携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110405_16641.html

注目のビジュアル

謎の美女・祥子

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

会見で涙を拭う小保方晴子氏

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


枝野氏「よくやっている」「総理候補に浮上」と評価される理由なし

2011.04.05 07:00

 菅内閣の「嘘」体質は常軌を逸している。

 本誌は4月1日号で原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官の“更迭”をスクープした。

 東大工学部出身の技術キャリアである中村審議官は、震災翌日の会見で、検出された放射性物質から、「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」と炉心溶融の可能性に言及した。正しい認識だった。

 ところが、菅首相と枝野幸男・官房長官は、「国民に不安を与えた」と問題視し、中村氏を会見の担当から外すように経産省に指示したのである。そして、枝野長官は会見で、炉心溶融情報について、「炉を直接見ることはできない」といってのけ、中村氏の正しい指摘を封印した。

 あの段階でメルトダウンを認め、すぐに海水注入の措置を取っておけば、その後の水素爆発、放射性物質の拡散は防げた可能性が高いと専門家は指摘する。菅氏、枝野氏が国民を危機に陥れた責任は非常に重い。

 その枝野氏は、今になってメルトダウンを認め、廃炉の可能性を言い始めたが、間違いを認めるなら、まず自分の嘘と失敗を詫びたらどうか。この男が「よくやっている」とか「総理候補に浮上した」などと評価される理由はどこにもない。

※週刊ポスト2011年4月15日号


人気ランキング

1.
TAKAHIRO EXILEの飲み会へ行かずに板野友美と焼肉デート
2.
宮沢りえ離婚問題が泥沼化 親権主張する夫は「切り札」持つ
3.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
4.
悠仁さまが学校で仲間はずれ 専門家は充分にいじめと判断
5.
悠仁さま 始めての徒競走は最下位も落ち込むことなく声援送る
6.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
7.
単独来日オバマ大統領に離婚危機 ミシェル夫人「うんざり」
8.
結婚間近報道・観月ありさ 恋人と前妻・上原さくらの泥沼
9.
向井亜紀 昨年8月にS状結腸がんで極秘の摘出手術受けていた
10.
お茶大附属入学の悠仁さまをめぐり学内で様々な悲喜こもごも

今日のオススメ

提供元一覧

狼の牙を折れ

ビッグダディ痛快レシピ29

おっぱいバイブル

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。