• TOP
  • 国内
  • 鈴木宗男氏 TBSによる官房機密費報道謝罪に疑問の念抱く

国内

2010.12.13 10:00  週刊ポスト

鈴木宗男氏 TBSによる官房機密費報道謝罪に疑問の念抱く

受託収賄罪などで実刑が確定していた鈴木宗男氏が、12月6日、ついに収監のため東京高検に出頭した。

高検前で最後の会見に臨んだ鈴木氏は改めて無罪を主張し、「真実が明らかにならなかったのは悔しく思う」と述べた。鈴木氏は収監直前、官房機密費をめぐって、小渕政権で官房長官を務めた野中広務氏と対立していた。

今年7月21日放送のTBS系『NEWS23X』でインタビューに答えた鈴木氏は、「官房副長官を務めていた1998年の沖縄県知事選で、機密費から3億円が投入されていた」と証言した。しかし、それから1か月後の8月27日、番組内で松原耕二キャスターは、突如その証言について謝罪した。

「報道は、公平中立性を欠いたところがありまして、本来、官房機密費は、官房長官の専権事項でありますが、今回の報道は、当時の官房長官の野中広務氏に、鈴木宗男氏の証言内容について改めて取材を行なっておりませんでした。これは報道の公平中立性を欠き、視聴者に誤解を与えかねないものでした。野中氏はTBSの報道に対しまして、沖縄県知事選に官房機密費を支出したことはないと話しています。視聴者の皆様、またご迷惑をおかけした野中広務氏をはじめ関係者の方々にも、ここで深くお詫びいたします」――TBSは野中氏の抗議を受け、鈴木氏に相談もなく、勝手に謝ってしまったのだ。

この時の真相について、ジャーナリストの上杉隆氏が鈴木氏にズバリ聞いた。

上杉:TBSは唐突に謝罪をしました。野中氏に対して取材をしなかったという理由ですが、この対応をどう思われますか?

鈴木:私の官房機密費に関する発言は、私がTBSの取材を受けて、誠意をもって答えたものです。どうしてTBSが野中氏に謝罪する必要があるんですか? TBSは野中氏の発言の機会を作るなり、さらにはTBSが場を設けてそこに私と野中氏の2人を呼んで話をさせればいい。私はTBSにそういいました。

上杉:TBSには抗議したわけですね。

鈴木:しました。だって、テレビであの謝罪を見た人は、私のほうが嘘をついていると思ってしまう。

上杉:どうでしたか、TBSの反応は。

鈴木:いや、鈴木さんを否定していたわけではありませんと。

上杉:明らかに否定してるじゃないですか。TBSは結局、野中氏の側についたわけですね。

鈴木:ええ。

上杉:それがなぜかを取材して調べてみたんです。すると、野中氏は番組担当者ではなくもっと上の人間に「『時事放談』に出なくていいのか」といっていたというんです。

鈴木:そうなんですか。

上杉:そこまでいわざるを得ないほど、官房機密費の事実は隠さなくてはいけないものなのでしょうか。

鈴木:野中さんは、鈴木宗男が嘘をいっている、機密費はそんなものに使われていないという。でも、現実はどうだったのか。

上杉:鈴木さんは事実を語っているのですから、TBSがジャーナリズムだったらそれを報じるべきです。

※週刊ポスト2010年12月24日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス