芸能

三谷幸喜 猫アレルギーでも頑張った小林聡美との結婚生活

 5月23日、電撃的に離婚届を提出した三谷幸喜(49)と小林聡美(46)。ふたりの出会いは、1988年~1991年に放送されたドラマ『やっぱり猫が好き』(フジテレビ系)で、脚本家と主演女優としてだった。

「普段からチャーミングな小林さんに、三谷さんがすっかり夢中になったんです。でも彼はものすごい人見知りで恥ずかしがり屋だから、なかなか進展しなくて…。そのドラマの打ち上げのときに、勇気を出して小林さんに電話番号を渡したんですけど、4年間かかってこなかったそうです。後で聞いたら、小林さんは電話番号を渡されたことさえ覚えてなかったとか。結局その後、別の番組で小林さんに再会して、三谷さんは“これを逃すと一生チャンスはない”と思って、それは必死でしたよ」(テレビ局関係者)

 結婚当時の三谷の課題は、小林が連れて来た2匹の猫に気に入られることだった。丸顔の巨漢がアメリカンショートヘアの「おとっつぁん」で、シメサバを思わせる縞模様のオシキャットが「オシマンベ」(愛称おっしー)だ。

 そのころの三谷は、猫アレルギーで、猫が歩き回った部屋にはいるとくしゃみが止まらなくなった。でも、「アレルギーごときで、このご縁がなかったものになるのは非常に悔しい」と、目やにをふきながら、ひたすら猫との時間を共有したのだった。やがて、アレルギーは克服したものの、人見知りの“彼ら”はなかなか心を開いてくれない。無理矢理抱きしめても引っかかれるだけの毎日だった。

 そしてついに、結婚して半年ほどたったある朝、仕事で海外に出かけていた小林の留守中に奇跡が起きた。三谷がいきなり呼吸ができなくなって目を覚ますと、それまで絶対一緒に寝てくれなかった彼らが、目の前5cmのところにふたつ顔を並べて寝そべっていたのだ。三谷はエッセイ『三谷幸喜のありふれた生活』(朝日新聞出版)のなかで「猫と家族になった喜びの朝」としてこう綴った。

<あの時はホントに嬉しかった。奥さんの連れ子が初めて「お父さん」と呼んでくれた、あの思い>

※女性セブン2011年6月9日号

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン