• TOP
  • ライフ
  • 結局住宅は「購入」と「賃貸」どっちが得? 専門家が解説

ライフ

2010.10.29 17:00  女性セブン

結局住宅は「購入」と「賃貸」どっちが得? 専門家が解説

 不動産は大きな買い物なので慎重になりたい。購入と賃貸、長い目で見たときどっちが得なのだろうか。 

「部屋の広さや立地などが同じ条件の住宅で、購入した場合と賃貸し続けた場合でシミュレーションすると、ローン支払い総額と賃貸料総額はほとんど変わりません。   購入した場合は家が資産として残るのがメリットですが、メンテナンス、リフォーム代などがかかるのでデメリットもあります」(不動産コンサルタントでさくら事務所代表の長嶋修さん) 

 しかし家を持つことには、精神的な充足感など“プライスレス”な価値もある。買い時のいまこそ購入したいかたは、以下のことに注意しよう。 

「住宅ローンを組む場合、金利が低い変動型にばかり目がいきがちですが、変動型は月々の返済額が上がるリスクがあります。いまは最も低い金利になっているので、今後は上がる可能性しかありません。“変動型”で月々の返済額をギリギリに設定すると、金利が上がったときに返せなくなってしまいます。長期の固定金利にも目を向けることをおすすめします」(長嶋さん)   

 一方、現在賃貸で暮らす家庭やこれから新たに住宅を借りる人には、こんなアドバイスも。

「一度、周辺の相場を調べてみては。マンションの空き家率は年々高まっていて、家賃が下がっています。家賃が相場より高かった場合は、更新時に値切り交渉すると下げてくれる可能性が高いですね」(長嶋さん)

※女性セブン2010年11月11日号

関連記事

トピックス