• TOP
  • 国内
  • 仙台・牛タン店 大震災翌日に開店し大行列ができた

国内

2011.03.31 07:00  週刊ポスト

仙台・牛タン店 大震災翌日に開店し大行列ができた

 仙台銘菓「萩の月」で有名な菓匠三全は、地震後、避難所に在庫を提供。一方で、仙台名物の「牛タン」にも心温まる(?)エピソードがあった。

 仙台駅周辺では、休業中の札をかけるレストランが多い中、牛タン屋が店先に長机を出して、弁当を売る光景が見られた。仙台駅にほど近い『うまい牛たん 東山』(青葉区)は、地震の翌日から焼肉弁当を売り出した。

「温かいお肉で仙台に元気を出してもらおうということですね。最初は在庫が切れるまで無料で提供しようとしていたんですが、すごい行列になってしまって……結局700円で販売することにしました」(千田耕作・代表)

 別の牛タン屋の店主はこんな事情を明かす。

「牛タンは地震で止まってしまった都市ガスではなく、炭火で焼いていたためにすぐに店を開くことができた。また、冷凍肉に頼っている店が大半だから、停電で冷凍保存ができなくなり、品質が下がる前に処分してしまいたいという動機もありました」

※週刊ポスト2011年4月8日号

関連記事

トピックス