• TOP
  • 国際情報
  • 韓国芸能人「独島は韓国のもの」発言は非国民扱い回避のため

国際情報

2011.09.16 07:00  SAPIO

韓国芸能人「独島は韓国のもの」発言は非国民扱い回避のため

 年々増え続ける日本の韓流ファン。最近では“イケメン俳優”だけでなく、K-POPの男女アイドルグループも次々と日本に上陸、日本人ファンを魅了している。しかし、こうした韓流芸能人が実は韓国内では「反日」を叫んでいるとしたらどうだろう。知られざる韓流芸能人の「独島パフォーマンス」の実態を在韓ジャーナリスト、竹嶋渉氏がレポートする。

 * * *
 韓国のエンタテインメントが日本に進出してきているが、ここで気になるのは、日本で活動する韓流スターやアイドル(以下、韓流芸能人)が竹島に対して、韓国内でどう発言しているかだ。

 結論から言えば、彼らも韓国人。そしてあくまでも大衆迎合の人気商売だから、韓国で行なう言動は「当然、独島は韓国領」「日本の領土主張は妄言(たわごと)」、そして「独島、韓国を愛してます」ということだ。

 言動はおおむね2つのパターンに分けられる。

 まず、公式の場で「独島は韓国の領土です」「日本の領土的欲望に怒りを感じます」などとぶちあげる直接糾弾スタイル。次に国内の独島関連イベントなどで「独島は我が領土」を歌う(そうした歌まであるのだ)などして間接的に領土的主張と愛国心をアピールするスタイル。

 今年の2月には俳優、ソン・ジュンギが日本でのロケ中、日本人を相手に「キムチは韓国の食べ物。独島は我が国の領土」と強調したことが報じられ話題となった。これは前者のパターンに当たる。

 2005年4月には俳優のチャ・インピョが台湾での記者会見で「独島は我が領土」を歌ったが、台湾人が竹島問題や独島の歌に関心があるとは思えないから、これは多分に韓国内の世論と人気を意識したパフォーマンスだったのだろう。これが後者のパターンに当たる。

 韓国では「独島は韓国領」というのは常識以前の問題で、そう思わないのは「売国奴」「非国民」という認識だから、芸能人が独島関連発言をしたり、キャンペーンに参加することは、言わば当然のことなのである。

※SAPIO2011年10月5日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス