• TOP
  • 国内
  • ニトリ遺産相続裁判 社長(息子)を訴えた90才母怒りの咆哮

国内

2011.12.02 07:00  女性セブン

ニトリ遺産相続裁判 社長(息子)を訴えた90才母怒りの咆哮

「お、ねだん以上。」のキャッチフレーズ通り、低価格ながら高品質でオシャレな家具を企画、販売して大人気のインテリア会社・ニトリが、“お家騒動”で揺れている。

社長の似鳥昭雄氏(67)が、父の故・義雄氏からの遺産相続をめぐって、母(90)及び3人の弟妹という、まさに身内中の身内から訴えられているのだ。

父・義雄氏が亡くなったのが1989年。その際、昭雄氏は義雄氏所有のニトリとその関連の株すべてを相続した。これらの株の価値は、現在約200億円にのぼるという。一方、母親は不動産、3人の弟妹は1000万円ずつを相続した。

「この配分は、家族が相談して遺産の分割を決めたという遺産分割協議書に基づくものでしたが、母たちは、そんなものに同意した記憶は全くなく、協議書は偽造されたものだとして昭雄氏を訴えたのです」(地方紙記者)

母たちが札幌地裁に訴えを起こしたのは2007年4月。以来5年近く、法廷で骨肉の争いが繰り広げられている。法廷では、ニトリの創業に関して母親が声を荒らげて、怒ったこともあった。

「母親は、昭雄氏と自分たち夫婦の計3人で創業したというのに、昭雄氏はひとりで創業したと主張しているんです」(前出・記者)

ちなみに、創業時の会社登記簿を見ると、代表取締役に義雄氏、取締役に昭雄氏と記されている。

その母に話を聞きに、札幌の自宅を訪れると、家政婦という女性が玄関先に出て、こう対応した。

「取材はお受けできません」

すると玄関の奥から、母と思われる老女の大きな声が聞こえてきた。

「あんた! なんであんたがかってに玄関出てるの! ダメでしょうが! 相手にしない!」

90才の高齢とは思えない、なんとも矍鑠(かくしゃく)とした声。まだまだ怒りが収まらないのだろうか…。また、昭雄氏の弟は、電話でこう回答した。

「兄に期待することはもう何もありません。母も勘当だといっています。もう家族でもきょうだいでもありません」

「お、ねだん以上。」な法廷バトル、判決は来年の1月に下される。

※女性セブン2011年12月15日号

関連記事

トピックス