携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110910_30373.html

注目のビジュアル

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

会見で涙を拭う小保方晴子氏

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

謎の美女・祥子

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


小林よしのり氏「左翼=脱原発、右翼=原発推進は思考停止」

2011.09.10 07:00

「保守政治家」を自認する野田佳彦・新首相が誕生した。野田氏は原発再稼働に積極的だと言われているが、「リベラル」「左翼」と評された菅政権と何が変わるのか。ベストセラー『国防論』の著者・小林よしのり氏は、原発問題についてこう語る。

* * *
保守派はすぐに、サヨクは「脱原発=反核」で、保守は「原発推進=核保有」だと色分けするが、思考停止している証拠だ。そもそも技術への信仰とは進歩主義の思想であり、進歩主義を疑うのが保守のはず。本来は、保守こそが脱原発を主導するべきなのだ。

また、保守派は原発を持つことが潜在的な核抑止力になっていると嘯くが、むしろ原発の保有によって常にIAEA(国際原子力機関)の査察を受け、アメリカの統制下で絶対に核保有できないようになっているのが現状である。

核兵器が必要であるなら、そういったまやかしを止め、脱原発と核保有をセットで進めるべきだとわしは考える。原発を廃止すると同時に、NPT(核拡散防止条約)から脱退して核兵器保有を宣言する。それこそ、日本が真の独立国となる道筋ではないか。

※週刊ポスト2011年9月16・23日号



人気ランキング

1.
宮沢りえ離婚問題が泥沼化 親権主張する夫は「切り札」持つ
2.
TAKAHIRO EXILEの飲み会へ行かずに板野友美と焼肉デート
3.
向井亜紀 昨年8月にS状結腸がんで極秘の摘出手術受けていた
4.
EXILEがレモンサワーで誕生会 過去に2500杯飲んだことも
5.
結婚間近報道・観月ありさ 恋人と前妻・上原さくらの泥沼
6.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
7.
井戸田潤が安達祐実に怒る「娘が片親引き離し症候群になる」
8.
川島なお美 過度のワインと減量が肝内胆管がん原因可能性も
9.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
10.
宮迫博之 発見が半年遅かったら「どうなってたかわからん」

今日のオススメ

提供元一覧

緊急書き下ろし!『クオリティ国家という戦略』

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

やむを得ず早起き

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。