国内

暴排条例施行で幹部20人以上がカタギに、3人自殺と事情通

 昨年10月、全国47都道府県で暴力団排除条例が施行された。それから半年、日本のヤクザはどのような影響を受けているのだろうか。東日本大震災後の福島第一原発に作業員として潜入し、原発とヤクザの密接な関係を暴き出したフリーライター・鈴木智彦氏が実態を報告する。

 * * *
 現在、暴力団社会はこれまでにないスピードで変化している。昨年10月、全国の都道府県で出揃った暴力団排除条例が、前代未聞の脅威となったからだ。非合法なシノギに依存している個人や団体は、最初から逮捕・懲役というリスクを織り込み済みで、取引相手もまた同様だから、蚊に刺された程度の痛みしかない。だがフロント企業を経営し、“正業”をメインとしていた暴力団にとっては死活問題だ。

 20代の頃、対立組織の組員を射殺し、長期刑を務めた山口組系幹部はこう解説する。

「暴排条例はヤクザにとってロンギヌスの槍(注1)だ。ただでさえ景気が悪く、風当たりも強く、組織はどこも死に体だったのに、当局は俺らの死亡を確認し、追い打ちをかけるかのごとく暴排条例という槍を突き立てた。しこたま金を貯め込んだヤツならともかく、暴力しか取り柄のない俺や、末端の組員はどん詰まりだ。多くのヤクザは、もはや死体のようなもので、俺に言わせればゾンビだ」

 この幹部は刑務所の訓誡でキリスト教を選び、舎房で聖書を熟読したらしい。多少こじつけめいているが、暴力団らしからぬ文学的なメタファーだった。ただ、暴力団の未来に希望はみじんもないという点は、私の見解と一致する。

 事実、「もう終わりだ!」という悲鳴はあちこちから聞こえてくるし、「ヤクザでは金が稼げない。生きていけない」と嘆き、引退した組長も多い。当方の内部協力者いわばネタ元の暴力団幹部たちも、昨年の秋以降、20人以上がカタギとなり、3人が自殺した。怨嗟の呻きは暴力団社会の随所からあがり、諦観が蔓延している。

 暴排条例は暴力団との接点すべてを遮断するために作られている。処罰を受けるのは、商品・サービスを提供した一般人の側だ。いかなる理由があろうと、どんな取引であっても、暴力団との付き合いは違法であり有罪とされる。一般人をターゲットとしている部分に、暴排条例の画期的発想がある。警察署で拘禁され、厳しい取り調べを受け、それが公表されれば、一般人にとっては大きな社会的制裁だ。これに対し、暴力団側はなんの対策も立てられない。

※注1:ロンギヌスの槍:十字架に張りつけられたイエス・キリストの死亡を確認するために突き刺されたとされる槍。

※SAPIO2012年8月1・8日号

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン