• TOP
  • 芸能
  • 田中好子さん 乳がんと闘うためジムで体を鍛えていた

芸能

2011.05.02 07:00  女性セブン

田中好子さん 乳がんと闘うためジムで体を鍛えていた

乳がんのため4月21日に亡くなった元キャンディーズメンバーで女優の田中好子さん(享年55)。35才で乳がんを発症してから幾度にわたり手術をしてきた。しかし、病魔が歩みを緩めることはなかった。田中さんは1年ほど前から再び体調を崩すことが多くなった。行きつけだった日本料理店で、彼女は弱音を吐くこともあった。

「実はいまね、目が悪くて芝居するのもとってもつらいの」

そして昨年秋になると、はた目からも具合が悪いのがうかがえるようになる。田中さんが通っていたスポーツジムの関係者が大粒の涙を流しながらこう語ってくれた。

「田中さんは多いときには週に3回も通うほど精力的に体を鍛えてました。きっと病気と闘う体力をつけるためだったんでしょうね。そんな彼女が夏ぐらいからあまり姿を見せなくなって…。ジムに来たときも、ニット帽をずっとかぶって運動していました。

それとジムのお風呂もまったく使わなくなりましたね。きっと痩せていく姿を見られたくなかったんでしょうね。最後に会ったのが10月の頭くらいだったと思うんですけど、だいぶ痩せ細っていて、あごもとがって見えるくらいでした。声をかけるのもはばかられるほど痛々しい姿でした」

その直後、田中さんは十二指腸潰瘍を発症し、入院を余儀なくされたのだった。

※女性セブン2011年5月12日・19日号

関連記事

トピックス