芸能

ドン底時代の有吉 貯金あるのに残金0の別の通帳見せ「金ない」

 現在、超売れっ子芸人の有吉弘行(39)が所属している竜兵会。竜兵会とはダチョウ倶楽部の上島竜兵(52才)と肥後克広(50才)を中心とした芸人集団のこと。有吉は、「この会があったから、芸人をやめずにいられた」と、上島と肥後への謝意を公言している。そんな恩人2人が明かした有吉の“地獄時代”とは?

肥後:あいつ、詐欺師だと思うな。当時、貯金通帳を2つ持ってたよね、あいつは(笑い)。

上島:おれたちには、もう、残金ゼロの通帳を見せて、“お金がないんですよ~”って。本当はもう1つの通帳に貯金がきちんとあったんだもん。ほんとに、詐欺師(笑い)。

肥後:あのころの有吉といえば、お金がなかったのもきつそうだったけど、何よりお笑いに飢えていた。

上島:『有吉大喜利センター』という大喜利大会を主催してた。有吉が大喜利のお題をメールで芸人仲間に一斉送信する。そして、芸人から来た答えを有吉が順位づけしていく。

肥後:その批評が的確なんだよ。“今回のお題に対して、このボケは非常にいいと思いますが、ここの部分を直すともっといいですから、78点”とか、すごいためになる。

上島:それを見て、おれらも喜んでた。本当に有吉は、そんなことばっかしてたね。

肥後:まあ、時間を持て余してたんでしょう。

上島:そう、そう。仕事がなくてイライラしてた。月に100本仕事したいって言ってたのを覚えてる。だから、今はそれが叶って、おれらは嬉しい。

肥後:2014年はもっと芸能界の上に行くんじゃない。オピニオンリーダーになって、あいつの価値観が世間を動かすんじゃないかな。もう有吉を敵に回したら怖いね。紅白の司会とかやるんじゃないの!?

上島:有吉と仲良くしておいて本当によかったよ(笑い)。土田も劇団もそうだけど、後輩には低姿勢で接したほうがいいね。いつ抜かれるか売れるか、わからないから、これからは、ペコペコしていこう。

肥後:そうだね。あと、おれは有吉に2014年の芸能界をどうやって生き抜いていけばいいかを聞きたい。

上島:それ、おれも(笑い)。

※女性セブン2014年1月9・16日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン