ライフ

最新ライフ記事のRSS

更年期に性生活を楽しむには女性ホルモン補充療法が有効

2011.06.08 16:00

 加齢とともに卵巣の機能が低下して女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが急激に崩れることから、生じる女性の更年期障害。この治療法として、効果的といわれているのが、HRT(女性ホルモン補充療法)だ。一般的に女性ホルモン剤を服用、あるいはパッ

 加齢とともに卵巣の機能が低下して女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが急激に崩れることから、生じる女性の更年期障害。この治療法として、効果的といわれているのが、HRT(女性ホルモン補充療法)だ。一般的に女性ホルモン剤を服用、あるいはパッチを貼る、ジェルを塗るなどの方法で摂取・吸収することが多い。

 女性ホルモンのエストロゲンによって成長する、乳がんなどの婦人科系のがんや子宮筋腫、子宮内膜症にかかっているなどの人はHRTを受けられず、血栓ができやすくなるというデメリットもある。しかし、更年期障害に詳しい医師たちは、女性ホルモン補充療法のメリットを優先すべきと口を揃える。小山嵩夫クリニックの小山嵩夫院長は、こう説明する。

「HRTは、更年期症状に有効であると同時に、エストロゲンが骨形成を促す細胞に働きかけるため、骨粗鬆症のリスクを下げるほか、脳の血流を増やす効果から認知症の予防にもなるというデータもあります」

 また、東京ウィメンズクリニック・新野博子院長は、女性としての観点から、こう話す。

「更年期になると性交痛を訴えてセックスから遠ざかる女性が多いようですが、HRTによって膣壁の弾力性が保たれ、気持ちも体もやわらかくなる。だから年齢を重ねても適度にセックスを楽しめるでしょう」

 さらに、最近注目を集めているのがその美肌効果。エストロゲンには、肌のハリや艶のある髪を保つ働きがあるといわれている。成城松村クリニックの松村圭子院長は、その効果をこう説明する。

「確かに肌や髪への効果もあります。エストロゲンにはコラーゲンや水分量を上げる働きがありますから。患者さんをみていても、女性ホルモンを補充している人の肌はうるおいが違います」

※女性セブン2011年6月16日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP