• TOP
  • 芸能
  • TV局の有名人子弟社員 実力者多く「コネ入社」か否かは微妙

芸能

2013.09.22 07:00  週刊ポスト

TV局の有名人子弟社員 実力者多く「コネ入社」か否かは微妙

 みのもんたの逮捕された次男が日本テレビ勤務だったことで、テレビ局に様々なジャンルのVIPの子弟が在籍していることに注目が集まっている。フジテレビには俳優・宇津井健の息子、ミュージシャン・かまやつひろしの息子、俳優・陣内孝則の息子などが在籍、日本テレビには、同局出身の福留功男氏の娘や、アイドルグループ『嵐』の櫻井翔の妹が在籍中だ。

 こうやって並べていけばキリがない。しかし、これらの有名人子息たちがすべて「コネ社員」といえるかどうかは微妙なところだ。あるキー局の幹部が打ち明ける。

「テレビ局の採用はどの局も例年30人程度の狭き門。だから有名人や実力者の子供だからといって、無条件に入れるほど甘くない。コネが大きく作用するのは、その人物を迎え入れることが営業面やキャスティングで大きな利益を生む場合だけ。

 相当な大物でなければコネにならない。ただし著名人を親に持つということは、幼少時から恵まれた環境で教育を受けていたり、表現力に優れていたりということが少なくない。だから自然と入社するに足るだけの実力を兼ね備えていることが多いのです」

 たとえばフジテレビを今年春に退職した高橋真麻アナは俳優・高橋英樹の娘であるため、入社以来「コネに違いない」という誹謗中傷を受けてきたにもかかわらず、「人気女子アナランキング」の上位に常に名前があがっていた。タレントとしての魅力も求められるアナウンサー職において、重要な才能を持っているといえるだろう。

 史上最高の女子アナとの呼び声が高い、高島彩アナ(元フジ)も俳優の竜崎勝(故人)を父に持つ。

 つまり、有名人を親に持つからといって“ゲタを履かせて入社させた”というわけではない。

「中川昭一・元財務大臣(故人)の娘である真理子さんは、フジの若手女性記者の中でもピカイチの能力を持っている。小さい頃から“政治”というものに触れてきたことも大きいでしょう。また、日テレでは元国税トップの娘が政治部にいるが、こちらも選挙特番でディレクターを任される有望株。必ずしも“国税対策”というわけではない。彼女たちの場合は、“親の七光り”と決めつけられることで逆に不当な評価を受けているかもしれない」(報道系制作プロダクションのスタッフ)

※週刊ポスト2013年10月4日号

関連記事

トピックス