ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

ブリヂストン 実は太陽電池用接着封止材で世界トップ争い

2011.06.29 16:00

 現在の株式市場では太陽光発電に関連する銘柄が物色対象となっている。その中で、「LOVE WHISKY」のハンドルネームで知られる、ファイトレードコーポレーション取締役・石橋明佳氏が注目銘柄としてピックアップするのは、ブリヂストン(東証1部

 現在の株式市場では太陽光発電に関連する銘柄が物色対象となっている。その中で、「LOVE WHISKY」のハンドルネームで知られる、ファイトレードコーポレーション取締役・石橋明佳氏が注目銘柄としてピックアップするのは、ブリヂストン(東証1部・5108)だ。

 * * *
 世界的なタイヤメーカーとして知られるが、同社は、太陽電池に使用する発電シリコン・セルを固定・保護するための接着封止材、EVA(エチレン・ビニル・アセテート)フィルムでも、実は世界シェアトップを争っているメーカーなのである。

 そのEVAフィルムは、水や紫外線に強いため、屋外で使用される太陽電池用の接着封止材としては最適な素材といわれ、世界的に需要が高まっている。同社は、それに対応するため、新たにポーランドにある子会社に生産ラインを設け、2013年上期からの生産開始を予定している。

 にもかかわらず、太陽光発電関連銘柄としてはあまり知られていないのが現状だ。だからこそ、なおさら注目できると考えている。

 メイン事業であるタイヤ販売も好調だ。海外売上比率が75%を超える同社にとっても、とりわけ売上比率の高い北米市場での販売増が寄与し、2011年12月期の第1四半期決算は売上高7043億3300万円(前年同期比6.9%増)、営業利益558億6800円(同55.2%増)となった。

 そのため、5月13日に2011年12月期の6月中間期および通期業績予想を上方修正。通期予想では、営業利益を従来予想の1400億円から1670億円(前期比0.3%増)に、約2割上乗せしている。信用倍率もかなり取り組みがよくなっており、目先的な需給は問題なさそうだ。

※マネーポスト2011年7月号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP