• TOP
  • スポーツ
  • オグシオの小椋久美子 略奪不倫の末の「爽やかスポーツ婚」

スポーツ

2011.03.03 07:00  女性セブン

オグシオの小椋久美子 略奪不倫の末の「爽やかスポーツ婚」

バドミントン元日本代表のアイドルペア「オグシオ」の小椋久美子(27)と、ラグビートップリーグの名門・神戸製鋼に所属する山本大介選手(28)との結婚が発表、トップアスリート同士の結婚に、スポーツ紙やテレビは「爽やかスポーツ婚」などと祝福ムードだった。

報道によれば、ふたりの出会いは、北京五輪(2008年8月)後に小椋が、山本の兄が代表を務めるマネジメント会社主催のイベントに参加したのがきっかけだった。その縁で昨年1月ごろに山本と知り合い、交際に発展。さらには神戸市内で同棲をスタートさせたとされている。しかし、山本と親しいラグビー関係者はこう首を傾げる。

「山本と小椋さんは3年ほど前に出会ってますよ。彼のほうが小椋さんにメロメロで猛アタックしたんです。ラグビー同様、果敢なアプローチでしたよ。少なくとも2年前からはつきあってるはずです」

実際、2009年夏ごろから、神戸市内の映画館や大阪市内の飲食店などで、ふたりのデートする姿が目撃されている。にもかかわらず、交際スタート時期をわざわざズラして報じられているのには、ある理由があった。前出のラグビー関係者が続ける。

「実は本当の交際スタート時には山本は結婚していたんです。子供もいました。つまり山本と小椋さんは不倫だったんです。ですから、ふたりは本当の交際の時期を明らかにできないんでしょうね」

山本は大学時代から交際していた看護師のA子さんと2005年11月に“でき婚”。2006年7月には長女が誕生している。一家は神戸市内のマンションで幸せな家庭を築いていたはずだった。しかし、2008年ごろに山本が小椋と出会うことで一家は一気に崩壊に向かう。2年ほど前、A子さんの実家周辺では、こんな姿が目撃されている。

「結婚して神戸で暮らしていたはずのA子ちゃんが子供だけ連れて実家に戻ってきて暮らしているんです。旦那さんはいなかったんで“ケンカでもしたかな”って思って、犬の散歩なんかでバッタリ会ったときに“どうしたの? なんで帰ってきてるの?”って聞いたら、“不景気だから仕事がなくって…”ってゲッソリした顔でいうんです。“結婚してるはずじゃ?”って一瞬思ったんですけど、あまりの悲愴感に、それ以上何も聞くことはできませんでした。とにかく何か思い詰めている様子でした」(近所の住民)

一方の山本は、小椋にのめりこむにつれ家庭を顧みないようになり、妻子とは距離を置くようになっていった。結局、山本とA子さんは離婚の道を選ぶこととなった。

※女性セブン2011年3月17日号

関連記事

トピックス