芸能

紗栄子が音楽プロデューサー大沢伸一と交際 出会いはミスチル

 紗栄子(27才)と音楽プロデューサーでミュージシャンの大沢伸一氏(47才)の交際が発覚した。

 とある木曜日の夜──。午後7時前、都内を愛車で走っていた紗栄子が向かった先は子供が待つ自宅ではなく、高級住宅街にあるヴィンテージマンション。紗栄子が到着するのを見計らったように、ひとりの男性がそのマンションから出てきた。すると紗栄子は慣れた様子で助手席に移動し、男性が運転席に乗り込んだ。ふたりが向かった先は郊外にある老舗蕎麦店だった。

「いつもふたりきりで来てますよ。お子さんが一緒のことはないですね。いつもふたりきり。去年の冬ぐらいから何度か見かけましたよ。その日は一品料理をいろいろ注文してたんですが、カツ丼を1杯だけ頼んでたんですよ。お店の人が取り皿を持っていったんだけど、それは使わず、ふたりで分け合って食べていたから、あぁ、そういう関係なのかなぁって思いました」(同店常連客)

 おでことおでこがくっつくくらいの距離で、コソコソ話しては笑い合うふたり。1時間ほどで店を出て、愛車まで歩く時、紗栄子は男性の腕に絡みつき、ぴたりと体を寄せた。そんな彼女を愛おしそうに見つめていたのは、日本のクラブカルチャーシーンをリードしてきた音楽プロデューサーでミュージシャンの大沢氏だった。

「つきあってもう半年以上になるんじゃないでしょうか? 大沢さんの猛アプローチから始まったそうですが、今では紗栄子さんのほうがベタ惚れ」(ファッション誌関係者)

 出会いは紗栄子が大好きなMr.Childrenだった。

「撮影中もミスチルをかけているし、移動中もミスチル。新曲は必ず発売日に買うほど、彼女はミスチルファンなんです。コンサートに通って楽屋に行ったりしてるうちに、大沢さんと知り合ったそうです。ミスチルのプロデューサー・小林武史さんと大沢さんがユニットを組んで音楽を一緒にやったり、環境問題に取り組んだりする仲間なんですよね。そこから紗栄子さんも大沢さんの世界観にハマッていったんです」(前出・ファッション誌関係者)

 前夫・ダルビッシュ有投手(27才)の時もそうだったが、紗栄子が男性に求めるいちばんの条件は「何かひとつのことに打ち込んでいること」。決してお金じゃない。その世界のトップランナーで、尊敬できる男性に惹かれるという。

「離婚後、紗栄子さんが特にこだわっていたのは“ダル以上”。地に足がついた社会的地位、名声がある人であれば、職種も年齢も関係ないっていつも言ってました。そういう意味で、大沢さんは“ダル以上”という条件は超えています。

 音楽プロデューサーとして浜崎あゆみさんや安室奈美恵さんらトップアーティストの楽曲を手がけたり、DJとして国内外のイベントを成功させ、パリコレブランドのアフターパーティーのDJに招待されたこともありますし、ワールドカップや五輪の公式テーマ曲を作ったこともありました」(音楽関係者)

 紗栄子と大沢氏が彼の自宅へと帰ってきたのは深夜2時前。紗栄子の車は大沢氏の自宅マンションの隣にある月極駐車場に停められた。もうずっと前から、そこは彼女の定位置になっているという。車から降りると、やっぱり紗栄子は大沢氏の腕をぎゅっとつかみ、体をぴたりと寄せて、マンションの中へと入っていった。

 そのままお泊まりとなった紗栄子。帰宅はそれから5時間後の朝7時前のことだった。すっぴんで車に乗り込んだ彼女は、そのまま自宅マンションへと帰っていった。

 双方の所属事務所に確認すると、「プライベートは本人に任せています」とのことだった。

※女性セブン2014年5月29日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン