携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110405_16641.html

注目のビジュアル

NHKアナウンサーの小野塚康之さん

俳優としての評価も高い田原俊彦

広島市北部の土砂災害の捜索活動

(c)2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会

キャプテンタモリはクルーザーの上で得意顔

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

蔵元で食べる「天然氷のエベレスト」が評判

巷で話題のパイスラ現象(ハイネックセーターの場合)

堺雅人主演の大河はどうなる!? キャメレオン竹田が大胆予言

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


枝野氏「よくやっている」「総理候補に浮上」と評価される理由なし

2011.04.05 07:00

 菅内閣の「嘘」体質は常軌を逸している。

 本誌は4月1日号で原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官の“更迭”をスクープした。

 東大工学部出身の技術キャリアである中村審議官は、震災翌日の会見で、検出された放射性物質から、「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」と炉心溶融の可能性に言及した。正しい認識だった。

 ところが、菅首相と枝野幸男・官房長官は、「国民に不安を与えた」と問題視し、中村氏を会見の担当から外すように経産省に指示したのである。そして、枝野長官は会見で、炉心溶融情報について、「炉を直接見ることはできない」といってのけ、中村氏の正しい指摘を封印した。

 あの段階でメルトダウンを認め、すぐに海水注入の措置を取っておけば、その後の水素爆発、放射性物質の拡散は防げた可能性が高いと専門家は指摘する。菅氏、枝野氏が国民を危機に陥れた責任は非常に重い。

 その枝野氏は、今になってメルトダウンを認め、廃炉の可能性を言い始めたが、間違いを認めるなら、まず自分の嘘と失敗を詫びたらどうか。この男が「よくやっている」とか「総理候補に浮上した」などと評価される理由はどこにもない。

※週刊ポスト2011年4月15日号


人気ランキング

1.
皇室関係者 秋篠宮家と皇太子一家の見られ方の差を懸念する
2.
綾瀬はるか 広島帰省中に土砂崩れ発生し母校や友の安否確認
3.
江角いじめ名門校の有名人ママ「明日は我が身」と戦々恐々
4.
橋本聖子のキス騒動 ソチ五輪選考での「高橋贔屓」疑惑噴出
5.
ブログでいじめ告白した江角マキコにママ友が「抗議声明文」
6.
沢尻エリカのCMギャラ 推定2000万円から倍増のV字回復説
7.
皇太子ご一家と秋篠宮ご一家 溝生んだ原因は皇位継承問題
8.
西島秀俊 「消化器系にポリープ」で240分間に及ぶ緊急診断
9.
カレがオオカミに!女子が無意識にやる「フェロモン発射行動」4つ
10.
男女で大差!100万円以上の「へそくり」がある人の割合を調査 全体では3割以上

今日のオススメ

提供元一覧

きみまろ「夫婦川柳」傑作選

狼の牙を折れ

おっぱいバイブル

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。