• TOP
  • ライフ
  • ジュエリーの新素材として注目 小惑星の名を宿す貴金属

ライフ

2011.12.28 16:00  NEWSポストセブン

ジュエリーの新素材として注目 小惑星の名を宿す貴金属

 1803年イギリスの科学者ウィリアム・H・ウラストンにより、白金混合物から分離・発見された貴金属は、前年に発見された太陽系小惑星「Pallas」(パラス)にちなんで、「パラジウム」と名付けられた。

 人気の高いプラチナと同じプラチナ族で、白色貴金属のひとつだが、これまでは電子・電気等の工業利用や、宝飾用・歯科用の合金として使用されてきた。それは自然の状態でも純度が高く、分子構造が安定し、酸化しにくい一方、物理特性からジュエリー加工することが難しかったため。

 しかし同じ容積でプラチナより軽い特性があり、硬度の高さから変形しにくいなど、ジュエリー素材としてニーズの高まる要素はあった。そして近年、研究や加工技術が進んだことにより、パラジウムをメインとしたジュエリーが作られるようになる。

 2011年2月にはイギリスの人気デザイナー、ヴィヴィアン・ウェストウッドがパラジウムを使ったジュエリーコレクション「Get a Life」をロンドン・ファッションウィークで発表(3月よりロンドン・ロサンゼルスで販売。日本展開未定)。

 また米国宝石協会の宝石デザインコンペ「スペクトラム・アワード」でも、2012年よりパラジウム部門が創設されるなど、欧米を中心に人気が高まっている。

 希少性の高い貴金属ながら、現在は価格も手頃。日本では、一部の大手百貨店やブライダルリングのブランドなど取り扱い店舗は限られるが、今後ジュエリー素材として国内でも注目を集めそうだ。

関連記事

トピックス