• TOP
  • 国際情報
  • 中国不動産バブル崩壊の影響はドバイ・ショックの1000倍説

国際情報

2011.02.06 17:00  SAPIO

中国不動産バブル崩壊の影響はドバイ・ショックの1000倍説

バブルと言われる中国経済だが、ひとたび中国経済が変調をきたせば、その影響は中国だけに留まらない。バブルがあまりにも大きくなり過ぎたのだ。中国のバブル崩壊はどれほどのインパクトをもたらすのか、経済評論家、三橋貴明氏が、分析する。

* * *
2010年2月、ウォール街の著名な投資家であるジェームズ・チェイノス氏は、「中国の不動産バブルが弾ければ、その影響はドバイ・ショックの1000倍以上」と警告した。

チェイノス氏の警告以降も、中国不動産市場には国内、海外から資金が流れ続け、バブル状態を維持している。10年以上も膨らみ続けた中国不動産という「泡」が弾けた時、世界に与える悪影響はリーマン・ショックをも上回ることも否定できないのだ。

現在の中国経済は、世界的な経済危機の影響で「成長のネタ」を次々に失っている状況である。これほどまでの人口を持ち、規模も巨大な経済が袋小路に突き当たってしまった前例はない。中国の不動産バブルが崩壊した時、人類は歴史上、かつて経験したことのない戦慄的な状況を迎えることになる。

※SAPIO2011年2月9日・16日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス