グラビア

角打ち不毛の地に誕生した「紋別のランドマーク」に集う人々

ここで出会って結婚間近のカップルも

 流氷の来る町、紋別。すぐ目の前に広がる雄大なオホーツク海は、冬2月ともなると、遠くアムール川から流れて来た白い氷で埋め尽くされてしまう。しかし、流氷見物の観光客で賑わうその季節以外は、のんびりとした時間が町全体に流れている。

 そんな静かな町のかわいい繁華街、はまなす通りの入り口に昨年の 6月、『角打ち酒場』という名の店ができた。

 酒屋としては昭和38年から『(有)おおつか』として営業しているが、「創業50年目に3代目として店を継ぐにあたって、飲食店に酒を配達したり販売したりするだけではなく、紋別のためになにかできることはないかと考えたんです。そのときに閃いたのが、角打ちでした」と語る傍士範靖(ほうじのりやす)さん(42)。

 すぐに店内に、角打ち用のカウンターがしつらえられた。北海道に角打ち文化は根づいていない。全国の角打ち愛好家に尋ねても、函館に数店舗ある程度で、札幌や小樽などではもう姿を消してしまったという。もちろん、この紋別にもそれまでは存在していなかった。

 そんな角打ち不毛の地で、誕生から1年が過ぎた今、サラリーマンを中心に、ホタテ漁師、公務員、教師、観光客らで賑わい、紋別のランドマークとさえ呼ばれるほどの名所に成長した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン