国内

最新国内記事のRSS

塀の中のホリエモン 差し入れのマカオ土産エロ本は半分がNG

2012.04.03 07:00

『メルマガNEWSポストセブン』に連載中の堀江貴文氏が、収監後初となる著書『刑務所なう。』を刊行。3月23日配信の最新号でもオススメガジェットを紹介し、『堀江貴文のブログでは言えない話』の女房役・担当S氏が近況もレポート。その一部を紹介しよ

『メルマガNEWSポストセブン』に連載中の堀江貴文氏が、収監後初となる著書『刑務所なう。』を刊行。3月23日配信の最新号でもオススメガジェットを紹介し、『堀江貴文のブログでは言えない話』の女房役・担当S氏が近況もレポート。その一部を紹介しよう。

 * * *
 読者の皆様、こんにちは。『堀江貴文のブログでは言えない話』担当編集のSと申します。長野刑務所での服役生活も8か月を超えた堀江の近況をお伝えします。

<エロ本を巡る攻防>

 刑務所にまつわるルールのお話で、意外と知られていないことのひとつに「エロ本を差し入れることができる」が挙げられます。最近ではメルマガでエロ本ネタを多く取り上げるせいか、知人の方々がエロ本やエロ漫画を送ってくださることもあります。

 といっても、何でもオッケーな訳ではなく、“限度”はあるようです。その基準は不明ですが、中身があまりに過激だったり、「公序良俗に反する」とほとんどの人が思うようなエロ本はNGが出されてしまっている可能性があり、せっかく送っても本人の元に届きません。検閲を通さねばならないのです。

 この検閲というのがまた微妙というか曖昧なところが多く、堀江宛に知人が送ったマカオ土産のエロ本は半分がNGだったとか。

 堀江いわく、「犯罪を匂わせるようなモノは全てダメな感じがするけど、その境界線はわからない」。ちなみに作家のミズノンノこと水野敬也氏がこの微妙なラインを行き来しているようで、「現在、3冊検閲中」だそうです。いったい何を差し入れたのでしょうか…今度こっそり聞いてみますね。

 堀江は今週の書評コーナーでもこの“検閲プロブレム”について言及しています。『本当にあったHな体験教えます』(八月薫)に4つ星をつけており、「このマンガ家の絵は女の子が可愛くて好きだ。(ストーリーは)『こんな話、本当にあったら羨ましすぎる』というものばかり」と『本当にあったHな…』に強く思い入れる理由を語っているのですが、「ちなみに、同じエロマンガでも刑務所の検閲を通るものと通らないものがある。その基準は何なのだろうか?」と最後は制度に対して疑問を呈する形で文章をまとめております。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP