芸能

下平さやか 震災チャリティーに巨人・長野愛用の首輪を出品

 田中みな実、青木裕子、平井理央、戸部洋子などなど、多くの女子アナの熱愛・結婚のニュースが飛び交っているが、ついにあのベテランアナにも春が訪れそうなのだという。その女子アナとは、テレビ朝日の下平さやかアナ。放送作家でコラムニストの山田美保子氏が、“やっと来た春”に迫る。(『メルマガNEWSポストセブンVol.41』より抜粋)

 * * *
 久々に、女子アナに関する心温まるニュースが飛び込んできた。テレビ朝日の下平さやかアナウンサーがジャイアンツの長野久義選手と半同棲で、「結婚も…」という『週刊文春』の記事である。

 あれ!? 文春さんはかつて、長野と破局したショックで下平アナが摂食障害になって、番組にもほとんど出ていないと書きませんでしたっけ?

 実は…、『女性セブン』がお二人の車中キスを報じてからというもの、一度だって破局なんかしていないんですよ!

 私は昨年4月、テレ朝のアナウンサー有志が参加したチャリティーパーティーに出席させていただいた。東日本大震災後、東北でいち早くラーメンの炊きだしを始めた都内の某店で行われたチャリティーは、参加者が持ち寄ったグッズをオークションして、募金を集め、店主が被災地まで届けてくれる…という催しで、下平さんが出したグッズというのが長野選手愛用の首輪(メーカーは違うが、金本知憲選手で有名になったファイテンのようなモノ)だったのである。

 件の文春さんの記事が出た後だったこともあり、「エッ!?」という顔をした参加者が多数いたのだけれど、テレ朝の男子アナで下平シンパの後輩たちがみなニコニコしながら「別れてませんよ」と参加者に説明していたのを思い出す。

 そうした後輩男子アナ曰く、「下平さんは自分にも厳しいけれど、人にも厳しい人。だから、下平さんに認められたら一人前なんです」とのこと。さらに、「番組終了後、『下平会』に誘ってもらえたら、仕事を認められたという証拠なんです」とも言っていた。当時、朝の(というか深夜)2時半とか3時に局入りしていた“やじうま”アナウンサーズ。午後に取材などが入っておらず、昼前に勤務が終わる日には、下平アナの号令で、昼間から会社近くで飲み会が行われたというのだ。その席で、仕事についてのアドバイスもしてくれたという姐御肌な下平アナ。後輩たち(特に男子)に慕われていて当然か。

※『メルマガNEWSポストセブンVol.41』

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン