子が出てくる「呪いのビデオ」が多くの人に注目されたんです。『スマホを落としただけなのに』も当時と似た、現実とのリンクを感じます。あの頃ビデオが普及したのと同じか、それ以上のスピードでスマホが普及して、いまや“第二の自分”のようになっている。1作目の撮影中に新宿の中央公園にいる人たちを観察したら、そこにいた人の100人中99人がスマホの画面とにらめっこしていた。あの瞬間、この映画はいけると確信しました(笑い)。志駕:1作目が公開されてから1年半がたとうとしていますが、この作品が、日本人のサイバーセキュリティー意識を飛躍的に高めたように思います(笑い)。映画を見て、即パスワードを変更した人、ずいぶんいたんじゃないでしょうか。中田:確かにそうですね。まず、『スマホを落としただけなのに』というタイトルに、「落とした“だけ”じゃないだろ! スマホを落としたら大変だろ!」と、ツッコミが入るようになった(笑い)。志駕:実際にみんなスマホの扱いに気をつけるようになりましたよね。中田:ぼく自身、映画を撮りながら、セキュリティー意識がかなり高まりました。ある企業のセキュリティー顧問からアドバイスをいただいて、スマホやパソコン、使っているアプリなどのパスワードを全部変えた。そのパスワードは忘れないように、手書きにして家に置いてあります。だからもし、出先でパスワードがわからなくなっても、家に帰りさえすればすべて確認できる。最後は、アナログが強いのだと実感しました。志駕:基本的に決済系のパスワードは一つひとつ別にすべきです。SNSが乗っ取られても一般人ならば被害は少ないけど、ネットショッピングのパスワードを抜かれるとかなりの実害が生じますから。中田:ただし、アナログがいいといっても、パスワードをメモしてそのままパソコンに貼っておくのは絶対にダメ。必ず、机の引き出しなど、離れた場所にしまっておいてください。志駕:セキュリティーのことでいうとよくあるのが、「このパソコンは乗っ取られたため、3時間以内にこちらのソフトをダウンロードしてください」とセキュリティーソフト自身が警告する詐欺。騙されて入力すると、さらに情報を盗まれます。脅して焦らせて、時間を刻むのが奴らの常套手段なので、そういう警告が出ても慌てないように。そもそもセキュリティーソフトが『乗っ取られました』という警告は絶対に出しません。〈SNSにまつわる恐怖は情報の流出や詐欺の被害だけではない。子供だったとしても、スマホひとつで社会とつながることができてしまう。〉志駕:スマホは身近で便利なツールですが、スマホを持つ・持たせる以上は、あらゆる危険と無縁でないことを忘れないでほしい。年齢なんて一切関係ない。出会い系やパパ活など、女性がスマホを通じて悪い男に引っかかる事件も多いので、特に女の子がいる家庭は気をつけてほしい。親子で映画を見ながら、“ここまではOKだけどここからはダメ”とモバイルリテラシーを高めてほしいです。〈いうなれば、この映画は“見るセキュリティー”。「もしスマホを落としたとしたら」という恐怖を、存分にシミュレートして、リアルの世界に生かしてほしい。〉【プロフィール】◆中田秀夫/1961年生まれ。1996年に『女優霊』で映画監督デビューを果たし、その後『リング』(1998年)、『リング2』(1999年)で日本映画界にホラーブームを巻き起こす。手がけた最新作『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』は前作からの続投。◆志駕晃/1963年生まれ。『スマホを落としただけなのに』で第15回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉を受賞し、1917年同作品でデビュー。映画に加えて、舞台版『スマホを落としただけなのに』が3月20日より東京、大阪にて上演予定。※女性セブン2020年3月5日号
2020.02.21 07:00
女性セブン
【動画】白石麻衣が明かした乃木坂46 卒業決断に繋がるできごと
【動画】白石麻衣が明かした乃木坂46 卒業決断に繋がるできごと
 3月発売のシングルでの活動をもって乃木坂46を卒業する白石麻衣さんがグループ卒業に繋がるできごとを明かしました。映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の完成披露試写会に登場した白石さん。作品について話す場面で「この作品で持っている力を出しきれたことがグループを卒業するという決断に繋がったと思います」と打ち明けました。2月21日から公開される同作品。白石さんの演技が楽しみですね!
2020.02.11 16:00
NEWSポストセブン
スマホを中心に起こる恐怖の作品の第二弾だ
白石麻衣が明かした乃木坂46卒業決断に繋がるできごと
 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の完成披露試写会が行われ、千葉雄大、白石麻衣、鈴木拡樹、成田凌が登壇した。 前作(『スマホを落としただけなのに』)から主演に“昇格”した千葉は、「主演です!」と喜びを爆発。「皆さんを引っ張っていく心がけで現場に臨んでいたのでブイブイ言わせてました」と続け、熱い撮影現場を振り返った。  また、3月発売のシングルでの活動をもって乃木坂46を卒業する白石は、「この作品で、持っている力を出しきれたことが、グループを卒業するという決断に繋がったと思います」と語っていた。公開は2月21日。撮影/平野哲郎
2020.02.10 16:00
NEWSポストセブン
永野芽郁
朝ドラ女優がCMに引っ張りだこの理由、企業の思惑と時代背景
 メディアの調査・分析を行うニホンモニターの『2019タレントCM起用社数ランキング』(2019年1月~11月)によれば、男性の年間首位は嵐の相葉雅紀と櫻井翔、お笑い芸人のサンドウィッチマン、俳優の西島秀俊が10社。女性は、16社という驚異的な数字を誇る渡辺直美が年間首位に輝いている。女性の2位以下のラインナップを見ると面白いことに気が付く。 有村架純、齋藤飛鳥(乃木坂46)、白石麻衣(乃木坂46)、広瀬すずが12社。土屋太鳳が11社。綾瀬はるか、川栄李奈、清野菜名、中村アン、吉田羊が10社。芦田愛菜、新垣結衣、浜辺美波、松岡茉優、吉岡里帆らが9社。木村文乃、高畑充希らが8社という具合に、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)にヒロインを含め重要な役柄で出演経験のある女優が少なくないのだ。 実際、朝ドラの影響は大きく、2018年前期の朝ドラ『半分、青い。』で主演を務めた永野芽郁は、同年下半期以降、野村證券、カネボウ「Free Plus」、味の素「クノール カップスープ」という具合に立て続けにCM出演本数を伸ばし、昨年末からは長らく石原さとみがCMキャラクターを務めていた英会話イーオンのCMキャラクターにも就任し、6社となっているほど。同様に、2017年後期の朝ドラ『わろてんか』で主演を務めた葵わかなも、2018年以降、JA全農あきた「あきたこまち」、日本中央競馬会(JRA)、AOKIと短期間でCM本数が増加し、現在は6本。朝ドラ以降、まさに“飛ぶ鳥を落とす勢い”と言える。 なぜ朝ドラ女優は、CMと親和性が高いのか。「NHKに対する世の中の信頼度があります」と説明するのは、企業や商品のブランディングを手掛けるコピーライターのこやま淳子氏。クライアントからの信頼度が、出演していない女優と比べまったく違うと続ける。「朝ドラ効果と相乗して女優も活躍する、売れるという成功パターンが見えているので、クライアントとしては起用しやすい。また、仮に知らなかったとしても、『朝ドラに出ているんですよ』と言えることで、『だったら大丈夫か』と思わせる力があります」 朝ドラ女優という看板が、水戸黄門の印籠よろしく、クライアントには絶対の効果を発揮するというわけだ。しかも、「その効果は、主演に限ったことではない」と唱えるのは、ドラマウォッチャーでもあるコラムニストの吉田潮氏。「有村架純は、『あまちゃん』(2013年)で小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて人気に火が付いた。また、高畑充希は『ごちそうさん』(2013年)出演時点で、その演技力と歌唱力が大きな話題を集めていました。二人ともその後、『ひよっこ』(2017年)、『とと姉ちゃん』(2016年)で主演を務めますが、人気を確かなものにしたのはサブとして出演していたとき」 土屋太鳳も、『おひさま』(2011年)、『花子とアン』(2014年)ではサブ役だったが、その後、『まれ』(2015年)で主役の座を射止めている。「『純と愛』に桐野富士子役で出演した吉田羊は、主人公・純の先輩で接客指導担当という役でした。陰があるけどクールな姉御肌という役柄は、その後の彼女のイメージを作り上げた一因にもなっています。彼女も、朝ドラ以降、急激にCM本数が伸びた一人です」(吉田氏) 必ずしも主演である必要はなく、朝ドラでインパクトを残す役柄であれば、CMをはじめ、その後も安定して活躍する可能性が高いというわけ。◆東京オリンピック・パラリンピックも影響? さらに、世相も無関係ではなさそうだ。英会話スクール・AEONを運営するイーオン広報課・山田佳奈さんはこう語る。「基本的に当社のCMキャラは、メインターゲットである20代~30代前半の若い女性にとって身近な若い女優が起用されます。だからこそ今回は永野芽郁さんにお願いしました。これに加え、シニアの方々の英語ボランティアニーズが高まっていることもあって、シニア層にも認知度が高いキャラクターを求めていました。朝ドラに出演されている方は、幅広い年齢層から人気が高く、また認知度もあります。そういった意味では、永野さんは当社のイメージに最適な方だと思っています」 今年は、東京オリンピック・パラリンピックが控えている。シニアも参加可能な国際系ボランティアも増えているだけに、英会話スクールにとってキッズからシニアまで重要な顧客と説明する。 そして、マーケティング的な面においては、2019年のAEONのキーメッセージは「この教室が、セカイの入り口」。永野がスクールの中に入り、その雰囲気や授業の様子を紹介する内容だが、自然体で自分の言葉で語ることができるキャラこそ適任と考えた。山田さんはこう語る。「楽しそうな雰囲気で仲間と一緒に学びたい人にはスクールがあっているのだと思います。これを体現するのが朝ドラ女優なのでしょうね。常に努力をするイメージがありますしリアリティのあるかわいさと、親しみがあります」 お酒の弱い女性や年配者からの支持の高い梅酒、その代表格であるチョーヤ梅酒のCMは、過去に高畑充希、比嘉愛未、宮崎あおいが出演し、現在は倉科カナ、夏菜らが出演するように、朝ドラ女優率が高い。幅広い年齢層に訴求しなければいけない商品は、朝ドラ女優が最適解になっても不思議ではないだろう。 また、 幅広い年齢層から人気が高いということは、それだけ親しみやすさもあるということ。現在の日本中央競馬会(JRA)のCMは、土屋太鳳、葵わかな、高畑充希が出演し、男性陣も松坂桃李(『わろてんか』)、中川大志(『おひさま』『なつぞら』)、柳楽優弥(『まれ』)という朝ドラ出演者デカ盛りマシマシ状態である。彼ら彼女たちが出演することによって、公営ギャンブルに親しみやすさをもたらしていることだろう。今後、少子高齢化が進み、幅広い層をターゲットとした商品が増えたとき、朝ドラ女優のCM出演本数はより増加するかもしれない。  前出のこやま氏は、「NHKの目利きはすごい信頼度があると思います。みんなが好きになるような魅力を持った人を発掘するのが上手」と語る。「朝ドラって紆余曲折を経て成長していく、頑張っていくストーリーです。そのため、最終的にシニア層を含めた多くの視聴者がファンになることが約束されています。しかも、その時点ではコストパフォーマンスもいい。広告の予算の面においてもとてもメリットが高い。今年から朝ドラに出るよ、来年出るよ、というタイミングを狙って提案し、広告に登場するタイミングでは、人気が出ている。そういう人は、広告的にも魅力的です」
2020.01.21 16:00
NEWSポストセブン
インスタグラマーとしても活躍
テレビ・CM出演数 朝の情報番組MCとインスタグラマー強し
 2019年も多くの芸能人たちがテレビの世界で大活躍をした。番組出演本数による『テレビ番組出演ランキング』(ニホンモニター調べ、2019年1~11月)によると、1位は国分太一、2位は設楽統、3位は博多大吉、4位は近藤春菜、5位は新井恵理那という結果になっている。 上位5人に共通しているのは、全員が朝の情報番組に出演しているということだ。WEBメディア評論家の落合正和さんは、朝の情報番組効果についてこう分析する。「朝はテレビを時計がわりにする人が多く、目に触れやすいため認知度が上がる。毎日見ていると好感度も上がる。すると人気が出て、別番組に起用される。そういったいいスパイラルが生じるのです」 このランキングには2019年らしさも感じると落合さんは言う。「2019年は台風や地震など自然災害が頻発しました。特にそうした時は、今回ランクインした人たちのような毒気のない、明るくさわやかなタイプが人気となります」 一方、『CM起用本数ランキング』(ニホンモニター調べ、2019年1~11月)では、16社の渡辺直美(32才)がトップ。続いて、12社の有村架純、広瀬すず、齋藤飛鳥、白石麻衣が2位だった。 1位の渡辺直美のインスタグラムのフォロワー数は約900万人で、国内屈指。芸能人の2位はローラ(29才)で、約600万人だという(2019年12月14日現在)。「芸能人インスタグラマーは『今日はCMの撮影でした』と投稿したり、新しいCMが公開になった時にその衣装を着た写真を投稿したり、CMに関する情報を積極的に載せます。そのため、スポンサーは認知度において相乗効果を狙えます。渡辺直美さんはとてつもない拡散力を持っています」(落合さん) 一人勝ちの状況は当分続きそうだ。※女性セブン2020年1月2・9日号 
2019.12.26 07:00
女性セブン
山田孝之が農業で
兄貴!山田孝之 かつての共演者キラー、男臭さ全開の一夜
 俳優・山田孝之(35)の姿を、6月下旬のある夜、東京都内の高級住宅街でキャッチした。閑静な住宅街に立地する、リーズナブルにフレンチを楽しめる人気店で、白髪の男性らと合流。男3人でディナーを終えると、続いて徒歩数分のバーへ。そこに新たに加わったのは……やはり男性。男4人で日付が変わる深夜まで飲みふけっていた。 山田は、テレビ番組などで「いつも男ばっかりで飲んでる」と話していたが、その言葉通りの姿だった。 17才でデビューすると、10代のころから演技派として引っ張りだこだった。「かつては名うての共演者キラーと噂されたこともありました。当時、超人気アイドルと親密な関係といわれていましたが、2012年に7歳年上の一般人女性と結婚し、翌年には第一子の息子も誕生して以降、急に“男臭く”なったようです」(芸能関係者) 近年の山田は男性ファンが多いことで知られている。テレビ番組や映画の舞台あいさつなどでは、媚びず、飾らず、シュールなセンスも好評。ツイッターでは、下ネタを交えたユーモアなつぶやきが人気となり、昨年は人気ナンバーワンアイドルの乃木坂46・白石麻衣(26)をおんぶした写真を〈#緊張もするわけで #人間だもの〉といったハッシュタグ付きで、インスタグラムに投稿。乃木坂46ファンから妬まれるどころか、逆に「兄貴! 俺たちの山田孝之」と絶賛されるほどだった。 関係者は「山田孝之さんは、乃木坂46のコンサートでペンライト両手に楽しむほどのアイドルファン。そういう親近感やスケベ心を包み隠さない姿勢が、同性に好感を持たれているんです」と語る。 音楽活動をともにした赤西仁(35)や、親友の小栗旬(36)、綾野剛(37)、菅田将暉(26)ら、芸能界の男友達も多い。私生活もパブリックイメージも、引き続き“男が惚れる男”として君臨しそうだ。
2019.07.16 16:00
NEWSポストセブン
白石麻衣
『俺スカ』白石麻衣 “黒一色”と“下ネタ”で挑む本当の意味
 古田新太主演で話題を集めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)。この作品で、古田とはまた違った存在感を示しているのが乃木坂46の白石麻衣だ。女優として飛躍する大きなチャンスを迎えているという白石について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 元号をまたいだ今月上旬に、白石麻衣さんのセカンド写真集『パスポート』が25度目の重版を行い、累計36万部となったことが明らかになりました。2017年2月の発売から2年3か月過ぎての増刷は前代未聞であり、性別年代を問わない人気ぶりがうかがえます。 これだけ人気がある以上、芸能活動が多様化し、なかでも女優としてのニーズが高まるのは必然。世間の人々と制作サイドの期待を受けて、今春は『俺のスカート、どこ行った?』に出演しています。 ただ意外なのは、今作が民放プライム帯の連ドラ初レギュラーであること。これまでは深夜帯やゲスト出演が多かっただけに、今年8月で27歳となるタレントとしては、「今作が今後の試金石になるだろう」と言われているのです。◆いい意味で浮く圧倒的なビジュアル差『俺のスカート、どこ行った?』は、ゲイで女装家の主人公・原田のぶお(古田新太)が高校教師となって、型破りな方法で生徒たちの問題に向き合っていく学園ドラマ。白石さんが演じる里見萌は、「憧れていた教師になったものの、教育現場を目の当たりにして、完全に心がやさぐれてしまった反抗期全開教師」という主人公に負けない個性的な役柄でした。 里見は、まだ教師2年目の立場であるにも関わらず、学校に遅刻し、集会で居眠りし、保健室で昼寝するなど、やる気のなさが際立っていますが、注目すべきは心の闇を感じさせる黒一色の服装。教師たちの中で異質な存在となっているほか、職員室では向かいの席で座り、朝礼では隣に立つなど、カラフルな服を好む原田とのコントラストになっています。 そもそも白石さんには、非イケメン中年の古田さんが主演である分、「美しさ」「愛でる」という役割がありますが、大倉孝二さん、荒川良々さん、小市慢太郎さん、シソンヌじろうさんら教師役の俳優が並ぶと、そのビジュアル差は歴然。見る人の多いドラマでは「演技力以上に重要」と言われる視覚的な存在感が大きく、「いい意味で浮いている」「確信犯的に違和感を醸し出す」ことができます。 もう1つ、里見のキャラクターを際立たせているのは、毎週のように発せられる下ネタ。原田の歓迎会で「ポコチンはどうしてるんですか?」「デカチンか~」と発したあとも、「ファイティンポ(ファイトの造語)」「きん(たま袋と言おうとしたところを遮られて未遂に終わる)」などのフレーズを繰り返しているのです。 もちろんこれは脚本・演出によるものですが、白石さんサイドがOKを出さなければ実現しないもの。白石さん本人が「言いにくさはない」とコメントしていることから、むしろ歓迎している感すらあり、今後も見られるのではないでしょうか。◆美しさを武器にしたコメディエンヌへ 制作サイドが、清楚で美しい白石さんに下ネタを話させることでインパクトや話題性を狙っているのは明らかですが、白石さんとしても演じられる役の幅を見せる絶好機。各局の作り手たちに、「私はここまでやれるんですよ」「遠慮なくオファーをください」と言っているようでもあるのです。 思えば白石さんは、昨年放送の『やれたかも委員会』(MBS制作、TBS系)でも下ネタを連発していましたが、当時は「深夜ドラマだから」というエクスキューズがありました。しかし、多くの人々が見るプライムタイムで思い切った役を演じたことで、今後は制作サイドが「この役は受けてもらえないだろう」とオファーを自粛するケースは減るはずです。 白石さんは、すでにさまざまな職業を演じても違和感のないアラサーだけに、今回の教師からOL、ミュージシャン、料理人、エステティシャン、連ドラ定番の刑事、医師、弁護士、あるいは時代劇の姫まで、さまざまな役柄への対応が可能。「清楚」「美しさ」のイメージに縛られることなく、あらゆる役を演じられれば、女優として一気に羽ばたけるでしょう。 王道の可憐なヒロイン以上に期待されているのは、コメディでの活躍。近年ドラマ業界では、「シリアスな作品は見てもらえない」「特に平日の夜は重いムードの作品は厳しい」という傾向が強く、コメディの割合が増えています。 その点、白石さんにとってのコメディは「清楚」「美しさ」からのギャップを見せるチャンス。もともとバラエティーでは「黒石さん」という毒気たっぷりのキャラも見せるなど、笑いのセンスにも定評があったことが、里見の人物設定につながっているだけに、コメディエンヌとしての才能が開花するかもしれません。「圧倒的な美しさを武器にしたコメディエンヌ」で思い浮かぶのは北川景子さん。たとえば、今年3月まで放送していた『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)のヒロイン・三軒家万智を白石さんが演じたら……と思い浮かべたら意外にしっくりくるのではないでしょうか。「異性はもちろん、同性からも愛され、憧れられる」という点も含めて、白石さんが北川さんと同じ主演女優へのステップを駆け上がっていっても不思議ではないのです。◆「黒一色」の服装が「赤一色」に変わるか 25日放送の第6話は、白石さんが演じる里見をフィーチャー。予告映像には、デスクの引き出しに入った退職届が映され、「結婚!? 仕事!?」というテロップと、「原田先生みたいに周りを変える力、なかったです……」というセリフがありました。 タイトルバック(ホームページのトップ画面も同様)の里見は、赤のワンピースを着ているだけに、もしかしたら黒一色からの変化が見られるのかもしれません。いずれにしても、葛藤を表現する演技力が求められるだけに、白石さんにとってはチャンスであるとともに正念場。称賛か、酷評か、いずれにしてもSNSは盛り上がるでしょう。 日本テレビで土曜夜に放送されていた女性教師の学園ドラマと言えば、仲間由紀恵さんの『ごくせん』や天海祐希さんの『女王の教室』がありました。写真集やCMでの人気を踏まえると、近い将来、白石さんが主人公の教師を演じる学園ドラマが放送される可能性は十分ありそうです。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2019.05.25 07:00
NEWSポストセブン
平成30年間のCM女王の系譜、富田靖子から白石麻衣まで
平成30年間のCM女王の系譜、富田靖子から白石麻衣まで
 過去30年間のCM女王の変遷を辿ると、平成初頭は群雄割拠の時代だった。毎年のように上位陣が入れ替わる中、1990年代後半に覇権を握ったのが飯島直子。1994年から出演した日本コカ・コーラ「ジョージア」のCMで人気が沸騰し、1997年に初の女王に輝くと、1999年から3連覇。「元祖癒し系」として、お茶の間から絶大な支持を集めた。 2000年代中盤以降は、上戸彩が「絶対女王」に君臨。19歳だった2004年以降、2005、2006、2009、2010、2015年と女性最多の6回もの年間トップに輝いた。10代から20代、さらに結婚・出産を経た30代に至っても戴冠するのはきわめて異例。スキャンダルと無縁の清純派として高い好感度を保ち続けたことで、見事に「平成のCM女王」の座を射止めた。 次期CM女王として期待を集めているのが広瀬すずだ。2015年から4年連続の2位。シルバーコレクターに甘んじているのは否めないが、常に上位にランクインする安定感は素晴らしい。新元号となる2019年こそ、悲願の年間1位を奪取できるだろうか。◆平成のCM女王一覧(左から年代・タレント・出演社数・主な出演CM)【1989年=平成元年】富田靖子:9社、JR四国、雪印乳業「ナチュレ」【1990年】宮沢りえ:9社、大塚製薬「ポカリスエット」、富士通 「FM TOWNS」【1991年】小泉今日子:8社、JR東日本、資生堂「スーパーマイルドシャンプー」、三菱電機「霧ヶ峰」牧瀬里穂:8社、江崎グリコ「ポッキー」「パナップ」、角川文庫宮沢りえ:8社、パイオニア「セルフィー」、カルビー「ポテトチップス」【1992年】観月ありさ:9社、富士写真フイルム、森永製菓、キリンビバレッジ 「Chasse」【1993年】牧瀬里穂:8社、郵便貯金、キリンビール、味の素、本田技研工業「トゥデイ」【1994年】鈴木杏樹:13社、マツダ「ファミリア」、ファミリーマート、日清製粉、大森屋(海苔)【1995年】鈴木杏樹:11社、全日空、資生堂、キリンビール「一番搾り」【1996年】鈴木蘭々:12社、チョーヤ梅酒「ウメッシュ」、スズキ「レッツ」【1997年】飯島直子:12社、三菱自動車 「シャリオグランディス」、日本コカ・コーラ「ジョージア」【1998年】吉川ひなの:11社、資生堂「マシェリ」、江崎グリコ「ポッキー」、三菱自動車「パジェロミニ」【1999年】飯島直子:11社、三菱自動車 「シャリオグランディス」、ユニ・チャーム 「ソフィ」【2000年】飯島直子:12社、Right-on、セイコー・エプソン、大正製薬「コーラック・ソフト」【2001年】飯島直子:12社、キリンビール、野村証券、LIXIL、引越社藤原紀香:12社、JAL、J-PHONE、ワコール、宝酒造「タカラcanチューハイ」【2002年】菊川怜:16社、AOKI、KDDI、カネボウ「REVUW」、エースコック「スーパーカップ」【2003年】菊川怜:18社、スズキ、宝酒造「CANチューハイ」、ミズノ「スーパースター」【2004年】上戸彩:14社、AOKI、ロッテ「爽」「パイの実」、小学館「週刊少年サンデー」【2005年】上戸彩:10社、大塚製薬「オロナミンC」、Yahoo! BB、キッコーマン、AOKI仲間由紀恵:10社、KDDI、日清食品「チキンラーメン」、JA共済連、ローソン松浦亜弥:10社、日清食品「焼そばU.F.O.」、キリンビバレッジ「午後の紅茶」山田優:10社、カネボウ化粧品「テスティモ」、日清食品「Spa王」【2006年】伊東美咲:9社、資生堂「MAQuillAGE 」、チョーヤ梅酒「さらりとした梅酒」上戸彩:9社、大塚製薬「オロナミンC」、JTB、アパマンショップ仲間由紀恵:9社、KDDI、日清食品「チキンラーメン」、JA共済連、ローソン篠原涼子:9社、資生堂「MAQuillAGE 」、ダイハツ工業「ダイハツ・クー」【2007年】篠原涼子:11社、ローソン、JTB、森永製菓「DARS」【2008年】ベッキー:14社、大塚製薬「ファイブミニ」、ブルボン「プチシリーズ」【2009年】上戸彩:12社、ソフトバンク、日本通運、キッコーマン、ロッテ「アーモンドチョコレート」【2010年】上戸彩:13社、ソフトバンク、損保保険ジャパン、ディップ、ロッテ「アーモンドチョコレート」【2011年】大島優子:19社、エスエス製薬「ハイチオールB」、ピーチ・ジョン「ハートブラ」【2012年】板野友美:20社、イトーヨーカ堂、サマンサタバサ、イー・モバイル篠田麻里子:20社、日清食品「カップヌードルライト」、ロート製薬「雪ごこち」【2013年】武井咲:17社、ロッテ「ガーナミルクチョコレート」、日本赤十字社、政府広報【2014年】ローラ:14社、サントリー「ジムビーム」、ジーユー、ユニ・チャーム【2015年】上戸彩:13社、ソフトバンク、森永製菓「チョコモナカジャンボ」、政府広報「マイナンバー」【2016年】吉田羊:13社、大塚製薬「ポカリスエット」、エスビー食品「プレミアムゴールデンカレー」【2017年】ローラ:15社、楽天「楽天モバイル」、サントリー「ジムビーム」、ユニクロ、TBC【2018年】白石麻衣:18社、資生堂「MAQuillAGE」、キリン「氷結」、カゴメ「ラブレ」画像■時事通信フォト※週刊ポスト2019年3月8日号
2019.03.03 07:00
週刊ポスト
白いニットを着こなした白石麻衣にファン「女神」
白いニットを着こなした白石麻衣にファン「女神」
ファッション誌「LARME(ラルム)」公式インスタグラムに乃木坂46の白石麻衣さんが登場。オフショットが公開されています。https://www.instagram.com/p/BcVyQTyBw_q/?hl=ja&taken-by=larmemagazine白いニットを着こなした愛らしい白石さん。笑顔でピースサインをする白石さんのチャーミングなショットに、ファンからは「まいやん天使」「史上最強に可愛くて綺麗〜♡」「女神」と反響の声が寄せられています。
2019.02.22 04:05
SNSのニュースメディア Insty

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン