• TOP
  • 芸能
  • 高橋真梨子 更年期障害に伴う「うつ」「寝たきり」を告白

芸能

2013.07.12 16:00  女性セブン

高橋真梨子 更年期障害に伴う「うつ」「寝たきり」を告白

 今年で歌手デビュー40周年を迎えた高橋真梨子(64才)は、その40年間のうち35年連続で全国ツアーを行ってきた。しかし、その裏側にはあまり語ることのなかった苦悩の日々があった。

 1972年に音楽バンド「ペドロ&カプリシャス」の2代目ボーカルにスカウトされ、1973年にデビュー。その後、『for you…』『桃色吐息』『はがゆい唇』『ごめんね…』など数々のヒット曲を世に送り出し、“バラードの女王”と呼ばれてきた。その高橋が体に不調を感じ始めたのは1996年ごろのこと。

「最初に何か変だなと思ったのは47、48才のころです。やる気がなくなったというか、今まで一生懸命やっていた掃除とか些細なことが手につかなくなったんです。何か変だなという感覚はあちこち出てきて、どこも悪くないのに頻尿だったり、お腹が痛くなったり、ホットフラッシュが出たり。そんなときに親知らずを抜いたり、歯の治療をしたことで体調がさらに悪化してしまって…」(高橋)

 40代の後半から50代の閉経前後の約10年間、女性ホルモンが減少し卵巣の働きがゆっくりと衰えていく更年期。脳が女性ホルモンの分泌を促しても卵巣が応えられないため、脳がパニックを起こし、自律神経の乱れから体にさまざまな不調(更年期障害)が生じる。急に体が熱くなるホットフラッシュや、頭痛、耳鳴り、吐き気、動悸、めまい…その症状は100以上にのぼるといわれる。個人差はあるものの、多くの女性が最初は何かの病気なのではないかと不安に襲われる。

「ご飯も、飲み物ものどを通らなくなって、胃もムカムカする。食べ物も飲み物も見るのも嫌なくらい。病院で胃を診てもらっても何も悪いところはない。結構、ドクターショッピングもしましたよ。内臓や胃とか、MRIやCTも撮ったり、とにかくいろいろ診てもらったけど、別に悪い箇所はなく、結局、そういう年齢なんだと」(高橋)

 更年期障害は、体だけでなくメンタル面にもイライラや倦怠感などの症状を引き起こす。そこからうつ症状などに悩まされる人も少なくない。高橋もそのひとりだった。仕事も3か月ほど休み、外にも出ず、家で寝たきり状態になってしまったという。

「仕事も、したいとは思うんですが、思うように体が動かない。じっとしとくしかない。でもじっとしているのが嫌で、イライラする。いざ動こうとすると動けないんです。今はホルモン補充療法なども一般的になりましたが、私たちの年代の人はあまり…ね。たまに精神安定剤や食欲の出る薬をのむ程度でした」(高橋)

 そんな苦悩と闘う彼女を、ずっとそばで見守り、支えてきたのが、夫であり、彼女のプロデューサーでもあるヘンリー広瀬(69才)だ。互いに“戦友”といって共に歩んできたが、1993年にふたりは結婚した。当時の高橋を、ヘンリーはこう見ていた。

「食べられないからステージに立てない、食べられないから歌うことができなくなるっていう恐怖感が自分の中で膨れていったみたいで。その葛藤がどんどんひどくなってうつになってしまったんですね」

※女性セブン2013年7月25日号

関連記事

トピックス