国内

エステーのCSR活動 全国ミュージカル公演16年間継続の想い

広島での地方オーディション合格の子どもたち

「地域の活性化」が叫ばれて久しいが、地元が頑張るだけでなく、地方の小中学校に出張授業をアレンジしたり、奨学金を積み立てたりといった企業もある。CSRの一環としての活動だ。そんななか、「一人でも多くの人にミュージカルの楽しさや素晴らしさを伝えていきたい」という思いで、毎年全国8ヶ所でミュージカル公演をおこない、それぞれの都市での観客は全席無料で招待している企業がある。日用品メーカーのエステーだ。同社は「2万人の鼓動 TOURSミュージカル」と銘打ち、16年にわたってミュージカル公演を行っているのだ。

“2万人の鼓動”という表現には、“ミュージカルの公演をつくりあげる行程で関わるスタッフ、キャスト、ステージを観る観客、オーディションへの参加者など、総勢2万人の全ての人たちが「TOURS」の一員として、このミュージカルに参加し、同じ熱い想い、舞台の楽しさを共有できたら”という願いが込められている。この取り組みについて、東日本大震災があった2011年、企業としてもいろいろな対応に追われるなか、当時の社長だった鈴木喬現会長は「何があっても続ける」と即決したという。

今年11年目を迎える公演「赤毛のアン」では、主人公アン・シャーリー(高橋愛)をはじめとするメインキャストと共に、全国の公演に帯同して出演する「全国アンサンブル」と、全国8か所で行われる地元公演のみに出演する「地方アンサンブル」をオーディションで募集。結果によっては、アンの親友であるダイアナの妹、「ミニー・メイ」役に抜擢される可能性もある。

今年のオーディションは、3月22日から29日にかけて、名古屋・大阪・広島・福岡・札幌・仙台・東京の7都市でおこなわれた。この“地方をまわり、地元の子をセレクションする”という部分にも、“全国一人でも多くの人に参加する場を”というエステーの姿勢があらわれている。

オーディションの内容は、歌とダンスで、応募者はその場で示される振り付けを覚え、1時間の練習ののちに本番テストとなる。歌は事前課題が用意されている。当然皆、舞台に立ちたい子ばかりだ。そのなかでの競争となるが、戸田プロデューサーは「落ちたからといって悲観することはまったくない。アンの世界に少し合わなかったとか、そういうこともある。自分をダメだと思わないこと」を強調する。

広島で行われたオーディションを通過した中本愛さん(17)に話を聞いた。ダンスは小学1年生から始めたものの、歌は高校生になってからとスタートが遅く、苦手意識があるという中本さん。課題曲は実際のミュージカルの劇中歌であるため、「ストーリーを表現するのが難しかった」というが、そこはYouTubeなどで動画を見て研究したそうだ。

夢はミュージカル女優。感動させられる女優になりたいという。そんな中本さんに問いかけてみた――人を感動させられるって、つまりどういうこと? 反対に「感動する」を考えたとき、中本さんはどういうものが「感動する」のだろう?

「ぞくっとなること、それが“感動する”ということかな…。昨年、この2万人の鼓動TOURSミュージカルでの『赤毛のアン』を初めてみたとき、あたたかいなと思いました。他のアンも見たことはあったんですが、このアンが良かった。……私にとって“感動”とは、胸の中があたたかくなることです」

考え考え、答えてくれた中本さん。では、何故中本さんは、この公演をあたたかいと思ったのだろうか? 続きは、後日おこなわれた全国オーディションで、リンド夫人役の大和田りつこさんが答えてくれた。

「16年続けてきたベースとして、キャストのチームワークがある。彼女(オーディションで選ばれる子)たちを包み込む地がある。そこに彼女たちが加わり、さらに大きな塊になる。そこから湧き出る愛が大きなパワーとなって、お客様にも届くんじゃないかしら」(大和田さん)

公演は8月11日から8月21日まで、全国8都市でおこなわれる予定だ。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン