芸能

ビッグダディ 美奈子さんの「同居はありえない」発言に困惑

「いやぁ、本当にショックですね。怒りというより、ただ残念な気持ちでいっぱいです…」──ビッグダディ・林下清志さん(48才)は、そう言って深いため息をついた。

 彼を困惑させているのは、5月31日に発売された『フライデー』の<美奈子さん独占インタビュー『盛岡同居? ありえません』>という記事。同誌はこの記事で、名指しで本誌に反論したのだった。

 矛先は、女性セブン6月6日号の<ビッグダディと再会!で美奈子さん『盛岡再同居』へ>という記事。5月16日の、清志さんと前妻・美奈子さん(30才)の宮崎での再会に女性セブンが同行し、その詳細を報じた特集だ。

 この再会で、お互いの近況を確認し合ったふたりから、

「早い段階で、美奈は盛岡に来てもいいんじゃないか」(清志さん)
「子供のことを思うなら、やっぱり一緒にいた方がいいのかもって思う」(美奈子さん)

 と、復縁話まで飛び出した。そして再会から3日後の5月19日、盛岡に戻った清志さんに、美奈子さんから「明日、小豆島に行くんだけど、そのまま盛岡に行きたい。そして盛岡で一緒に暮らしたい」と電話が入り、彼女は車で宮崎を出発したのだった。

 そんな一部始終を忠実に報じたのだが、美奈子さんは前出の『フライデー』のインタビューで<あたしはひと言も『盛岡に行く』なんて言っていない>と猛反論。これについて、清志さんは首を傾げてこう話す。

「“言ってない”なんて言われても、俺は美奈から直接そう聞いてますからね…。話があまりに急だったから“荷物や引っ越し手続きのこともあるから”と美奈を諭し、一旦は宮崎に戻らせました。それからすぐに俺は、マンションや子供たちの学校の手配を進めていたんです」

 清志さんによれば、美奈子さんの態度が一変したのは5月23日のこと。突然、盛岡ではなく、彼女の弟が暮らしている千葉に引っ越すと伝えてきたというのだ。

「電話で急にそんなことを言い出すんで、驚きました。俺になんの相談もなく、しかも俺の友人に引っ越しの手伝いまで頼んでいたんですから…。“突然何言い出すんだ”って言ったんだけど、“もう、決めたから”って…」(清志さん)

 もちろん、この引っ越しに、清志さんは猛反対した。いくら場所を変えようとも、美奈子さんと子供たちだけの生活では結局、その家庭環境は何も変わらないのではないか、という思いがあったからだ。

「これまでの美奈は、あまり率先して家のことをやるタイプではなかったので…“今はちゃんと自分でやってる”って言うけど、やっぱり俺としては近くで見ていないから、その辺りは心配なんですよ。それに、関東に近づけば近づくほど、周囲の干渉も激しくなる…。それでは美奈も子供たちも不幸になるだけです。せめて子供たちだけでも、俺が引き取ったほうがいいんじゃないか…。そう考えてしまうんです」(清志さん)

 清志さんは、そんな気持ちを改めて美奈子さんにも伝え、再考を促したというが、美奈子さんは、「子供たちをダンスや芸能スクールに通わせたい。そのためには、東京に近いほうがいい」と言って、押し切ってしまったという。

※女性セブン2013年6月20日号

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン