携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20101224_8452.html

注目のビジュアル

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

さらに色香を増した井上和香(34)

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

愛媛朝日テレビの戸谷勇斗アナ(26才)

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


国際情報

嘘つきと裏切り 日本人は「恥ずかしい」で中国人は「賢い」

2010.12.24 10:00

尖閣問題を受けた世論調査では、現在の日中関係を「悪い」と回答した人が実に90%にのぼり、87%の人が中国を「信頼できない」とした。だが、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、中国の「嘘と裏切り」が、その軍事力・経済力を背景に、新たなフェーズに入ったと指摘する。

* * *
1978年4月、その夏の日中平和友好条約締結を前に、100隻以上の武装中国船団が尖閣諸島付近で領海を侵犯。当時、鄧小平氏は「偶発的な出来事」と弁明し、「このような事件を2度と起こさない」と日本に確約しました。この時日本は尖閣諸島問題を解決する好機を逃し、一方で、巨額のODAを中国に与え始めたのです。

そうして中国の成長を助けてきた日本が、いまや「衝突は日本側のせい」などという嘘によって、謝罪と賠償まで要求される側になってしまいました。なぜこれほどまでに日本は負け続けてきたのか。

それは、日本政府も日本国民も「中国とはどんな国なのか」を真に理解していないからだと考えます。

日本人は「嘘をついてはいけない」「人を騙したり、裏切ったりするのは恥ずべきことだ」と教えられて育ちます。しかし、中国人の常識はまったく逆で、嘘をついたり人を裏切ることは「賢いこと」なのです。

『孫子の兵法』で、孫子が最上の勝ち方としているのが、謀略です。上手に嘘をつき、騙すことが尊ばれる。中でも「二重スパイ」が、一番価値が高いとしています。

歴史において、「中国」という国名の国は実は存在してこなかったのです。私たちが「中国」と呼ぶその地域には数千年も前から、さまざまな民族が侵入し、各々、独自の王朝を作って君臨しました。支配したのは、必ずしも今の中国を支配する漢民族ではなく、蒙古人だったり満州の女真人だったりしました。

彼らはそれぞれ何世紀かにわたる繁栄を築き、衰退し、新たな民族の台頭で滅びていきました。そして王朝が変わるたびに、歴史が時の為政者に都合よく書き換えられてきました。

中国にとっては、歴史は勝った側が作るもの。事実や真実には意味がなく、いかなる手段でも勝てばいいと考えるのが、彼らの常識です。

島国であり、戦国時代など一時期を除けば安定した社会が長く続いた日本で、正直さや誠実さが尊ばれてきたのとはまったく違うのです。

※SAPIO2011年1月6日号


人気ランキング

1.
ASKAに覚せい剤を教えたのは世界的な大物ミュージシャンか
2.
隔離病棟のASKA 反省文書いたりタコ糸ブレスレット作ったり
3.
高1殺害容疑者 勉強していることを小バカにされ、給食に薬剤
4.
鹿児島県民 中国に「こんな馬鹿げた国相手にする必要ない」
5.
高橋英樹に罵倒された蛭子能収に「高橋さんは苦手?」と直撃
6.
ネットの「加トちゃんがヤバい」説にロケ地の住民が同調する
7.
壁ドンに続く「股ドン」は定着するか 「されたい」女子も多数
8.
高1殺害容疑者 父の再婚で変化も近隣では「やっぱり」の声
9.
破廉恥教師 校内性行為で停職3か月、下半身露出が停職6か月
10.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も

今日のオススメ

提供元一覧

狼の牙を折れ

やむを得ず早起き

井沢元彦「逆説の世界史」

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。