• TOP
  • 国内
  • 3年ペースで新刊を出す綿矢りさ 夢は大長編を書くこと

国内

2010.10.02 11:00  女性セブン

3年ペースで新刊を出す綿矢りさ 夢は大長編を書くこと

 04年『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した綿矢りささん(26)にとって、3年ぶりとなる待望の新刊『勝手にふるえてろ』(文藝春秋)が、単行本はもちろん、「iPad」や「iPhone」用の電子書籍でも好調だ。

 デビュー以来9年で書籍化が4冊。はっきりいって多作ではない。大学を卒業して専業作家になった彼女はなぜか“3年ペース”で新刊を上梓しているのだが…。

「何してるんやろ?ですよね(笑い)。大長編を書きたいという夢があるので、挑戦して書いてはみるものの、出版までには至らずお蔵入りになったりしていました。試行錯誤の末、最初に書いていた作品が主線とすると、複線として出てきたのがこの作品。肩の力を抜いて書き始めたところ、半年くらいで完成しました」

 将来の「大長編」に期待大だ。

※女性セブン2010年10月14日号

関連記事

トピックス