• TOP
  • 芸能
  • 『朝ズバッ!』美馬怜子 韓流ファンで韓国語取材も通訳不要

芸能

2011.09.14 07:00  週刊ポスト

『朝ズバッ!』美馬怜子 韓流ファンで韓国語取材も通訳不要

 最近、テレビ局各局に続々と登場中の気象予報士&ウェザーガール。逸材揃いと話題の“お天気お姉さん”たちのプロフィールと、知られざるエピソードを紹介しよう。

■美馬怜子(27):『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS)
 フェリス女学院大学文学部を卒業。大の韓流ファンだったことから、第二外国語は韓国語を選択。そのため韓国タレントに通訳ナシでインタビューができるほど。『朝ズバッ!』が始まって以来毎朝3時に起きて朝食とランチを自炊している。みのもんたに「なぜ今日は寒いのか」と聞かれて答えられずに恥をかき、いまでは日々雲の状態や湿度を気にして歩くようにしている努力家。筋金入りの競馬ファンでもある。

■掛貝梨紗(26):『Oha! 4 NEWS LIVE』(日本テレビ)
 学習院大学理学部を卒業し、現在は同大大学院自然科学研究科生命科学専攻に在学中という、異色のお天気キャスター。子役として芸能活動していた過去もあり、準ミス学習院も受賞。毎日の服装を自身のブログにアップしている。収録中に中田有紀キャスターとピンク・レディーを堂々と踊るなど、本番に強い。

■青山愛(22):『報道ステーション』(テレビ朝日)
 アメリカで13年生活した帰国子女で、京都大学経済学部卒業後にテレビ朝日にアナウンサーとして入社した才媛。研修期間が終わってすぐの7月中に『速報!甲子園への道』でアナウンサーデビュー。続けて『報道ステーション』のお天気キャスターに抜擢されるなど、出世街道まっしぐら。「知的で清楚」のイメージが売りで、前任の宇賀なつみの人気に迫る勢い。

※週刊ポスト2011年9月16・23日号

関連記事

トピックス