芸能

観月ありさ 新恋人・野久保直樹のマンションで宿泊デート

 11月中旬の夜7時過ぎ、観月ありさ(34)が暮らすマンションの裏に1台の車が止まった。しばらくすると、めがねをかけ、ハットを目深にかぶった観月がマンションから出てくる。キョロキョロと周囲を気にしながら、助手席へと乗り込んだ。運転席には、そんな観月を笑顔で迎えるイケメンの姿が…。

 観月といえば、今年7月に清水アキラ(57)の三男で俳優の清水良太郎(23)との12才年の差交際が報じられたばかりだが、ふたりは、すでに破局を迎えていた。良太郎の知人はこう証言する。

「観月さん、良太郎くんとは別れたみたいですね。10月半ばくらいに、彼に会ったときに“最近、フラれちゃったんです。理由も告げられず、一方的に…。ちょーつらいです…”なんて漏らしてました。でも、良太郎くんは諦めていないみたいで、“絶対戻ってきてくれるはずです”ともいってましたけどね」

 実は、観月が良太郎と別れたのは、前述した彼女を迎えに来たイケメンの存在があったからだった。そして、このイケメンの正体は、『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)で、おバカタレントとしてブレイクした野久保直樹(30)だったのだ。

 観月の野久保のふたりは、その後レンタルビデオショップやワイン専門店、さらにスーパーに寄ったあと、野久保のマンションへと消えていった。

 翌日の昼過ぎ、マンションから仕事のために先に出かけたのは野久保だった。どうやら合い鍵もすでに渡してあるようだ。そして、その3時間後の夕方4時前に観月はマンションから出てきた。

 もともとふたりは気心知れた飲み仲間で、今年5月の野久保の誕生日を一緒に祝ったことを、観月はブログで明かしている。そんな友人同士だったふたりだが、いつしか心惹かれるようになったようだ。

「観月さんは行きつけの飲み屋に野久保さんを連れて行っては“カレなの”と紹介して、仲のいいところを見せているみたいですよ」(観月の知人)

 観月の所属事務所に話を聞くと、「友達のひとりと聞いております」とのことだった。

※女性セブン2011年12月1日号

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン