芸能

日テレ女子アナ事情 馬場典子失脚で水卜麻美「我が世の春」

 外からは、華やかに見える女子アナ界だが、実際のところ、派閥争いは凄まじいものがある。たとえばフジテレビでは「カトパン会」や「中村(仁美)ゴルフ軍団」などがある。そんな「派閥」だが、最大派閥の崩壊で混沌状態に陥ったのが日テレだ。

「長年、“お嫁さんにしたい女子アナ”として女子アナグループを束ねてきた清純派の馬場典子アナ(39)が、経費に関する疑惑を報じられてまさかの失脚。馬場アナと組んでいた古市幸子アナ(40)まで営業局に異動し、『馬場会』は風前の灯だった。そして、ついにこの3月で『ZIP!』を降板することが決まった」(日テレスタッフ)

 馬場失脚の背景に日テレ内のパワーバランスの変化を見る向きもある。大手プロダクション関係者の話。

「もともと日テレは、前アナウンス部長である鷹西美佳さん(51)や木村優子・現部長(53)による恐怖政治で有名で、夏目三久アナ(29)らの世代の退社ラッシュの責任を問う声もあった。木村アナのお気に入りの馬場アナの降板が決まったのは、“木村体制”弱体化の兆候かもしれません」

 何やらキナ臭いが、この間隙を縫って今、日テレでは若手アナが好き放題に振る舞い始め、“無政府状態”の様相を呈しているという。

「没落する馬場会を尻目に、我が世の春を謳歌しているのが、食いしん坊キャラで人気の水卜麻美アナ(26)を頭とする『水卜会』です。徳島えりかアナ(25)、杉野真実アナ(24)、久野静香アナ(24)ら20代の若手メンバーが水卜アナをひたすらヨイショする会で、年下好きの水卜アナは『お姉さんだと思ってね』と口にするなどノリノリです(笑い)」(前出・日テレスタッフ)

※週刊ポスト2014年4月4・11日号

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン