ビジネス

ソニーがVAIO手放すとの予測も 物言う株主の要求どこまで

 大手電機メーカーとしての威信をかけて経営再建に取り組んでいるソニー。2013年9月中間連結決算では、ようやく本業のエレクトロニクス(電機)事業の営業利益が前年同期の177億円の赤字から103億円の黒字に転換し、復活の手ごたえを感じさせた。

 だが、「物言う株主」の評価は依然厳しく、それが大きな波紋を呼んでいる。

 ソニーの大株主である米ヘッジファンド、サード・ポイントのダニエル・ローブCEO(最高経営責任者)が投資家に宛てた書簡(1月21日付)によると、<ソニーの成長ベクトルは有望>としながらも、<その進展にはパソコンとテレビ事業の再編に向けた真剣な取り組みが必要>と、さらなるリストラ要求さえ示唆するものとなっている。

 さらに、ソニーの平井一夫社長に対しては、<難しい決断を下して収益目標を達成して欲しい>と苦言を呈しているという。

 この“決断”とは何なのか。一部のアナリストから挙がったのは、なんと「VAIOブランドの消滅」、つまりパソコン事業からの撤退という衝撃的な予測だった。

 もちろんソニーが認めているわけではないが、「その可能性もあり得ないわけではない」と話すのは、全国紙の経済部記者だ。

「国内のパソコン市場はスマホやタブレットとの競争が激しいうえに、『ウィンドウズ8』対応のパソコンが使い勝手の悪さから、各社とも販売台数が想定を下回る苦しい状況。ソニーの『VAIO』も例外ではなく、2014年3月期の販売予想を620万台から580万台に下方修正。せっかく販売好調なスマホ『エクスペリア』の足を引っ張っている状態です」

 先細りのノートパソコン事業をどう立て直すかは、ソニーにとっても頭の痛い問題だったのは事実。

 一方、平井社長が公約にしてきたのは、今期のエレクトロニクス事業の黒字化。その最大のハードルと指摘されていたテレビ事業については、2013年4~6月期に3年ぶりに黒字になるなど、トータルで目標達成は果たせそうな雲行きだが、将来も持続的な成長が見込めるかというと、どうも心許ない。経済誌『月刊BOSS』編集長の関慎夫氏がいう。

「テレビの利益が出ているといってもようやく水面上に上がったばかりで、まだ儲けているレベルには程遠い。高精細の4Kテレビが世界をリードしているわけでもありませんしね。

 ただ、ソニーにとってはエキレ事業の顔であるテレビを手放すわけにはいきません。仮に1年後に再び赤字に喘ぐようなら、今度はサード・ポイントからテレビ事業の撤退を要求されてもおかしくない。それに比べたらパソコンの撤退は、まだ影響の少ない決断なのかもしれません」

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン