• TOP
  • 芸能
  • 夏目雅子、名取裕子ほか脱いでイメチェンに成功した女優たち

芸能

2016.08.14 07:00  週刊ポスト

夏目雅子、名取裕子ほか脱いでイメチェンに成功した女優たち

 映画を語る上で避けて通ることができないのが“濡れ場”だ。人気商売の女優たちが自ら身体を晒すことはなかなかリスキーだが、脱ぐことでイメージチェンジに成功した女優もいる。

 1983年、まだアイドルの印象の強かった小柳ルミ子は映画出演2作目の『白蛇抄』で初のヌードを披露し、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。相乗効果で、公開の半年前に出したシングル『お久しぶりね』が久々のヒットとなった。

 テレビドラマ『3年B組金八先生』などで好演していた名取裕子は、27歳を迎える1984年に初主演映画『序の舞』『彩り河』で立て続けにヌードに。1987年の『吉原炎上』では五社英雄監督の指示通り、撮影中に下着を身に着けず、リアリティを醸し出して見事に遊女を演じた。

 中でも衝撃的だったのは、夏目雅子だろう。1982年、『鬼龍院花子の生涯』で仲代達矢との濡れ場に挑み、“お嬢さま女優”のイメージを見事に覆した。なぜ、裸になる女優はブレイクするのか。

「物事を自分で考える力が備わっているからでしょう。『脱ぐことは落ち目』という安易な決めつけをしないし、作品における役の意味を理解でき、脱ぐだけが自分の全てじゃないとわかっている。女優が覚悟を持ち、制作者は女優の価値を落とさないように全力を尽くす。すると、良い作品になる」(映画プロデューサー・岡田裕氏)

 1990年代になると、一時代を築いたアイドルが新境地を求めてヌードになることも増えていく。『クイズダービー』の回答者などで人気を博した斉藤慶子は1990年、『さわこの恋 上手な嘘の恋愛講座』でベッドシーンを演じた。

関連記事

トピックス