• TOP
  • ライフ
  • 一度は諦めながら40歳で出産した翻訳家が体験を綴った書

ライフ

2012.06.09 16:01  週刊ポスト

一度は諦めながら40歳で出産した翻訳家が体験を綴った書

【書籍紹介】『孕むことば』(鴻巣友季子/中公文庫/840円)

 翻訳家として、一度は諦めながらその後40歳で出産を体験した著者が、子育てや文学などについて記したエッセイ。妊婦として知った用語、子供が口にする独特なことば等、幼い娘から学び、感じながらの文章はときに可笑しくときに考えさせられる。

※週刊ポスト2012年6月15日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス